セリバオウレン  植物

飯舘村のセリバオウレンの群生地の様子を見に行ってきました。

しかし、放射能除染でほぼすっかり消滅と言っていい状態でがっくり。

場所を間違えているんじゃないかと思ったほどです。

今季の松葉などの落葉が散り敷いてはいますが、掃き掃除をしたようにきれいになっています。

探し回ったら、生育地の端っこのほうに数えられるほどの株みっけ。
花が咲いていました。

除染範囲から外れた部分に数株がかろうじて残ったように見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

林内除染は道路の縁から20mまでとなっています。

表土を剥ぎ、その後別の土を載せたようにも見えます。

新たに運び込んだ土は雨で流されたようにも見えます。
昨年は大雨がありましたからね。

クリックすると元のサイズで表示します

希望的観測ですが、もしかしたら除染範囲から外れた落葉や土の下に、もう少しは残っているかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

吹雪しぐれの冷たさのせいではなく、あまりに無体な光景に頭痛が起きてしまいましたw。

全滅でなかったのを幸いと考え、数十年後を想うことにしましょう。

砂糖&塩さん、ぜひ確認にお立ちよりください。








この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ