2008/7/4

21  映画

某旅行会社から映画のチケットをいただいたので、
今週末の上映入れ替え直前にバタバタ観に行きました。


クリックすると元のサイズで表示します


 『ラスベガスをぶっつぶせ』


数学に長けた学生たちがチームを作り
才能を駆使してラスベガスでの勝負に挑むという、
実話をベースにしたスリリングなお話。

私が知っている俳優さんは
ケビン・スペイシーローレンス・フィッシュバーンだけだったので、
逆に新鮮な気持ちで物語りに入り込むことが出来ました。

原題は、『21』というシンプルなタイトル。

ブラック・ジャックでの勝負シーンがメインなので
原題にはとても重要な意味が込められていると思うのですが、
大人気ドラマ『24』と被ってしまうからでしょうか・・・
映画を観終わると、邦題に違和感を感じてしまいます。

個人的には
邦題から受ける印象よりずっと理知的で面白い映画だったので、
興味を持たれた方はDVDリリース後に観てみてくださいね。



『ラスベガスをぶっつぶせ』公式HPはこちら





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ