2006/9/18

CALL ME  LIFE

台風一過。

見事過ぎるほどの一面の青空。

台風の爪痕が激しく残る街並を歩いて回りました。


クリックすると元のサイズで表示します
 ↑「やれやれ・・・」という面持ちで撤去作業を見守る某観光地館主像





目的地のすぐ傍で、ある建物に視線が釘付けになりました。


クリックすると元のサイズで表示します


何て不思議な建物!

引き寄せられるように、近くまで行ってみました。


クリックすると元のサイズで表示します


建物の入り口付近には、何種類かのレリーフが有りました。

特に好きだったのは、雨のような、涙のような、美しいレリーフ。



 「ご自由にお入りください」 って、小さな看板・・・



そう、ここは教会だったんです。

それが分かった瞬間とても穏やかな気持ちになって、中に入ることにしました。


クリックすると元のサイズで表示します


誰も居ない祭壇に、静かに手を合わせてきました。

キリスト教系学生時代の厳粛さが蘇るような、不思議な気分を味わいました。



たくさんのステンドグラスで一番好きだったのが、花のような形のもの。

上の建物外観にも写っているので、探してみてくださいね。





クリックすると元のサイズで表示します


今回の旅で、大好きになった建物。

昼と夜ではまったく表情が違ってて、私は夜の顔が好きになりました。

水辺の上の渡り廊下はカフェなんです。 素敵でしょ♪


クリックすると元のサイズで表示します





『引き寄せられる運命』 みたいなもの、感じることが出来た良い旅でした。


すっかり、リフレッシュです。(笑)






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ