2007/7/24

ばらの花、その後  音楽

(昨日の続き)


くるり『ばらの花』のPVを観た翌日、
良い音質でじっくり聴いてみたくてCDを買いに行きました。

1曲だけを1時間以上はリピートしていたでしょうか。
聴けば聴くほど惹き込まれてゆく音でした。
聴いている間何も手に付かなかったくらい。


 ”安心な僕らは旅に出ようぜ

  思い切り泣いたり笑ったりしようぜ”



サビに差し掛かると、遠くから、あの”声”が聴こえてきます。

透明感に満たされた素直な女性の歌声。

なんで、こんなに綺麗なんだろ・・・



クリックすると元のサイズで表示します



コーラスしていたのは、スーパーカーミキさん

10年前に現役高校生でデビューしたバンド・スーパーカーですが、
その実力と楽曲レベルの高さはデビュー当時から絶賛されていました。
(私もファンのひとりで、デビュー・アルバムはよく聴いていました)

スーパーカーは男女ツイン・ヴォーカルだったので、
ミキさんの歌声はよく耳にしていました。

清らかな水音のように心地良い声質で
歌声自体に強い主張があるわけでは無いけれど、
この透明感は静かな個性なのだと感じます。

彼女の歌声をコーラスとして加えた瞬間、
淡々と優しく切ない歌が、これほどドラマティックになるなんて。


 ”最終バス乗り過ごしてもう君に会えない
 
  あんなに近づいたのに遠くなってゆく

  だけどこんなに胸が痛むのは

  何の花に例えられましょう”



『ばらの花』は、とても優しく切ない名曲だと思います。

曲も歌詞もサウンドも歌声も、どこにも過不足が存在しないのです。

いつも演奏側の立場で音楽を聴くクセが抜けないのですが、
自分が音楽をやっていることなんて忘れ去って
ただひたすら”ひとりのリスナーで在りたい”と思うほど
好きな歌になりました。

そして、この曲がきっかけでくるりというバンドのことを知りました。

いつか改めてくるりについてお話しようと思います。



今回はなんだかコーラスのミキさん絶賛で終わってしまったけど、
彼女のコーラスは私の理想形で
私が【TRIUNITY】で歌い始めた原点でもあるので、
つい熱く語ってしまいました。
 

先月のツアー・ファイナル公演でゲスト出演してくれた
Daisuke氏のコーラスをしたときに、
「あぁ、やっぱりコーラス楽し★」と思ったので
こんな話を思い出したのでしょうね。



ちなみに5年前、
【TRIUNITY】が活動始めたばかりのころのお話でした。。。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ