2007/9/3

時には女優のように  dear WOMEN

すっかり秋らしくなってまいりましたが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

秋といえば
食欲とか読書とかスポーツとか芸術とかいろいろありますが、
個人的には装いが最優先事項だったりします。
(通勤は超ラフな格好で今は引き篭もりのクセに生意気な奴)

流行に乗る才能が無いので今風のお洒落とは外れてしまいますが、
マイペースなお洒落を楽しむようにしています。


今年の秋の個人的なテーマは『ゴールド』。

アクセサリーはシルバー一辺倒だったのですが、ここ数年、
秋色の服にはゴールドもいいなぁと思うようになってきました。
趣味って変化するものですね。


何を足そうか考えたみたところ、腕時計なんてどうだろ?って。

エレガントで、クラシカルで、大昔の女優さんが着けてそうな、
観てるだけで幸せになるようなもの。


自分の中に具体的なイメージは有ったのですが、
知っているメーカーでは既に廃盤になっているデザインでした。

他でイメージに合うものが有ればいいなぁと
思い出したときには時計屋さんを覗いてみたのですけど、
なかなか出逢えるものではありませんねぇ。


山本容子さんの展覧会で久々に再会した友人と
ウィンドウ・ショッピングをしていたところ、
ふと『ゴールド腕時計探索計画』を思い出して
時計売り場に付き合ってもらうことにしました。

彼女とは小物やアクセサリーの趣味が不思議なほど合致するので、
お互いの持ち物を見て大喜びしてしまうことがよくあります。

東京でアクセサリーを選んでいて飛行機に乗り遅れた彼女と、
大阪で腕時計を選んでいて新幹線に乗り遅れた私は、
集中力とお間抜け加減が結構似ているかも知れません。
(金銭的ダメージは全然違うけど)



あれこれ話しながら時計売り場を見ていると、
友人が何の前触れも無くショーケースを指差しました。


 「これなんか、どう?」


クリックすると元のサイズで表示します


うわ ・・・ 理想どおりやん!

運が良いと、こんなにあっさり見つかるのか〜。

なんか不思議だ。。。



帰宅して1日考えて、翌日買いに行きました。

腕に着けると、こんな感じ。


クリックすると元のサイズで表示します


いかがでしょ?

こういう腕時計をするつもりなら、
ハンドケアはサボっちゃイカンなぁ。。。と反省しつつ。

でも、
エレガントで、クラシカルで、大昔の女優さんが着けてそうな、
観てるだけで幸せになるようなデザインだと思うので大満足なのです。
(ちなみに、1928年デザインのリニューアル版なんですって)



晩秋には手袋の上に着けてみたいなぁ。
出来ればツイードのスーツなんか着て。





 ↓ 脳内イメージ





クリックすると元のサイズで表示します




妄想は私の自由。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ