ヤマツツジ  植物

クマが喜びそうな濃霧の朝です。

霧のせいか今朝は鳥の声がまったくありません。
珍しいことです。

こういう霧の時は山のツツジ群落がとてもきれいです。
白に閉ざされたやわらかな風景の中から、朱や紫の花群が浮かび上がってくるのはなんともステキです。

気づくと、衣服はびしょ濡れなんですけれどね。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤマツツジも色はさまざま。
濃い色ほど花弁の艶も際立ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

この山はまるで昔の公園のようにヤマツツジがいっぱいでした。
しかしこの冬の雪で折れたり倒れた木々が累々です。

山が荒れるとハチが増え、夏から秋にかけての山はとても危険になります。
倒木の中や藪の中に巣を作りやすくなるからでしょう。

気をつけねば。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ