2008/4/6

災難続き  LIFE




今日は個人的な泣き言なので興味無い方はスルーの方向で。

  ・
  ・
  ・

2ヶ月ほど前から歯医者さんに通いはじめ、
メンテナンスの流れで親不知を2本抜くことになりました。

まっすぐ生えている左上と、真横から生えている左下。


・・・隣の歯が圧迫されて可哀想なことになっとる。



クリックすると元のサイズで表示します



ラジオ初仕事の翌日に左上の親不知を抜いたところ
特に腫れることも痛むことも無く済んだので、
先生が抜歯してくれるなら大丈夫♪と思っていたのですが、

 「左下は外科的処置になるので歯科大に紹介状書きます」

そう通告されて絶句した私。 

大口開いたところを大勢の学生に見学されるかしら。
きっと、ものすごく痛いことされるのに。(涙)



紹介状を受け取りに行く予定になっていた日の朝、
治療対象になっていなかった右上の歯が突然欠けました。

左上の親不知を抜いた後ずっと右側だけで食事していたので
金属疲労のような状態になってしまったのでしょうか。
固いものを食べていたわけではないので
歯そのものが弱くなっていたのかも知れません。
(骨粗しょう症とかだったらヤだなぁ)

紹介状を受け取るだけのつもりが応急処置になり
とりあえず普通の食事が出来るようになったので、
歯科大に行く前に美味しいものをたくさん作ろうと
食材を買い込んだのですけど。



ここ1週間ほど風邪っぽい気がするなぁと思って
葛根湯を飲んでいたのですが、
なんだか寒気がするような節々が痛むような。
胃まで気持ち悪いし。

知らないうちに熱が上がっていました。
しかも、久々に胃が激しく痛い。
”十二指腸潰瘍かも”と言われたときと同じ痛さなので
きっと数日は治らないだろうなぁ。

ご飯食べられないのか・・・(涙)

週明けの抜歯予定前日までに美味しいもの食べ納め計画を
いろいろ画策していたのに。



↓結局週末の食事はこんな感じ



クリックすると元のサイズで表示します



↑きっと週明けの食事もこんな感じ





少しくらい、泣いてもいいよね?





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ