2007/3/31

いろいろお知らせ  音楽

=ライヴ決定しました=

〜Sweet Nothings Tour〜<vol.6>

4/7(土) 開場19:00/開演1部20:00・2部21:00 チャージ1500円
『DREAM BOAT』 Tel.092-713-4233
福岡市中央区赤坂1-11-17ウィングアネックスビル4F
http://homepage1.nifty.com/dreamboat/
料理の美味しいお店です。
お腹をすかせて遊びにお越しください♪



=メールマガジン始めます=

★4/1 TRIUNITYのメールマガジン
【TRIUNITY News】創刊します。

お申し込みはTRIUNITY Web より受け付けております。

Live、Eventの告知、HPの更新情報、
その他メンバーのコラムなどもおりまぜて随時発信していく予定です。

皆さまのご登録お待ちしております♪


2007/3/29

MY BEST BALLAD  音楽

何年か前、音楽仲間の掲示板でこんな話題が出たことがあります。

 「一番好きなバラードは何?」

それぞれが思い思いの曲名を挙げていたのが印象的だったのですが、
他の人の推薦曲にも興味を示した書き込みが続いて
盛り上がった雰囲気がとても微笑ましかったことを覚えています。


その時に私が推薦したのは、
ROD STEWART の 『ANGEL』 という曲でした。


クリックすると元のサイズで表示します


とても穏やかな優しい曲。

美術部だった学生時代、
この曲を聴きながら絵の構想を練っていたことを思い出します。

でも、聴いてると手が止まっちゃう。

この曲を聴いてるときは、何もしたくないの。

体操座りして、ただ静かに耳を傾けていたいと思ってしまう・・・


というようなコメントを書き込んでいると、
音楽仲間が返事を付けてくれました。

 「それって、JIMI HENDRIX の曲だよね?」

おっと、それは知らなかった!

実は、ジミ・ヘンドリクスのアルバムを聴いたことが無かったのです。
有名な数曲を知っているだけ。
ミュージシャンとしては恥ずかしい限りですが、
何から聴こうと迷っているうちに長い月日が経ってしまいました。

ごく最近になって、とある偶然から
やっとオリジナル・ヴァージョンを聴くことが出来ました。


あぁ、やっぱり素敵な曲だ。。。


聴き比べると、ふたりの違いがよく分かる気がします。

ロッド・スチュワートこそ、
ヴォーカリストの中のヴォーカリストだと感じます。
マイクを握ってステージに立ち、
たったひと声発するだけで観衆を魅了してしまう。
彼の歌声は世界遺産に指定しても良いと思うほど好き。
(ライヴに行って生の歌声に痺れました)

ジミ・ヘンドリクスは、ギタリストの中のギタリスト。
彼の完成された繊細で大胆なギターの音には
ギターのことをまったく知らない私でも心が震えます。
揺ぎ無いギターの音に反して、歌声が素直でシャイなところも好き。
どんなに歌が素敵でも、
彼の本職はギタリストなのだと分かる気がする。


さて、そんな最高のミュージシャンたちが歌った 『ANGEL』 、
興味が湧いた方は是非聴いてみてください。



ところで皆さま、一番好きなバラードは何ですか?



ロッド・スチュワートのジャケット写真をクリックすると
曲の一部が試聴できます。
このアルバムは、キャロル・キング 『NATURAL WOMAN』 の
カヴァーなども収録されているバラード集の傑作です。

ジミ・ヘンドリクスの試聴は、こちらへどうぞ。


  


この話題にたどり着いた縁が
実は九州国立博物館の絵画展だったというのが何とも不思議。
(詳しくは、こちら



2007/3/20

探し物見つかりました!  音楽

『プライスコレクション・若冲と江戸絵画』

九州国立博物館での展示は終わってしまいましたが、
次は愛知県立美術館で4/13〜6/10に開催されるそうです。

この展覧会は、
日本人としてのアイデンティティを高めてくれることでしょう。

まだご覧になってない方は是非行ってみてくださいね!





展覧会の広告媒体として大きく取り上げられた作品が、

伊藤若冲 『紫陽花双鶏図』 でした。







クリックすると元のサイズで表示します
(写真提供:九州国立博物館)







この絵を 劇的に引き立てるために 

貴方なら どんな音楽を使ってみる?







展覧会のテレビCMを初めて観た瞬間の驚きは忘れることが出来ません。


『紫陽花双鶏図』 の背景に流れていたのは、

和風の香り一片すら感じさせない、

あまりにもサイケでエキセントリックなギターの音でした。





クリックすると元のサイズで表示します





JIMI HENDRIX だったのです。





江戸絵画と、ジミ・ヘンドリクス 。

快感さえおぼえるような異色の組み合わせ。

結びつけた人物は天才かも知れん ・・・





こちらで試聴できます。

9曲目 『BEGINNINGS』 ね。
(CMで流れていたイントロ部分聴けないのが残念だけど)





お忙しい中、曲を調べて丁寧にお返事してくださった
九州国立博物館のNさん、本当にありがとうございました!



2007/3/14

月の光に魅せられて  dear WOMEN

ここを読んでくださっている方は
どんなアクセサリーがお好きですか?


私は最近、とある銀細工の工房に恋しています。

貴金属や貴石に対する思い入れはもともとあまり無いので、
”作品”と言えるような美しさを求めていたのでしょうね。


先日、この工房で造られたピアスを買いました。
憧れの女性職人の作品です。

美術館のコレクションを観るような気分でお店に入り、
そのピアスの奥ゆかしい美しさに溜息をつきながら手にとって
そのまま手放せなくなってしまいました。

数年前までは同じデザインのイヤリングも作っていたのですが、
現在は製造中止とのこと。



ピアスホールも開けてないのにどうする気だ?



はい。



イヤリングに改造してもらうことにしました。

納期1ヶ月で1万円以上かかると言われましたが、承諾しました。

欧米はピアスが主流なのですね・・・

私はピアスにする気がまったく無いので、
そのせいでデザインの選択に制限が出るのはちょっと残念。

でも、出来上がるまでが楽しみになりました。
手元に届いたら写真を載せたいと思います。



工房の主は、銀を『月の光』に例えたそうです。

柔らかで繊細な輝きと曇りは、確かに月に似ている気がします。


 「そう言えば、曇ったままの銀のアクセサリーがあったなぁ」


ふとそんなことを思い立って、磨き剤を買いました。

磨いてみると、本当に雲を拭った月のよう!


クリックすると元のサイズで表示します


本気で愛せるものを身に着けると心躍りますね。

イヤリング、楽しみです。。。



2007/3/13

探し物は何ですか?  音楽

今年に入ってからずっと心をときめかせていた音を探しています。

(正確には、ある方に調べていただいているのですが)

今日調査の途中経過が入って、ちょっとワクワクしています。

答えが分かったら、こちらで紹介しますね♪


極彩色のような音、もうテレビでは聴けないと思うと残念。(謎)



2007/3/12

瞳の健康  LIFE

去る3/3、福岡市でのライヴで心地良く酔っ払っていた私は、
北九州市まで戻ってメンバーが解散した地点で
コンタクトレンズ(ハード)を片方無くしてしまいました。

裸眼視力0.01の超ド近眼の私には
コンタクトレンズ無しの生活は考えられません。
現在のレンズに換えてから数年経っていたため、
以前と店舗やメーカーを変えてみることにしました。


使用中のレンズをチェックしてもらってびっくり。

 「視力矯正強すぎますね。
  このまま使い続けると、近くまで見えにくくなりますよ」

え゛、そうなの!?

健康診断のたびに1.5まで見えるの不思議だったんだけど、
ダメなんじゃん!!


というわけで、視力しっかり合わせてもらいました。

今までよりだいぶ見えにくく感じるけど、
それでも1.0見えている・・・

ということは、
今まで見えなくてもいいものがいっぱい見えてたってことなのか?
そうなのか??


・・・新しいレンズが心地良いです。



http://www.melsplan.com/tvcf/index.html


 「人生何が起こるか分からない」

何とも言えない危機感を煽るテレビCM、結構面白かったです。

特に、2002年7月〜2003年11月放送分の『心配ごと。編』。

(ほんとは墨汁ヴァージョン(謎)が好きだったんだけど)


クリックすると元のサイズで表示します



2007/3/10

江戸の先端、今も先端  美術

ずっと観に行こうと思っていた
『プライスコレクション・若冲と江戸絵画』
最終日前日になって、とうとう行くことが出来ました。

伊藤若冲という奇才の作品を中心とした大規模な江戸絵画コレクションです。
これが個人の収集だなんて、
収集家プライス氏の審美眼の高さに驚かされます。

クリックすると元のサイズで表示します

今まで映像や印刷物でしか観たことの無かった作品たちが持つ
本物の迫力を思い知りました。
溢れんばかりの人波が気にならなくなるほどの名作揃いでした。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代の絵画に、
エキセントリックという言葉がこれほどマッチしようとは・・・

”繊細にして奇抜”という売り文句どおり、
江戸時代の画家たちの鋭い観察力と大胆な表現力に圧倒されました。
そして、並外れた想像力にも。


印象に残った絵のことを熱く語りたい気もするけれど、
まずはどんな作品が集まっていたのか観ていただきたいと思います。

「若冲と江戸絵画」展 公式ブログフォトライフ は、こちら

たかが画像と言うなかれ。。。
ツボにはまる絵を見つけたら、きっと鳥肌たちますよ。

そして、絵のことが少しでも知りたくなったら、
九州国立博物館のホームページ をご覧ください。



昨年放送したテレビ番組で初めて江戸絵画のことを知った私。

こんなに短期間で実物と出逢えるなんて、思ってもみなかったわ。



(文中の写真は九州国立博物館の許可を得て掲載しています)





2007/3/7

人生初  LIFE

地鎮祭なるものに参列したのですよ。


2月最終週明けに何とか荷物を運び終え、
長年住み慣れた実家を解体しました。

解体中に不用意に見学に行ってしまい
かなりセンチメンタルになってしまったのですが、
あとはもうプロフェッショナルにお任せするのみ。。。

これからの人生を母と一緒に過ごします。

家が完成するまでしっかりリハビリしといてな、母。


2007/3/3

LIVE終了  音楽

SWEET NOTHINGS TOUR<vol.5>、
おかげさまで大盛況のうちに終了しました。

中洲なんて大都会での初ライヴ。。。
どうなるかと思いきや、とても楽しかったです。

遠くから遊びに来てくださった皆さま、
久々に再会できた福岡市の旧友たち、
トゥペロのスタッフの皆さま、
本当にありがとうございました!


クリックすると元のサイズで表示します



2007/3/1

3月のカレンダー  写真

クリックすると元のサイズで表示します
(写真・石亀泰郎さん)


3月のカレンダーは、迷子のアヒルと子どもたち。

よく見ると同じ表情なんだな。。。

アヒルの子どもの方が、ちょっとばかり偉そう?


写真家・石亀泰郎さんのホームページはこちら



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ