2014/3/10

『絆 再びの空へ』 Blue Impulse  映画

ブルーインパルスのドキュメンタリー映画

『絆 再びの空へ』を観に行きました。


クリックすると元のサイズで表示します


明日は静かに祈ります。

止まった時間が前に進みますように。


クリックすると元のサイズで表示します



2014/3/8

国宝 大神社展  美術

いつの間にか1月2月が過ぎ去って、今はもう3月・・・

九州国立博物館で開催されている『国宝 大神社展』
3/9までだったことを思い出し、慌てて行ってきました。


 ※ぶろぐるぽにエントリーしています。
  ロゴが入っている写真は九州国立博物館の提供です。
  転載はご遠慮くださいね。


休日遅めの午後に入館したのですが、お客さんがいっぱい。

昨年は伊勢神宮と出雲大社の式年遷宮だったこともあり、
神社や八百万の神様方を知る機会が多かったですよね。

初詣に行ったことも無いくらい神道に縁の無かった私が、
古事記を読み、出雲大社にお参りすることになったのも、
「日本人なんだから、ちゃんと日本のこと勉強しなさいよ」
と日本の神様方に諭されたような気になったからかも。
(お伊勢参りができなかったのが残念でしたが、いずれ)


そんな折、大々的に開催される『国宝 大神社展』。

どんな謂れのある宝物を観られるのか想像もつかないまま
期間終了間際に駆け込んだのでした。



 ◆ ◆ ◆



ひととおり観て特に印象深かったのは、神様の像の多さでした。

クリックすると元のサイズで表示します

奥に居らっしゃるのは、ポスターにもなった
国宝・熊野夫須美大神坐像(イザナミノミコト)です。
とても豊かな女性らしい御姿だと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

神像…なんですよね。

仏像は馴染み深いですが、
神像はほとんど観たことが無いように思います。

本来は人目に触れない貴重なものなので、
これほどの数の神像が一度に観られる機会は
そうそう無いことだと伺いました。

すべてを超越した存在である仏像とは異なり、
神像はそれぞれ表情豊かで人間味あふれる御姿でした。

クリックすると元のサイズで表示します

面白いなぁと思ったのは、
神様の横顔や後ろ姿を観られる展示の仕方です。

 「あ、神様の頭、絶壁っぽい!」とか

 「ベルトの端は背中側で上向きに挟んでるのね!」とか

そんな素朴なド庶民の好奇心を満たしてくれました。

図録などでは絶対に載らない角度、
こんな機会でも無ければ一生観ることはできなかったでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

怖いけど愛らしい狛犬たち。
犬だと思っていたら、獅子なんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

この角度は、たまらん可愛い。
つい同じ角度に顔を傾けて見つめ返してしまう・・・

クリックすると元のサイズで表示します

神様と言えば、お祭り。お祭りと言えば、御神輿。
奈良・手向山八幡宮所蔵 錦貼神輿、美しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

せっかくなので、福岡ゆかりの宝物をご紹介しましょう。

宗像大社所蔵 国宝・金銅製雛機
(ミニチュア機織り機)

クリックすると元のサイズで表示します

太宰府天満宮所蔵の重要文化財・ 毛抜形太刀 伝菅公遺品
平安時代の姿そのままの菅原道真公遺愛品。

クリックすると元のサイズで表示します

宮地嶽神社所蔵の国宝 金銅製壺鐙
7世紀に神社敷地内で見つかった馬具。

クリックすると元のサイズで表示します

そして最後は、
宗像大社所蔵の国宝 方格規矩鏡
4〜5世紀に沖ノ島祭祀遺跡から出土した鏡(下段・左端)。

クリックすると元のサイズで表示します

沖ノ島は島全体が御神体なのですね。
『海の正倉院』と呼ばれているとは初めて知りました。


奈良や和歌山は何となくイメージできるけど、
地元福岡にもこんなにたくさんの国宝や重要文化財が有ったとは。

自分が生きている間にもう一度観られるとは思えないほど
見ごたえのある展覧会でした。



 ◆ ◆ ◆



会期が3/9までなので
興味とお時間が有る方は是非行かれてくださいね!







2014/3/7

平成26年度が始まる前に  音楽

年末年始のごあいさつを吹っ飛ばして、
平成25年度末になりました。

読んでくださっている方はいかがお過ごしでしょうか?

12月・1月はボヘっと体調が冴えない日が続き、
2月はオリンピックに血道をあげているうちに
気が付いたら3月とは早いものです。


昨年はTRIUNITYとしての音楽活動ができず
特に報告できることも無かったので、
家族と過ごす時間以外は教養と休養に費やしました。
知らなかったことを知ることができて楽しかったです。


音楽を離れると、音楽が恋しくなる・・・
私の人生はこの繰り返し。

惰性では音楽に触れないという時間を意識的に作ると、
音楽は一層大切なものに思えます。

一度耳にしてしまった音は記憶からなかなか消えないので、
自分にとってどうでもよい音をインプットしないことも大切。


心の底から音楽を聴きたくなった時だけ極上の音楽を。

今年は心ゆくまで歌える年にしたいです。





今一番お気に入りの女性ヴォーカリスト・SHANTIさん
ライヴだと歌の上手さと声の素敵さが一層際立つので、
エルトン・ジョンのカヴァー『Your Song』をライヴで。





去年私が一番鼻歌ったのが『クマムシさんのうた』。
クマムシ研究者・堀川大樹さん作詞、ことねさん作曲、
歌っているのはクマムシ研究ラボの美人でキュートなクマムシ助手さん
(お名前が分からないのだけど、歌声が惚れ惚れするほど素敵)




  






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ