2006/6/8

ROBERT CAPA  写真

クリックすると元のサイズで表示します




ロバート・キャパ



彼が見つめていたのは、常に『人』でした。

どこに居ても、視線の先が変わることはありませんでした。

街角でも、戦場でも。


世界一の報道写真家がどれほど人を大切に思っていたかは、
彼の写真を見ればすぐに分かります。


報道は、命と真実を真摯に見つめるものであって欲しいと切に願います。

彼の遺したものの意味を考えるたびに感じることです。



http://www.magnumphotos.co.jp/ws_exhibition/carcolor_2.html
6/12(月)まで大丸神戸店9階で、キャパの写真展を開催しています。
60年前にキャパが残した貴重なカラー写真の数々が観られます。
お近くの方は是非足を運んでみてください。
・・・ 私も行きたい(涙)





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ