皇帝ダリア  植物

暖かいですね。
今朝は風がややあり、霜も降りませんでした。

一度の霜で終わりを迎える皇帝ダリアも、そんなわけでまだ楽しめます。

よそ様のダリアですが、とてもきれいなので撮影させてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

背が高いので空が背景になるのもステキなことです。
撮影にはむずかしくなるのですがw。

皇帝ダリアは16年前に一度植えたことがあるのですが、花が明日にはそろそろと思っていた時に霜でやられ、あまりにガッカリしてそれ以後はあきらめました。

でもこんなに暖かいとなると、また植えてみたくなりますね。

1週間眺められるんなら、私の場合は大満足なので。

画面いっぱいにして遊んでみました。

クリックすると元のサイズで表示します

下の写真は八重咲きの皇帝ダリアです。
開花前は普通の皇帝ダリアだと思っていたので、花を見に行ってびっくりです。
トイイマスカ、ガッカリです。

背は高いですが、普通の皇帝ダリアよりは低く、花も小さい。

個人的好みとしては一重咲きの皇帝ダリアのほうがずっと魅力あり。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

改良種なのでしょうが、先祖返りみたいに一重咲きのものも出ています。

同じ株に八重と一重が一緒に咲いているのもありますが、なんとなく夏場によく見るダリアのイメージです。

皇帝ダリアはやはり一重のあの花弁の大きさがなくてはなりませんね。

この改良種は失敗作だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

来週には冬になると、今テレビで言っています。




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ