2006/2/3

BEAUTIFUL  音楽

人生、こんなサプライズもあるのですね。



クリックすると元のサイズで表示します



チケット発券した瞬間、言葉を失いましたとも。



クリックすると元のサイズで表示します



吉井和哉 TOUR 2006 〜 MY FOOLISH HEART 〜

行ってまいりました。

ZEPP FUKUOKA 完売のライヴ、最前列中央で観ることができました。

私の1〜2メートル前で歌う彼の立ち姿は、ただ美しかった・・・


ステージ上の音がダイレクトに聴こえる位置だったので、
一緒に歌うと彼の歌声が自分の声にかき消されてしまうのね。
彼の生声が聴こえるほどの距離で歌声を聴きながら歌いもせず、
ずっと彼だけを見つめていたようです。


一緒に行った友人から言われたこと。

「時々micさん見てたけど、吉井さんしか目に入ってなかったでしょ?」

はい。 そのとおり・・・


黄色い声で彼の名前を叫ぶわけでも涙ぐむわけでもなく、
ただ静かな穏やかな気持ちで、歌っている彼を観ていました。
昔から知ってる大切な友人を見守るような不思議な気持ち。
今の彼には、数年前には感じなかった自然な佇まいが宿っていて、
それが私を心安らかな一観客へと導いたような気がしています。
(6〜7年前までなら失神しそうなシチュエーションだけど)



クリックすると元のサイズで表示します



お目にかかれて幸せでした。

私の人生、あなたの歌声に救われたことが何度あったでしょう。

どうぞ、これからも歌い続けてください。

ただのファンからのお願いです。




この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ