2009/11/17

未病とのおつきあい  LIFE

6年近く前のこと。

何の前触れもなく突然、
左腰の皮膚が10p角くらいの範囲で爛れて
痛みと痒みで狂いそうになったことがありました。

ちょうどそのころ母が何度目かの入院をしていて、
処置の失敗から再手術を終えたばかりでした。

母の容態が落ち着いたころを見計らって皮膚科に行くと
”帯状疱疹の治りかけ”という診察結果。

ちょっと疲れてるんだなぁと自覚したのだけど、
これが6年あまり続くことになろうとは。

一箇所治っても新たな発症を繰り返し、
黒い痕が消えるまで2年近くかかるので
すっかり可哀そうな体になってしまいました。
(友人と温泉なんて無理って感じ)

病院ジプシーした結果わかったのは
”帯状疱疹ではありません”ってことだけでした。
なんじゃ、そりゃ。


そして今年も出たのですよ。 
とうとう服で隠れない部分に・・・

皮膚そのものの問題ではないような気がしていたので
それとなく内科の先生に相談してみたところ、
開業したばかりで評判の良い皮膚科を教えてくれました。


患部を診た瞬間、皮膚科の先生が一言。

 「コテイヤクシンじゃないかなぁ」

??????????



もしかして、長年の疑問氷解???!!!



固定薬疹って、薬アレルギーのひとつです。

重い頭痛持ち(←亡き父譲り)の私は
市販の鎮痛剤を何年も常用していました。

頭痛が原因の自損事故を起こした恐怖も手伝って、
予防気分で鎮痛剤を乱用していたのです。

そりゃ、アレルギーも出るよなぁ・・・

ほんとゴメン、私の体・・・



鎮痛剤は飲まないことに決めました。
アレルギー成分特定は大変そうなので完全撤廃です。

どんなに頭痛くても、あの湿疹よりマシだもの。

頭痛の一番の原因はムチ打ちによる血行不良だと思うので、
身体を温めて冷やさないように心掛けることにしました。

半身浴、岩盤浴、身体を温める食事・衣類など、
無理しなくても出来ることを探して実行する日々です。

だいぶ体調良くなったかも。


強固な首と肩のコリはいずれプロの技術に任せることにして、
自宅ではのお世話になっております。



(画像HPよりお借りしました)
クリックすると元のサイズで表示します


いや〜、極楽極楽





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ