アカヤシオ  植物

昨日相馬市の叔父の所に寄ったら、庭のアカヤシオが1輪だけですが開き始まっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は早いのかもしれません。

21日にはMさんからのメールに、山のアカヤシオのつぼみが添付されてきました。
昨日見た叔父の所のつぼみと同じくらいにピンクがふくらみ、今にも開きそうでした。

叔父の所のこのアカヤシオは、浪江町の大柿ダム上流の産です。
大柿ダムを造る時の工事に出ていた時に持ち帰ったといいますから、樹齢はもう数十年でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

山を切り崩したり、林道を切り開いたりする際、かなりの数のアカヤシオが倒れ、もったいなくて持ち帰った人もたくさんいたとのこと。

浪江町のあの生育地はダムが造られるは、20数年前ころには山火事が起きるは、現在は放射線量が高くて避難区域になっているはの災難続きです。

でも今年もあの黒い崖地をピンクに染めるに違いありません。











この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ