2007/5/30

検査結果  dear WOMEN

乳がん検診、おかげさまで悪性腫瘍ではないことが判明しました。
ご心配してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

イイ年になると、定期的にガン検診に行ったほうが良さそうですね。
それで安心が得られるなら損はないと思います。(面倒ですけど)


今回のマメ知識は、
「マンモグラフィでの検査は痛い!」ということです。

でも大丈夫。
何も知らずに行くと貧血起こしそうなほど痛いですが、
あらかじめ分かって覚悟しておけば我慢出来ない痛さではありません。
「そういうもんだ」と思って検診受けてみましょう。

幸い私は、知人のブログにあった
「無茶苦茶痛かった(涙)」という記載を読んでいたので、
かなり憂鬱になりながらも痛みに対する覚悟が出来ていました。
これのおかげでだいぶ助かったように思います。


嗚呼。
でも病院にお世話にならずに済むなら、
それに越したこと無いよなぁ。。。(←今回の本音)



2007/5/29

美しいひと  PERSON

彼女の歌声は、
いつでも、いつまでも聴くことが出来ると思っていました。

テレビで、街の中で、
特に意識しなくても、穏やかな風のように耳元を撫でる歌声でした。

耳にする機会が増えると「あ、新曲出たのね」と思ったり。

私は彼女の作品を聴き込んでいないので語る資格は無いけれど、
彼女のこと好きでした。

とても素直だけど、しっかり個性のある歌声だったと感じます。
声を聴いただけで誰だか分かるというのは、本当に素敵。


これからもずっと居る人だと思っていたから、
突然居なくなってしまったことが信じられません。

今はただ、ご冥福をお祈りするばかりです。


涼やかで美しくて歌声の綺麗な女性でしたから、
神様が傍に置いて歌わせたくなったのでしょう。

ワガママで気まぐれだもんなぁ。。。神様って。



2007/5/26

久々の同窓会  LIFE

北海道に赴任していた悪友が1年ぶりに帰って来たので、
それに合わせて学生時代の友人が数名集まることになりました。

その悪友は夏から海外での仕事に変わるらしく、
出国前の里帰りということだったようです。


 「見知らぬ国で暮らしてみたい病再発!」

などというフザけたメールが先月末に届いており、

 「8月からカリブ海の島国で2〜3年暮らします★」

などというフザけた内容が記載されておりました。


その昔は堅気の会社員だった彼ですが、
数年前に中米で生活してからすっかり人生が変わり、
今では日本語みたくスペイン語を操るラテンなオトコになりました。

本当に自分の身一つで世界を渡り歩けるヤツなのだなぁと思うと、
結構本気で羨ましかったりします。

土産話持って無事に帰って来やがれ。



この日集まったメンバー、かれこれ四半世紀のつきあいなんですよ。

なんだか学生時代から変化無いように感じるのは気のせいか?

”落ち着いたオトナになる”という選択肢は、
私たちの人生には存在しないんじゃなかろうか。。。いや、マジで。



2007/5/25

検査経過  dear WOMEN

一昨日注射針を刺された場所が打撲のように青黄色くなっていました。
場所が場所だけに大きな声では言えませんが、ものの憐れを感じます。

細胞組織を採取したときには局所麻酔を打たれていたので
気が付かなかったのですけど、
実は結構イタイことをされていたのだということに
麻酔が切れてから気が付きました。

お医者さまと一緒にエコー画面見ながら
「麻酔打つと針刺しても痛くなくなるもんなんですね〜★」
なんて呑気にお話している場合ではなかったです。


結果が出るのは1週間後。

のんびり待つことにしましょう。



2007/5/23

初めての検査  dear WOMEN

ちょうど2週間前、
乳がんと戦う20代の女性がテレビに出演していました。

病気が発覚したときには絶望した彼女でしたが、
手術は無事成功し、数年たった現在も再発せず、
今は普通に生活しているとのこと。

発見さえ早くできれば完治可能な病気であることを
強く訴えかける内容でした。



”私も検査行ってみようかなぁ”
などと呑気に考えながら、何の気なしに自己診断してみました。

 あれ?
 何かある?

気のせいかなぁと思いながらもう一度触ってみると
やっぱり、しこりがある。

うわ、どうしよう・・・(涙)


丸2日様子を見たのだけど少し痛みが出てきたので、
とりあえず近くの病院に行くことにしました。

エコー検査だけということであまり警戒してなかったのに、
患部にブローブを押し付けると無茶苦茶痛い。
しかも直径1センチほどのしこりが不気味に写ってるし。

結局、10日後に総合病院で再検査ということになりました。


エコー検査の後数日間は痛みと微熱と虚無感に悩まされました。

家から一歩も出たくないし人とも会いたくない・・・

たいしたことないのか重病なのか、
検査が終わるまで何も分からないまま過ぎる時間が苦痛でした。



そして、今日が総合病院での再検査。

初めてのマンモグラフィーは噂どおりの激痛で(一瞬だけど)
人によっては貧血起こして倒れたりするらしい。
(私の前の人が倒れてた・・・おいおい)

改めて撮影したエコーでもしこりが写っていたので(しかも2箇所)
細胞組織を抜いて検査をすることになりました。
胸に注射針刺されたのは初体験だったわ・・・

詳しい結果は来週分かるのですけど、
担当医の見解としては「9割9部悪性腫瘍ではないと思います」
とのことだったので、ホッと一安心ってところです。


この2週間、良くないことばかり頭に浮かんで疲れました。。。

今日は久々にゆっくり眠れそうです。


ここをご覧の女性の皆さま、是非検査受けてみてください。

あ、男性も乳がんにかかるので他人事と思わないように。



2007/5/20

LIVE終了  音楽

SWEET NOTHINGS TOUR<vol.7>、
おかげさまで無事終了しました。

県外での初ツアーどうなるかと思いきや、
とても楽しかったです。

地元熊本市のお客さま、スタッフの皆さま、
本当にありがとうございました!


次は大分に行って参ります♪



2007/5/15

5月病?  LIFE

先週から体調が不安定だったので近くの病院に行ってみたところ、
ちょっと問題が見つかって総合病院で検査を受けることになりました。

早くスッキリしたいのだけど、来週半ばまで検査の空きが無いとのこと。

それほど心配はいらないだろうと思いながらも、
検査が終わるまで不安が拭いきれないのがシンドイなぁ。。。

そういえば2年近く健康診断受けてなかったから良い機会かもね。

落ち着いたら笑い話に出来ることでしょう。



早いもので、今週末は熊本でのライヴです。

体調整えて、楽しまなくっちゃ。



2007/5/9

純文学に浸る  文学

連休中に、こんなテレビ番組を観ました。



川端康成、インタビュー映像残ってるんだなぁ。

対談の相手が、三島由紀夫っていうのも感慨深いなぁ。

どちらも劇的な人生を送った作家だということしか知りません。

映像で出会ったふたりの文豪は
美しい日本語で穏やかに語らう、自然体の紳士でした。



教科書で名前を覚えた作家は敷居が高くて(お勉強苦手だったから)
名作と呼ばれる作品をほとんど読んだことがなかったのですが、
それではあまりにも人生損だと思うようになりました。


思い立ったが吉日。


まずは、ノーベル文学賞を受賞した『雪国』から。



クリックすると元のサイズで表示します



絵画を言葉で表すような美しい文章を書く作家だったのだなぁ。

細やかな描写を頭の中で思い巡らすと、
映像のように迫ってくるから不思議。

内容は学生時代に読んでも理解出来なかっただろうけど、
(男女の関係にはいろいろあるって意味で)
今の自分には「そんなこともあるのだなぁ」だと感じます。


年齢を重ねるって、そういうことなのかな?

少しは成長出来たかな・・・


学生時代に敬遠していた作品が成長のバロメーターになるなんて
何だか面白い気がしますね。





タグ: 川端康成 雪国

2007/5/7

ダメ男三部作  音楽

テレビ番組『saku saku』で放送された、

「みんなでうたおうZ」を一部ご紹介したいと思います。

本当はテレビ放送を観ていただくのが一番良いのだけど、

とりあえず雰囲気だけでもお伝えしたくて。


下のリンクをクリックすると突然音が出ますので、

くれぐれも職場などでの閲覧はお気を付けくださいませ。


 @ 三島のうた

 A 伊豆の国のうた

 B 伊豆(市)のうた


個人的に特に気に入っている三部作です。

お楽しみいただけたら嬉しいなぁ。


こんな感じの歌を毎週作り続けている黒幕さん

実は結構本気で惚れてます。。。



2007/5/6

みんなでうたおうZ!  音楽

連休最後の日、
買ったまま観ていなかったDVDを観ることにしました。

映画やライヴに集中する気力が無かったので、
癒しも兼ねて音楽バラエティにしました。





音楽 ・・・ なのか?





クリックすると元のサイズで表示します





『saku saku ver.3』です。





『サクサク』にかこつけて3/9に発売されたこのDVD、
テレビで放映されたものから厳選されたトーク集や歌が満載の
たいそう面白い作品でした。

中でも特典映像として入っている「横浜18区アンソロジー」
秀逸としか申し上げようがありません。

あらゆるジャンルが盛り込まれた曲調の多彩さと
ドラマティックな歌詞の方向性には感動さえおぼえます。
(メインはあくまでも”ご当地ソング”なのですけどね)


番組で毎週発表されるご当地ソング・コーナーの名称は
『みんなでうたおうZ』です。

うた作ってる人物は、真の音楽好きだと思うなぁ。。。


このDVD、プレーヤーの中に入れっぱなしにすることにしました。

心が疲れたときはいつでも観られるように。(ばく)







実は4月からの番組改編で、『saku saku』本放送を
毎日観ることが出来なくなってしまいました。
週に1回だけ放送して何になるというのだ〜!?
朝のテレビは殺伐としたワイドショーばかりで精神衛生に良くない。
憩いのお弁当製作時間を返して・・・(涙)


『saku saku』ホームページはこちら



2007/5/5

旅の終わりに  LIFE

クリックすると元のサイズで表示します



小泉八雲が住んでいた家を訪ねてみました。


日本人以上に日本を愛してくれた外国人作家が
どんな生活を送っていたのかが垣間見えて
とても心豊かな時間を過ごすことができました。

怪談の印象ばかりが強いけど、
他の作品もゆっくり読んでみようと思います。

最近、ちょっと『純文学読みたい症候群』っぽいので
この機会を生かせたらいいなぁ。



2007/5/4

「美の教室」にて  美術

モナリザになってみました。



クリックすると元のサイズで表示します



顔の角度が甘すぎる。。。


でも、ちょっと楽し★



「美の教室」の校長先生は、森村泰昌さん
約40分の間、ヘッドフォンで彼の講義に耳をかたむけました。
作品の製作過程を本人の声で聴くことが出来るって、
とても素敵な経験でした。

講義終了後には卒業試験があって、
それをクリアすると修了証がいただけます。
おぉ、賞状いただいたのなんて何年ぶりだろ♪


森村泰昌さんのホームページはこちら



2007/5/3

旅人になる  LIFE

クリックすると元のサイズで表示します


日常を忘れて、小さな旅に出ることにしました。

母が退院して一緒に生活するようになったら、
気ままな外出を楽しむ時間は持てなくなることでしょう。
(それはそれで、幸せなことかも知れません)

母が病院に居る間だけ、ちょっと息抜き。

どんな旅になりますことやら・・・


タグ:

2007/5/1

5月のカレンダー  写真

クリックすると元のサイズで表示します
(写真・石亀泰郎さん)


5月のカレンダーは、人間とヤギの子ども。

抱き上げられなくて覆いかぶさってるけど、大丈夫?

ヤギのお母さん、心配して困ってる。。。


写真家・石亀泰郎さんのホームページはこちら





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ