2005/10/28

素敵なヴォーカリスト  音楽

クリックすると元のサイズで表示します

先日観に行ったライヴでゲスト出演されてたヴォーカリスト、Yさん
低めのハスキーヴォイス、歌ってるときも話してるときも『大人のオンナの余裕』って感じで色っぽかったのですよ。

ライヴの合間にいろいろお話が出来ました。
ジャズを歌う方に対してずっと感じてた素朴な疑問の数々を伺ったところ、ひとつひとつ丁寧に答えてくださいました。
本当に楽しいひとときでした。

たくさんの素敵な人に出逢えて、私はどんな風に変わっていけるのかな・・・


2005/10/27

毎度 SWING DAY  音楽

練習のときって、無意識に全パートの音を耳に入れながら歌っているようです。

イイところで絶妙な音が来ると「カッコイイやん★」と思いながら歌うのでノリが良くなるし、勘の良いメンバーは私のノリを感じ取ってくれるのでバンドもヴォーカルも一緒にSWINGIN'な演奏が出来ちゃう、と良いこと尽くめなのですよ。
(ただし、どちらかがつまづくとお互いボロボロになってしまう危険アリ)

良くも悪くも影響し合っている『バンドとヴォーカリスト』の関係・・・
気持ちイイ演奏が出来る頻度を増やしたいなぁと心から思っています。

そこにたどり着くためには、まず自分の澱みを払拭しないとね。

はい。
楽しみつつ、練習にいそしむことにしましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

2005/10/26

今や追っかけ♪  音楽

ここ1ヶ月のブログではすっかりおなじみ、
NEW SKYLARK JAZZ ORCHESTRA ライヴ行って来ました。

この日は心配なハプニングが起こってしまったのですよ。
ファーストステージ終了後、バンマスが救急車で運ばれてしまったのです。
内視鏡検査を受けて疲れた体のままステージに上がっていて気分が悪くなったらしいの。

こんなハプニングは、出演者と客の枠を超えてその場に居る人々の心をひとつにするのね。
病院から「順調に回復してますよ」の連絡を受けた後のセカンドステージは異様に盛り上がりました。(中止にならないところがスゴイ)

お客さんの中にアルトサックスプレーヤーであることをメンバーに知られてしまっている女性が居て、「大丈夫、大丈夫★難しくないから♪」とかメンバーに騙されながら最後の曲まで手伝わされていました。(お気の毒)

クリックすると元のサイズで表示します

高年齢をネタにしていらっしゃるニュースカイラークの皆さま、くれぐれもお体大切になさってくださいね。

何せ『追っかけ』ですもの、楽しいライヴを続けていただかないと困っちゃうわ。

クリックすると元のサイズで表示します
森口さん(写真右)、早く帰ってきてくださいね。



2005/10/25

今更不良娘  

最近、『夜遊び願望』なるものが出てきました。

独りで夜の街にフラっと出掛けて、気が済むまで遊んでしまいます。

イカン。完全に不良娘や。イイ歳やのに、どないしょ。


夜の街とは申しても、徘徊したり酒浸りになってるわけではありませぬ。

とっても楽しい場所を見つけてしまったの。


そこは宝石箱のような場所。

蓋を開けると、ワクワクするような輝きで満ちている・・・

時間を忘れる魔法にでも掛かったように居続けたくなる場所なのよ。


そんな場所に出逢えて、今はちょっと幸せ。

だから、夜遊びゴメンナサイ。


2005/10/23

WONDERFUL LIVE  音楽

ビッグバンドでご一緒しているヴォーカリストのライヴに行って参りました。

素晴らしいミュージシャンに囲まれて活き活きと歌ってる姿は、今まで知っている彼女とは一味違う雰囲気。
それもまた素敵でした。


そういえば彼女も進化を止めない人。

ステージごとの反省をいつも心に持っているところ、本当に尊敬します。

そして、年下で経験の浅い私をいつも気に掛けてくれてるの。

彼女を見てると、本物の大人の女性は可憐なのだなぁと感じます。

素敵な大人が身近に居ると、年を重ねることが楽しくなる気がするのよ。


クリックすると元のサイズで表示します


2005/10/22

毎度 RECORDING  音楽

新曲第4弾、歌録り終わりました。

それと同時に【TRIUNITY】1st.アルバムのヴォーカル録音は千秋楽を迎えることとなりました。(歌関係全部終わったよね?ね!?)

楽器の録音があと少し、その後ミックス・ダウン ・・・ ここをクリアすればアルバム制作の音に関する部分が終わります。

音以外のことも動き始めました。


アルバムの完成、楽しみにしててくださいね!


クリックすると元のサイズで表示します
歌録りを終えて安堵のあまりコワイ顔になってるヒトの図



2005/10/20

毎度 SWING DAY  音楽

ハーモニーを奏でるためには、個々の意識が必要なのですよ。

音程・リズム・呼吸を合わせることがどれほど大切か、皆が同じように感じられるようになるといいな。


最近、ハーモニーとリズムの基礎練習を取り入れるようになりました。

いいバンドになるために、もっと上手になりたいです。


クリックすると元のサイズで表示します
トロンボーンの隣で練習に参加中


2005/10/19

道のりは続く  音楽

新曲第4弾のベース・レコーディングが終了しました。

前回フレーズを固めていた分、早い作業となりました。

良かったね♪



↓ 不安なフレーズは事前におさらい風景
クリックすると元のサイズで表示します


そして今週末は、歌入れ頑張ります。




2005/10/18

新曲第3弾  音楽

『 Myosotis(ミオソティス)〜君に贈る花〜 』


私たちにとって、とても大切な曲になりました。

どうぞお聴きください。

よろしければ、どんなことを感じたか教えてください。

【TIRUNITY WEB】で、お待ちしています。




クリックすると元のサイズで表示します


レコーディングの後、こんなものを見つけました。

本物の勿忘草を永遠に残そうと思った人が作ったんでしょうね。


2005/10/17

歌の心は切なくて  音楽

以前ライヴで共演した甲斐さんが、ソロプロジェクトを立ち上げました。

数日前に紹介した BOOBY MAKER です。
彼らが合格したオーディションの模様はこちらでご覧になれます。
KITA-Q MUSIC オーディション エントリーNo.10


オーディション演奏曲をはじめ、3曲が収録されたCDが発売されました。
(詳細はこちら

購入希望のメールを送ったところ居住区が近いことが判明したので、ご本人が手渡ししてくださることになったのですよ。

ライヴ以外の日にミュージシャン同士で話せる機会ってなかなか無いんですけど、この日は少しゆったりした気分で音楽話に花が咲きました。


話をしていて感じたのは、彼がひたむきに音楽に接していること。
ライヴでもCDでもそれがよく現れていると思います。

今回のCD、とても好きな曲があるの。 『あなた』って曲。
男性が女性の言葉で歌う歌詞は情緒があって好きです。
女性が歌っても、この切なさは表現できないでしょう。
とてもいい歌です。是非聴いてみてください。


クリックすると元のサイズで表示します

2005/10/16

REAL SWING DAY  音楽

ジャズバンド、某お祭りに急遽参加です。

炎天下、耳を傾けてくださったお客さまに心から感謝いたします。

この時に演奏したスタンダードが実は50年近く前のシャンソンから由来した曲だったとは・・・演奏終了後に教えに来てくださったお客さま、本当にありがとうございました。
こんな嬉しい出来事があるから、ライヴは止められない!


クリックすると元のサイズで表示します


ところで、この日。
見渡す限り、雲ひとつない快晴だったのよ。
秋晴れは紫外線がキツイ!
日焼け止め塗ってたけど長時間で追いつかなかったみたい。
真夏の間中しっかり守ったはずの白い肌。
こんなタイミングで手放すことになろうとは・・・(涙)



2005/10/15

今や追っかけ?  音楽

NEW SKYLARK JAZZ ORCHESTRA with LILY
紫川・水上ライヴなのです。

クリックすると元のサイズで表示します

お客さま大入り満員でした。 寒かったけど楽しかった〜!


平均年齢65歳(!)の ニュースカイラーク
バンド暦60年以上(!!)なんてバンマスの元、今現在も進化し続けているという驚異的なバンドなのよ。
そして、このタダモノでないお父さんたちと対等に肩を並べて演奏してる若手美人トロンボーン・プレーヤーも素敵だったりするのね。


 「どこまで上手くなれるか試したい」

 「まだまだ上手くなりたいバンドです」


このMCには涙が出そうなほど感銘を受けました。

ミュージシャンたるもの、年齢・プロ・アマチュア関係なく、こう在りたいもの。



上手くなる、のが目的なんじゃないの。

上手くならないと、表現したいことの幅を狭めてしまうから。



これからも、付いて行きます・・・

クリックすると元のサイズで表示します

2005/10/14

美女を創る楽しみ  dear WOMEN

この日は会社の創立記念パーティーが行われました。


イベント・プログラムの中で『部署対抗!女装コンテスト』なるものの存在を知ったのは会場入りしてからのこと。

同じチームの美人が慌しく「今から化粧に行かないと!」って言うので「十分綺麗やん♪」とか呑気に思ってたら、「私じゃなく女装コンテストの・・・」

なんですと?

面白そうじゃないですか☆
訊いたとたん脊髄反応するように答えてしまいました。

 「手伝おっか?」(←ハートマークたくさん付けて)

 って、一体誰が女装すんの?



その昔メイクの仕事につきたかった私は、半年間ほど某メーカーで勉強させてもらったことがあります。
ヒトサマの顔を美しくすることの、なんと楽しいこと!


会場隅にパーテーションで囲まれた一角は、すでに戦場と化していました。
メイクされている男性の数、その時点で他に6〜7人は居たでしょう。

女装の方向は二分されます。 受け狙い or 徹底的に美しく・・・

私のモデルは、同じ職場でまったく接点の無かったおとなしい若者でした。
彼の瞳を見ながら、こう宣言したことを覚えています。

 「いい? 誰よりも美しく創るから、そのつもりでいてね!」

受け狙いは考えず、”美女を創る”という野望に燃えた瞬間でした。
(傍に居た友人は、私のスイッチが入る瞬間を見たそうです)


彼の顔立ちが持っている一番良い部分を引き出しつつ、手を加えすぎない方向でメイクしていきます。

女装!っていうインパクトは無いかも知れない(←ダメじゃん)、でも近くで見て誰よりも美しいのは、きっと彼。

 「ステージまで歩くときは背筋を伸ばして、エレガントにね!」

何よりも楽しかったのは、メイクをしている最中に彼の表情が変わってきたことでした。
その気になってきた・・・って感じ。 流し目の色っぽいの何のって★

そして何よりも嬉しかったのは、コンテストが終わった後も名残惜しげにそのままの扮装で居てくれたこと。



美しくなるって、幸せなことなんだよね?(今回は方向が違うけど)

おとなしい彼が嬉しそうな顔をしてくれて、お姐さんも嬉しかったよ。





コンテスト同着1位で決戦に残りました!が。
クリックすると元のサイズで表示します
最後に社長好みの美女に負けました。残念・・・

2005/10/13

SWING DAY、そして再会の日  dear WOMEN

10/16に急遽決まったステージに向けて練習です。


↓そして、お片づけ風景
クリックすると元のサイズで表示します



この日は思わぬ友人が練習場に遊びに来ていて、再会を喜び合いました。


バンドメンバーの幼なじみ。
何故かとってもウマが合って、3人で旅に出たこともあります。

よく考えると5〜6年前に初めて逢ってからまだ5回くらいしか顔を合わせてないのに、ずっと昔から友達だったような気がしています。


”一見お姫様のように可愛らしいけど、芯が強くて自分の世界を持っている”


ある意味、私の理想の女性像だな。

私の友人には多いタイプってことは、私好みってことか・・・(←男かよ)



2005/10/12

毎度 RECORDING  音楽

【TRIUNITY】新曲第4段のベース・フレーズ作りなのです。


自分で考えたフレーズをメンバーの前で音に出してみて、他の音との兼ね合いを考えつつ仕上げていく・・・

レコーディングの前には重要な作業と言えるかも知れませんね。

こうして、その曲に合った素敵なフレーズが生まれたりするのよ。

ヴォーカリストとしては何も手伝うことは出来ないけれど、素敵なフレーズが生まれるのに立ち会えるのは結構幸せだったりするのね。


どんな曲になりますか、どうぞ、お楽しみに。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ