2010/5/14

カルト・ムービー?  映画

ものっすごい幼少のころ・・・

たった一度だけ、
テレビの『なんたら〜劇場』で観た映画なのですが、
その後まったく観返していないのに忘れられないほど
強烈な印象を残してしまった作品があるのです。



〜覚えているあらすじ〜(超ネタバレ)



 とある海辺の平和な町で、
 おとなしいはずの魚群が突然凶暴化し、
 海で遊んでいた住人を襲う事件が多発する。
 
 主人公は海洋汚染を研究する男子学生。
 魚が凶暴化した原因が工場排水にあることを疑い始める。


 事件を調べていくうちに、不思議な事実に気付く。

 平和だった町の住人に争い事が絶えなくなったのだ。
 温厚だった人々が、なぜ短期間に変貌してしまったのか?

 
 排水が海に流れ込んだせいで、魚が凶暴化するのは分かる。
 でも町の人々までが凶暴化したのはなぜ?

 
 主人公は町の保安官に相談し、二人で懸命に調べていく。

 そして、飲み水に薬が混入されていたことを突き止める。

 
 薬を入れた犯人は、『政府』だった。

 大きな陰謀に気付いた保安官は、上層部に応援を要請する。

 
 対決の場所に、大勢の援軍が駆けつけてくれた。

 さぁ、これから真実を暴いて住民を救うのだ!!!





 突然、援軍によって銃殺される主人公たち。

 そして陰謀が暴かれることは永久になかった・・・




 
 静かにテロップが流れる。


 ”政府は、小さな町を使って実験をしていた。
 
  飲み水に薬を混入し、住民を凶暴化させて
  戦争への欲求を高めるという実験を。”




映画はここで終わり。



この映画は、私のトラウマのひとつです。

一緒に観ていた父が絶句したのも覚えています。

動物パニックものという予告編に騙されて、
まんまと観てしまいました。

ラストの虚無感が強烈過ぎて忘れられず、
何十年と経った今でも昨日観たように語れます。



幼少期にたった一度観ただけの映画。

タイトルも定かではありません。
(なんとなく覚えてるけど正確性に欠ける)

記憶力の無駄遣いですねぇ。

よっぽど怖かったんでしょうねぇ。

正義の味方だと信じていた人たちが敵だったのですから。



しばらく思い出さずに済んでたのに、
なんで今頃思い出しちゃったんだろ・・・





2010/5/14

国 会 法 改 正 案  

って、どんなものですか?

何を改正する法案なのですか?

調べてみたのですが
怖いことがたくさん書いてあるけど
意味がよく分らないので困ってます・・・





<追記>

記事をUPした後、こんなサイトを見つけました。

http://www37.atwiki.jp/kokkaihou/pages/17.html



えっと・・・要約すると

『独裁者が、憲法を好き勝手に変えられるようにします』

な法案って意味?

本当に日本の話?

この法案通して得する日本国民って存在する?



そんな大事なことが今国会で決められそうなんですか?

宮崎ほったらかしで?

ウソでしょ?




2010/5/14

地図が教えてくれること  LIFE

地図っていろいろなことが分るのですね。


感染症が見える地図


どうして、こんなことに?

誰が放置したせいでこんなに増えてしまったのですか?

地元は4月のうちからあんなに助けを求めていたのに、
なぜ担当の最高責任者は放置したのですか?


ここで生活している方々は、
今どんな思いで暮らしているのでしょう・・・



問題の感染症について

感染の現状について

現場の方のブログ

mixiのアカウントをお持ちの方はをご覧ください。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1485893910&owner_id=5002767



バターが品薄になったときのことを覚えていますか?

意図的に生乳を減産しただけで軽いパニックでしたよね?

感染症が原因で生産激減になったらどうなると思います?

粉ミルクだって例外ではないかも知れません。

感染を食い止められればそんな悲劇は避けられます。

これ以上広まらないために全力で対策してもらえるよう
「国民の生活第一!」の国に働きかけましょう。

それには、まず、事実を知らなくては。


決して安易な行動は取らないでくださいね。

しっかり考えて判断してください。

味方だと思っていた人が敵だったら大変ですから。


ほとんどのメディアは、本当のことや重大性まで教えてくれません。

それが何故なのかは私が教えてほしいくらいです。

守りたい人が居るなら、自分で調べましょう。

そして大切な人にお知らせしましょう。

事実だけを冷静に、ね。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ