2008/8/31

in NEW YORK 3日目  

従弟クンの結婚式も無事終わり、
とうとうニューヨーク自由行動最終日になりました。

今日は目的地がたくさんあるので、
朝から飛ばしてみたいと思います。



大まかなタイムテーブルは作っていましたが、
予定なんて未定です。

今を楽しむことと未来を見据えることの両立は
結構難しいものなのね。

番狂わせ多し!

予想外のタイム・ロスも良い想い出になりそう・・・



ホテル正面玄関からタクシーに乗るつもりだったのに、
真横のアヴェニューが歩行者天国になっている!!

日曜恒例のイベントなのかしら?
これは通ってみないとダメでしょう♪

クリックすると元のサイズで表示します

方々から漂う美味しそうな香りと妖しげな露店にクラクラしつつ、
歩行者天国を通り過ぎた頃やっと空腹に気付くアホな私。

目的地までやり過ごすつもりだったのですが、
途中たまらずモーニングをやっているデリに飛び込みました。

移民の人がやっているお店のようで、
不思議なイントネーションの英語に戸惑いつつ
少なすぎる単語を駆使して朝ごはんにありつきました。
オニオン&ベーコン&チーズのオムレツ美味しかったです。
(具を3つ選べと言われたのでこんなラインナップ)


空腹が満たされると歩く気になりますね。
ちょっと散策してみようと思います。
(タクシー移動の設定はこの時点で消滅)


【目的地その3】

ミュージシャンなら行かねばなるまい、
ジョン・レノン最後の地『ダコタ・ハウス』です。

クリックすると元のサイズで表示します

背の高い鉄格子が取り付けられているエントランスでは
2名の守衛さんが立ったまま周囲に目を光らせていました。

入居審査が相当厳しいとのこと、
それなりの著名人が居住していることをうかがわせる
古き良き高級アパートでした。


【目的地その4】

詳しく語ったことは無いけれど実は恐竜&化石オタクの私、
『アメリカ自然史博物館』をはずすわけには参りません。

クリックすると元のサイズで表示します

もう、エントランスからして↓こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな広い2階建て知らんわ、とボヤくほど広いです。

時間の関係で化石方面のみ観るつもりだったのですが、
世界中の自然や文明・文化を一箇所で観られるとなると
やっぱり気の向くまま見学したくなるのが人情ってもので。

館内何km歩いたのかしら・・・


【目的地その5】

次に向かったのは、セントラル・パークを挟んでお向かいの
『NEUE GALERIE』です。

絵画を金額で語るのは無粋だと思うけれど、
156億円で売却され個人所蔵になったクリムトの絵画
『アデーレ・ブロッホバウアーの肖像I』を観てみたかったのです。

クリムトと言い、シーレと言い、
官能的な絵画の多い美術館でした。

※豆知識:
  荷物チェックが結構厳しいです。
  ペット・ボトル等は入り口で廃棄させられます。
  バッグのサイズにも制限があるので、
  大きなバッグを持ち込むのは避けた方が無難かも。
  (クロークは有りますが、貴重品出すのが面倒なので)

クリックすると元のサイズで表示します

・・・ヘロへロに疲れた顔をしておる。

自然史博物館からノイエ・ギャラリーまで歩いたのですけど、
セントラル・パーク広過ぎ!

公園を横断するのも直線距離で2kmくらいあるのに、
曲がりくねって方向が分からなくなる道ばかり。
途中いよいよ迷子になりかけたのですが、
遠くに見えた高層ビルに助けられました。

セントラル・パーク横断するだけで
何kmくらい歩いたのか考えたくないなぁ・・・


【目的地その6】

「外観だけでもいいから行きたい!」と無理を言って
行き先に加えてもらったのが『グッゲンハイム美術館』です。

クリックすると元のサイズで表示します

入館すると中途半端な時間になってしまうので、
フランク・ロイド・ライト設計の建築だけ観ておこうと考えました。
(作品鑑賞は次に渡米出来る機会に賭けます)

ショップにだけは入ってみたのですが、
螺旋に包まれた不思議に落ち着く空間でした。


【目的地その7】

いよいよ私が今日一番行きたかった場所へ。

『メトロポリタン美術館』です。

クリックすると元のサイズで表示します

絵画や彫刻はもちろん、写真や工芸品、
果ては建造物の一部分や著名人の部屋丸ごとまで、
ありとあらゆるものが展示されています。

絶対に観たい作品はピックアップしていたのですが、
あまりの多さにきりが無いという感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

世界の宝とも言うべき作品たちが
驚くほど間近で鑑賞できる素晴らしさに感動しつつ、
贅沢な飽食してお腹イッパイな感じ。

ちょうどターナーの特別展示があっていたのですが、
百点近い作品の数々に”もう飽きちゃった”と思った瞬間がありました。
ほんの数点観られただけで昨日までは感動ひとしきりだったのに、
バチ当たりにも程が有るぞ、私。

巨大美術館をほんの数時間で鑑賞しようとすることの無謀さ、
骨身に沁みました。
次回は数日かけてゆっくり回りたいと思います。
(また来るぜ、ニューヨーク!の布石)

クリックすると元のサイズで表示します
↑この2階建ても広過ぎだと思う


【目的地その8】

一応ミュージシャンの端くれ・・・
新郎従弟クンの弟クンに付き合ってもらって、
音楽に関する場所へも行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ジャズの名門クラブ、『VILLAGE VANGUARD』です。

この日はトリオ仕様。(ベーシストは日本人)

満席の多くは常連客のようで、温かい歓声が飛び交っていました。

名プレーヤーたちがこの店のステージに上がったと思うと、
感慨深いものがありました。

※豆知識:
  ヴィレッジ・ヴァンガードはドリンクのみなので、
  食事は済ませてから行った方が良いですよ。


【目的地その9】

どうしても夜景を観たかったので、
ライヴ終了後エンパイア・ステート・ビルに向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します

展望台への行列にしばらく並んでから気付いたのですが、
お客さん多いうえにセキュリティ・チェックが厳重で
列がなかなか進まないのですね。

途中警備のゴツイ黒人さんが私たちの顔を見て
「JAPANIES?」と訊いてきたので頷くと、
小島よしおさんのネタを大きな身振りでやってくれました。
誰に習った?と言うか何処で知ったのか謎だ・・・

チケット買うのに2時間近く並んだでしょうか。

いろいろあって(謎)やっと展望台に上ることが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

地上373メートルから眺める夜の絶景哉・・・

昼間の景色をに観る機会があれば先に行っておくと、
地理が分かって一層楽しめるかも知れませんね。


【目的地その10】

ホテルに戻ったのは午前1時過ぎでした。

最後のニューヨーク、夜遊びしなくちゃ♪

時間が時間なのでお店に入ることは考えず、
深夜のタイムズ・スクエアをお散歩することにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな時間でも大賑わいなのです。

クラブのダンス・ミュージックやカラオケまで
様々な音楽があらゆる場所から聞こえてきます。

面倒くさそうなヨッパライも居ないし、
みんな楽しそう!
北九州よりよっぽど治安良いかも。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、
ハード・ロック・カフェの閉店時間はとっくに過ぎていました。

行ってみたかったなぁ・・・って、
これは、また来い!ってことですか!?



今日1日だけで18時間ほど歩き回っている計算になります。

明日でニューヨークとはお別れかと思うと、
時間がいくらあっても足りないですねぇ。



クリックすると元のサイズで表示します
↑自然史博物館南米ブースにて。誰なんだろ?



2008/8/30

in NEW YORK 2日目  

今日は午後から従弟クンの結婚式なので、
午前中のうちに近場を散策することにしました。


ホテルから数分歩くと、5番街『TIFFANY』本店です。

映画『ティファニーで朝食を』の冒頭シーンみたく、
お店に入る前にショーウィンドウ見ながら佇んでしまいました。

エレベーターまであるようなビルディングなのですね。
商品の豊富さに驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します



【目的地その2】

5番街のブランド・ショップを眺めながらしばらく歩くと、
いよいよ本日の目的地に到着です。


クリックすると元のサイズで表示します


『THE FRICK COLLECTION』


鉄鋼で得た巨額の富を芸術品に投じた大富豪フリック氏
個人邸宅がそのまま美術館になっています。

重厚で落ち着いた建築、優雅な遊び心を感じさせる部屋作り、
その中を飾る一流芸術品の数々・・・

廊下にフェルメールの絵画が3点並んでいました。
世界中に約30作品しか現存しないうちの3点を個人所蔵って、
どれほど選択眼が高かったのか想像できるような気がします。


クリックすると元のサイズで表示します


広いギャラリーには、エル・グレコをはじめ有名作家の作品が
程よい間隔で掛けられています。

年代物のソファーに深く腰掛けてホッと一息つきながら
正面にターナーを眺められるのね、個人邸宅で。

心が豊かになる贅沢を知っていた人なんだろうな。


クリックすると元のサイズで表示します


フリック・コレクションの道向かいには、
セントラル・パークが広がっています。

街角の屋台でホット・ドッグを買って、
セントラル・パークを歩きながら軽い昼食を取りました。

途中ペプシのボトルを落として噴水を作ってしまいましたが、
他人にも自分にも被害が及ばなかったので良しとしよう・・・
(相当カッコ悪かったけど)


クリックすると元のサイズで表示します


のんびり歩きながらカーネギー・ホールの前を通り、
お昼過ぎにはホテルに戻りました。

いよいよ従弟クンの結婚式モードに入ります。



【結婚式&披露宴】

挙式は国連本部向かいのチャーチ・センターで行われました。

(↓休日は加盟国の旗を揚げないので何のビルやら分からん)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

祭壇後ろのマークを見て
「あ、ツェッペリンW!」と思ったのは私だけ?

”宗教は問いませんよ”という意思表示なのでしょうか。
鳥居のマークに微笑んでしまいました。


そして、いよいよ挙式です。


クリックすると元のサイズで表示します


厳かで和やかな式でした。

花嫁さん綺麗だったなぁ。(←美形一家)


しばらく写真撮影をした後、
新郎上司の車に乗せていただいて披露宴会場へ。


クリックすると元のサイズで表示します


披露宴は英語と日本語半々で進行されました。

数十名の参列者全員が新郎新婦から紹介を受けたので、
(アメリカではこれが普通なんでしょうか?)
初対面同士でも楽しめる披露宴になりました。

食事はすべてアメリカン・サイズ!
サラダ・ステーキ・デザートなどなど
日本ではあまり目にすることが無いような分量で
サラダ以外は半分も食べられなかったのですが、
無茶苦茶美味しかったです。
(それでもアメリカでは上品な分量のうちかも)
パーティ始まる前のオードブルも絶品でした。

会場まで連れてきていただいたので店名調べてないのですが、
ニューヨークでも有名なレストランとのことでした。
いつか従弟クンに訊いてみることにしましょう。


数時間に渡った披露宴は終始温かな雰囲気で、
新郎新婦の人柄がよく出ていたように思います。

呼んでくれて本当にアリガトウ★


クリックすると元のサイズで表示します


2次会は若いモンに任せて、夜遊びしなくちゃ。
夜に行きたいところがたくさんあるんですもの。

披露宴会場からホテルまであまり遠くなかったので、
歩いて戻ることにしました。

ほろ酔いで夜風に当たりながら歩く心地良さ。

想像以上に治安の良い街なんだなぁ。(場所によるけど)





で、夜遊びする前に一息つこうとしたのが運の尽き。

また着の身着のまま爆睡・・・(涙)



2008/8/29

in NEW YORK 1日目  

【前日】

8/28夜の飛行機で北九州空港から羽田へ向かいました。

日付が変わるころ成田駅に到着し、タクシーで成田空港へ。

夜の成田空港は物々しい警備でした。
タクシーに乗ったままゲート通るのにも
パスポートと航空券見せなきゃいけないのね。



【そしてNEW YORKへ】

29日午前中に日本を発って、
29日午前中にニューヨークに到着って、なんか不思議ですね。

時差ボケ対策のため成田で徹夜したので、
最初の機内食後は爆睡でした。
(飛行機降りたら全力で遊ぶ気満々)

ふと目を覚ますと、冷たい窓の外は夜明け前。
赤い雲の切れ間から大地が顔をのぞかせていました。

到着まで数時間あるのに。

この国は、なんて広いんだろう・・・

クリックすると元のサイズで表示します



【NEW YORK到着】

時間を巻き戻して、8/29午前中にJFK空港到着。

従弟クンが手配してくれたリムジンで市内へ向かいました。

30分ほどでホテル到着。

チェックインして荷物を置いたら、即効で最初の目的地へGO!

(↓四駆っぽいリムジンが流行りらしい)
クリックすると元のサイズで表示します



【目的地その1】

今回の旅で一番行きたかった場所へ最初に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します

ニューヨーク近代美術館、通称『MoMA』

まずはエントランスで度肝を抜かれます。

クリックすると元のサイズで表示します

ヘリコプター実物がモビール化されとる・・・


有名作家の絵画や彫刻などはもちろん、
生活用品の工業デザインも収蔵されていて面白かったりします。

例えば、↓こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

最近まで使用されていた方も多いのでは?

私が愛用している腕時計も収蔵されているらしいのですが、
今回は展示されていなくて残念でした。
(本当はそれを観るのが夢だった)


兎にも角にも、知っている作品がたくさんあって驚きます。
しかも間近で観られるし。

展示室一角のシャガールや、

クリックすると元のサイズで表示します

階段踊り場のマティスなど、
特別じゃなく”いつもここに居ますよ”って雰囲気なのです。

人類の宝物みたいな作品たちにいつでも会いに行けるって、
なんて素敵なんだろう・・・

クリックすると元のサイズで表示します


展示室だけでなく、中庭も居心地の良い場所でした。

クリックすると元のサイズで表示します

気候が良い日はベンチに腰掛けて何時間でも寛げそうです。

クリックすると元のサイズで表示します


人が多いのにもかかわらず、
贅沢な時間が穏やかに流れる美術館でした。

全部は観られなかったので、また来なくちゃ♪だわ。



【挙式前日お食事会】

夜はギリシャ料理屋さんにて新郎新婦親戚一同顔合わせ。

楽しかったうえに料理もお酒も美味しくて少々飲み過ぎたらしい。

ホテルに戻ってすぐ夜遊びに出掛けるつもりが、
着の身着のまま深い眠りに落ちる私・・・。(不覚)



そんなこんなで1日目終了です。

2日目もお楽しみに。



クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの外観&室内。

クリックすると元のサイズで表示します

『MoMA』まで徒歩2分という立地の良さ。 しかも快適♪



2008/8/28

初国外逃亡  LIFE

全部ほったらかして旅に出ることにしました。


クリックすると元のサイズで表示します


『SWING KITAQ』レポート・物欲大魔王レポート・
久々に会った友人のライヴ・レポートなどなど、
お話ししたいことは山ほど有るけどサボります。


ではでは。



2008/8/27

毎度SWING KITAQ 23  SWING KITAQ

本日はゲスト無し・恒例バンドマンのヨタ話DAY。

ゲストが居ない日のmic選曲はやりたい放題確信犯です。


クリックすると元のサイズで表示します


”正しいハード・ロック特集”と銘打ちましたが、結論から言うと
”個人的に影響を受けたハード・ロック特集”の方が正しいかも。


クリックすると元のサイズで表示します


 「懐かしいけど古くならない音ばかりだね」

バリジンさんのお言葉に、心底喜んでしまいました。


ジャズで言うSWINGと、ロックで言うGROOVEは同じもの。

ジャンルに関わらず、心地良い音は残り続けるということですね。


生粋のジャズ・マンにお墨付きをいただいて、
すっかりご満悦のmicなのでした。


クリックすると元のサイズで表示します
↑デトロイト・メタル・シティな感じのKeiさん


【SET LIST】mic選曲

 @ IMMIGRANT SONG/LED ZEPPELIN
 A HIGHWAY STAR(LIVE)/DEEP PURPPLE
 B SPOTLIGHT KID/RAINBOW
 C IRON MAN/BLACK SABBATH
 D HIGHWAY TO HELL/AC/DC
 E 夜明けを待っている/TRIUNITY



2008/8/26

LIFE  LIFE

おかげさまで、またひとつ無事に年を重ねることが出来ました。


クリックすると元のサイズで表示します


ここ数年心から憧れ尊敬する大人たちと出逢えたことで、
年を重ねることが本当に素敵だと思えるようになりました。

目標にしたい大人が居てくれるって、幸せ。



2008/8/23

Daisuke's LIVE  音楽

昨年のツアーで共演したDaisuke氏のライヴに行ってきました。


クリックすると元のサイズで表示します


彼の歌を聴くたびに思うのは、
”良いシンガー・ソングライター”だなぁ、ということ。

自分で歌を作って歌えることが素晴らしいのはもちろんだけど、
シンプルで良い歌を作るんだよね。
1度耳にすると、心地良く覚えてしまうような歌・・・


クリックすると元のサイズで表示します


ちょこっとコーラス飛び入り参加してきました。

去年の共演を思い出して楽しかったです。


クリックすると元のサイズで表示します


次のツアーが決まったら、また共演しようね!

あ、それと、セカンド・アルバムのデザインよろしく♪



2008/8/20

毎度SWING KITAQ 22  SWING KITAQ

本日のゲストは、
津軽三味線奏者・橋本泰洋さん&民謡歌手・山本泉さん


歌い手さんの出身地は納得いくとして、
北九州出身の津軽三味線奏者って土地柄珍しいのでは?
山本さんは長野県出身)

”サラブレッド的民謡歌手”と”異邦人的津軽三味線奏者”
とでも言えそうな感じ。

おふたりが民謡に触れた経緯が
あまりにも異なっていて面白かったです。


クリックすると元のサイズで表示します


『津軽もの』『西もの』という言葉を初めて知りました。

津軽の音のシリアスな激しさは厳しい北の冬を思わせるし、
ゆったりした西の音は気候に脅かされない緩さを感じます。

民謡の地域性を少し知ると、
日本は思っていたよりも広い気がしてきます。

気候の違いが音楽性に現れるって、
音楽と生活が密接していることの証なのかも知れないと思ったり。
(世界規模で考えても同じかも)


クリックすると元のサイズで表示します


生演奏はド迫力でした。

どんなにマイクを絞っても有り余るほど豊かな声量と音量は、
間近で聴いて鳥肌が立つほど素晴らしかったです。

この感動、放送でも伝わっているといいなぁ・・・


クリックすると元のサイズで表示します


現代風にアレンジされた津軽三味線は
今や結構市民権を得ていると思いますが、
あえて正統派で勝負する潔さが素敵でした。

北九州でも応援していきたいですね。


クリックすると元のサイズで表示します
↑今日のKeiさん。髪型ステキ♪



【SET LIST】バリジン氏選曲

 @ When You're Smiling
 A Lover

 B 津軽じょんがら節 
 C 黒田節
 

 D It All Depends On You
 E The Birth of Blues


 ※BCゲストによる生演奏

  @ADEフランク・シナトラ
 


2008/8/19

怒涛の更新  

サボり倒していたブログ、一気に更新しました。

7/26〜今日までって、長いことサボったなぁ・・・


体調不良でボケボケだった私にエネルギーを与えてくれたのは、
高塔山ジャムで浴びた真剣勝負の音の数々と
一流ミュージシャンたちのオーラでした。
(あと、打ち上げでたくさん笑ったこと)

やっと元気になってきたかも。



2008/8/18

T-Jam2008の立役者   音楽

高塔山ジャムを作った方々とお話しすることが出来ました。

ライヴ成功のために、
彼らがどれほど熱い気持ちで関わってきたか・・・

お話を伺うほどに、音楽への想いが伝わってきました。


クリックすると元のサイズで表示します
左から、ナベさんHideさんDobbさん


クリックすると元のサイズで表示します
米岡誠一さん


クリックすると元のサイズで表示します
ドクター・ファンファン



音楽をこよなく愛するミュージシャンであり、
ロック伝道師としてのMCの大先輩方です。

8/13の『SWING KITAQ』を聴いてくださっていたそうで
お礼を言われて嬉しいやら恐縮するやら・・・

好きな音楽を伝えたい気持ちは世代を越えても同じだと
確信出来た有意義な時間でした。




2008/8/17

T-Jam2008  音楽

事前の天気予報では雨だったにも関わらず、
心地良いお天気に恵まれました。

出演者の皆さま、スタッフの皆さま、
最高のライヴをありがとうございました!


ライヴ・レポートは既にたくさんの方がされているので、
私はサボることにします。

だって、ライヴ終了後のミラクルが鮮烈過ぎるんですもの・・・



クリックすると元のサイズで表示します
鮎川さんシーナさん

クリックすると元のサイズで表示します
川嶋さん

クリックすると元のサイズで表示します
浅田さん

クリックすると元のサイズで表示します
ナベさん

クリックすると元のサイズで表示します
DARKSIDE MIRRORS



どれくらい幸せだったか、伝わるでしょ?



2008/8/16

毎度レコーディング  音楽

本日は前回残っちゃった鍵盤録り。

いやぁ、面白いものが出来そうですよ♪

(メンバーの表情参照)


クリックすると元のサイズで表示します



2008/8/15

SO LONG, MILLAS  美術

『ジョン・エヴァレット・ミレイ展』、残すところあと2日・・・
私が行けるのは今日が最後です。

期間中6回観に行くことが出来たのですが、
何度行っても新しい発見があるのが不思議な展覧会でした。

観れば観るほどミレイの凄さを思い知る部分が
増え続けることに感動しました。

それが天才の天才たる所以なのでしょうね。

素晴らしい作品たちと出逢うことが出来て
本当に幸せでした。



さすがに配置はすべて覚えましたね。

目を閉じると全部の絵がひとつずつ思い浮かびます。


クリックすると元のサイズで表示します


ミレイ氏とお別れの日の涙雨。

エフィーちゃんと会えなくなるのは淋しいなぁ・・・




2008/8/13

毎度SWING KITAQ 21  SWING KITAQ

本日はゲスト無し・恒例バンドマンのヨタ話。

mic選曲担当ウィークということで、
今週末に若松区は高塔山で開催されるライヴ・イベント
『T-Jam2008』を特集することにしました。


『T-Jam2008』総合インフォメーションはこちら


クリックすると元のサイズで表示します


この豪華なラインナップどうよ!?


私が高塔山ジャムに行き始めたのは2006年からですが、
2年続けて最高のライヴを魅せ付けられました。

北九州から飛び立ったロック・スターたちが
原点としての『高塔山』に帰ることの意味を知ったとき、
このライヴの凄さが分かったように思うのです。


クリックすると元のサイズで表示します


mic、いつになく熱く語ってしまいましたが、
リスナーの方に少しでも地元ロックのことを知っていただきたくて。

若干空回り気味だった自覚があるので、
お聞き苦しかったところはお詫びしたいと思います。



何はともあれ、今年も楽しみますぜ★



クリックすると元のサイズで表示します
↑今日のKeiさん。いつもアリガトウ♪


【SET LIST】mic選曲(T-Jam2008特集)

 @ HOME/TRIUNITY
 A TRUCKIN’/ROCK’N’ROLL GYPSIES ※
 B どうしようもない恋の唄/人間クラブ
 C 可愛いアノ娘/山善バンド ※  
 D SPELL BOUND/DARKSIDE MIRRORS
 E HAPPY HOUSE/SHEENA &THE ROKKETS
(F JAPANIC/ SHEENA &THE ROKKETS)
 
  ※音源提供をしてくれた友人に深謝!
  
   そして、番組に遊びに来てくれたリスナーに感謝!





そういえばジャズ番組なんですけどね。

好き勝手しちゃってスミマセン。



2008/8/11

癒しの時間  LIFE




↓ 疲れ果てた私を癒してくれるヒト。





クリックすると元のサイズで表示します





 とか、






クリックすると元のサイズで表示します





とか、結構キュンとします。





携帯開くたびに言葉が変わるので面白がっていると、

 「携帯ばかり見てないで、仕事をしたらどうだ?」

って叱られます。 鹿に。



いいじゃん、夜中の2時なんだし。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ