2012/4/26

リニア中央新幹線の奈良駅設置についての質問を頂きました。  奈良県議会

クリックすると元のサイズで表示します

かねてからの念願であるリニアの駅が奈良県に出来るのは
間違いはなさそうだが、県内の誘致合戦が動いているようです。
知事は郡山をおすニワンスだが生駒市長が高山第二工区にと
手を挙げた。鉄道がない地区に無理があるとの知事の答弁で
ありましたが、生駒市に出来る可能性はあるのか?




今年の2月の奈良県議会定例会において、リニア中央新幹線の奈良駅設置に
ついての質問では、知事はリニア中央新幹線の新駅につきましては、
全国新幹線鉄道整備法で、その法目的に基づき、また手続きに基づいて
行われます。目的の中では「均てん」と高速運輸機能がもたらす、
折角作るのだからそれに受益する人を、遠くの人からも、多くの人にも均てん
するようにとうい法目的が盛り込まれております。
このため、多くの県民の方々が、できるだけ短い時間でアクセスでき
遠くからリニアで奈良に来られた方が、できるだけ奈良の訪問地、
目的地に行っていただけるような、交通結節性の高い位置に
新駅を立地するということが基本的な考えだと思います。

現在、東京・名古屋間において、この環境影響評価の手続きが
先行して実施されております
昨年の9月に環境評価方法書がJR東海から出されましたが、
約3km幅約20kmの幅の中において地質・地形調査を行ってまいりましたが
それが、3kmの幅に絞られたものでございます。そのような
絞りの中で具体的な駅の位置が絞られていくことになると
思います。
県では新駅の早期設置、及び東京・大阪間の同時開業を求めておりますが
そのためJR東海に対して、名古屋・大阪間について、ルートや
駅の位置を決定するための環境影響評価の手続きに早期着手することを
要望しております。

奈良は空港、新幹線といった基軸交通インフラのない3つの県の
1つだそうです。この際、奈良県と致しましたは是非、リニア中央幹線の
中間駅を奈良県内に設置したいと思います。

先日、生駒市長が来られ、リニア中央新幹線の新駅を
高山学研第二工区に設置したいという提案がございました。
また、併せて、申されたのは新駅の設置が行われた場合に高山第二工区の
整備を行います。新駅の設置を行わない場合は、高山第二工区の整備を
行う考えはないとのことでございました。
つまり、高山第二工区の開発は、リニアの新駅の設置が前提である
とのお考えでございました。

県は、これまで高山第二工区のまちづくりの提案を積極的に生駒市及び
(独)都市再生機構に対して行っております。リニア中央新幹線の新駅
の設置のいかんに関わらず、高山第二工区の整備が必要であると考えて
おりますので、その考えに変わりはございません。
県では、リニア中央新幹線の新駅の設置と高山第二工区の整備はそれぞれ
別の課題であって、からめて考えるものではないと考えております。

新駅につきましては、高速輸送機能の均てんを図るという上で、既存の鉄道や
高規格道路等との結節性が重要と考えております。
高山第二工区のように、新しい鉄道をつくらないと不便な所はハンディが
あって、発展がなかなか進まないという事例もございます。
東海道新幹線の岐阜羽島駅が、その好例としてできるだけ何十年も
語り継がれているものでございます。

リニア中央新幹線の整備を行っているJR東海より、リニア中央新幹線の
早期実現のため、県には市町村のとりまとめを求められております。
県としては、できるだけ早く、多くの人にとって交通結節性の高い
地域に駅位置をを決めたいと思います。

以上が質問に対しての知事の答弁です。

まとめますと、高山第二工区は新しく鉄道等を整備する必要があり
高規格道路等の結節性が低い事から知事は結節性の高い地域に
駅の位置を決めたいとの事です。


タグ: 奈良 生駒 議会



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ