2015/3/10

3月3日(火)一般質問を行いました。  奈良県議会

クリックすると元のサイズで表示します

「早急に安全対策を確立する」
昨年の8月に広島市で集中豪雨により大規模な土砂災害が発生して死者・負傷者が出たことは記憶に新しく県内でも平成23年に台風の豪雨で紀伊半島大水害が発生し県南部を中心に甚大な被害を受けました。私の地元の生駒市では山地を切り開いて開発された急峻な地形の住宅地が多く、広島市と同様の被害が心配されます。生駒市のハザードマップを見ると私たちの避難場所である生駒中学校は土砂災害警戒区域に指定され住民は避難先で被害に遭うのではないかと不安です。避難所の安全対策について一日も早い工事の完成に向けて改めて知事の決意をお願いしたい。

荒井知事
紀伊半島大水害で県南部は甚大な被害を受けたが広島市の災害は記憶に新しい。近年の雨の降り方が、局地的、激甚化している現状から土砂災害は、いつどこで起きてもおかしくない状況から災害防止に向けた事業を急ぎます。
生駒市の災害パターンは広島型です。このために県は砂防堰堤をはじめとする土砂災害防止施設の計画的な整備、災害の際に住民の皆さんに適切な避難行動を取って頂くための備えなどハード、ソフト両面から対策を総動員して取り組んでおります。特に住民に対する土砂災害の危険性の周知や避難体制の充実、強化が急務であり、同警戒区域については今年度内の指定完了を目指しています。来年度から特に危険性が高く土砂災害が発生した場合に住まわれている方々の生命、身体に著しい危害が及ぶ場合があり、住宅等の新規立地の規制を行う必要がある「土砂災害特別警戒区域」について5か年間を目標に指定を進めていきます。
生駒市内には警戒区域内に避難所が生駒中学校をはじめ3か所あり、どの避難所も災害時の安全性を確保するために砂防堰堤の整備や斜面対策を行う事業に着手して設計や用地取得を進めて参ります。
タグ: 奈良 生駒 議会



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ