2007/12/24

クリスマス・イヴ  LIFE

母の用事に追われてクリスマス・イヴらしからぬ
慌しい一日を送ってしまったのですが、
ちょっとだけドライヴがてら静かに遊んで参りました。


クリックすると元のサイズで表示します


私が立っているのは、
駐車場から某美術館に続くゆるやかなスロープです。

目的地に向かって歩いていると、
子どもがふたりスロープを駆け下りているところに
出くわしました。



手に持ってるの何?

何でこんなもの売ってるの??

ここで何故???





↓ こんなもの




クリックすると元のサイズで表示します





↓ こんなもの拡大図




クリックすると元のサイズで表示します





『雪渡り』に因んだ”きつねのだんご”です。

パッケージが無茶苦茶可愛くて、迷わず買ってしまいました。

美術館の売店でおだんご買ったのは初めてかも。




ずっと観に行きたかった『絵で読む宮沢賢治展』

たくさんの絵本原画と一緒に
宮沢賢治直筆の書簡や『雨ニモマケズ』
レプリカを見ることが出来ました。

素朴で優しくて哀しいものがたくさん集められていて、
胸が詰まるような思いがしました。
良い展覧会でした。

子どもの頃には分からなかった彼の世界が、
大人になった今ではまっすぐ受け取れるような気がします。

来年は宮沢賢治の作品を読み返そうと思います。



『絵で読む宮沢賢治展』会場はこちら



クリックすると元のサイズで表示します





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ