2007/12/4

苦しいときの石頼み  dear WOMEN

ふと眼に留まることが増えたり、
無意識に気になって仕方なくなってしまう・・・


ここだけ話すと、淡い恋の始まりのようですね。

私は惚れっぽい自覚があるし
運命にはあまり逆らわない性格なので、
恋の直感は割りと素直に受け入れるようにしています。

相手は、人間ではないことがほとんどですけど。





最近、不思議な石に恋してしまいました。

半透明で一見地味なグレーに見えるのですが、
角度を変えると柔らかなブルー・グリーンに輝く石。


クリックすると元のサイズで表示します


ラブラドライト です。


大好きなジョージ・ジェンセン
1997年のイヤー・ペンダントに使用していたことで
その存在を知ることが出来たのですが、
派手さが無く物静かに美しい色と輝きは
一目見た私を虜にしてしまいました。


ジョージ・ジェンセンのファンになってから、
半貴石についていろいろ知りたいと思うようになりました。

特に気になったのは、
石が持っているエネルギーの意味です。

 眼に留まって心に残る石は、
 ”必要としているエネルギーを授けてくれるもの”
 なのではないかしら・・・

そんなことを考えながら調べていくと、
こんなページを見つけました。

半分くらい当てはまってるかも。


私は占いにはあまり興味を持っていないのですけど、
縁を感じる自然のエネルギーには惹かれることが多いです。
(花言葉も好き)


以前、会社の友人がしていたターコイズの指輪が気になって
話しかけてみたところ、

 「ターコイズは旅人のお守りなんだって」

と答えてくれたことがありました。

彼女はバッグ・パッカーで世界中を渡り歩いたことがあり、
そのときのお守りとして持っていたものらしい。

なんだか素敵な話だなぁと感じたのを覚えています。


自分に必要なものには縁が繋がるように出来ている、
そんな風に考えると人生って楽しい気がしてきます。



・・・とかいろいろ言ってきたけど、
アクセサリーとして美しいことは絶対条件ですね。

デザインにも心をくすぐられるような素敵な石と
出逢えたらいいなぁと思います。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ