2008/4/2

毎度SWING KITAQ 02  SWING KITAQ

今回のゲストは、ニュー・スカイラーク・ジャズ・オーケストラ
名トランペッター、種田篤郎さんです。


クリックすると元のサイズで表示します


種田さんが奏でる甘く煌びやかな音色は
『北九州の宝』と言っても過言ではないと思っています。

厳しく音楽に向き合って歩んできたミュージシャンの言葉は
とても深くて重かったです。

この厳しさが有るからこそ、
聴く人を心地良く酔わせる演奏が叶うのでしょう。


控え室や曲紹介の間にオフレコで伺った内容は
大切な言葉のオンパレードだったので、
真剣に音楽談義出来る方といつかお話ししたいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


【本日のSET LIST】mic選曲

 @ SWEET NOTHINGS/TRIUNITY
 A THE WANTING KIND/EDDI READER
 B FIRST IN LINE/MAARJA
 C 色彩都市/原田知世
 D THE CURRAGH OF KILDERE/EDDI READER
 E DON'T KNOW WHY/NORAH JONES








この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ