2005/9/30

お前ってヤツは・・・  dear WOMEN

【TRIUNITY】、公式で使える写真があまりにも存在しないってことに今更ながら気付きました。

明日は使える写真を撮りに行こう!ってことになったので、「久々に美容院くらい行こっかな〜♪」とか計画してたのだけど。


美容院に行こうと思っていたお金で、つい、新譜なわけでもないCD買っちゃった私って、ある意味『女性失格』だと思う。 ハゲシク思う。


・・・ こんなオンナになっちゃダメよ、ホント。


クリックすると元のサイズで表示します
↑近くのCD屋さんで割引セールなんてやってたもので、つい。

2005/9/29

毎度 SWING DAY  音楽

クリックすると元のサイズで表示します



ピアノを弾いている彼 ・・・



今現在トランペッターなのに、テナー&バリトン・サックス吹かせたら”枯れた色気全開”の名プレーヤー。

この日の練習では、ドラマーが到着するまでの穴埋めもやってたらしいのよ。



マルチプレーヤーって、ほんとスゴイなぁ。


2005/9/28

毎度 RECORDING  音楽

さてさて、新曲第三弾の最終録音です。


クリックすると元のサイズで表示します


写真の2人はヘッドフォンをしてますね?

ヘッドフォンのジャックが足りなくて「何の音も聴こえん!」まま、数時間彼らの傍で見守っていた私って可哀想 ・・・ (仲間ハズレか?)



もうすぐ、皆さまに聴いていただけると思います。

お楽しみに!


2005/9/27

それは、海の青から始まった(後編)  音楽

 (つづき)

山下達郎さんが作成したアルバム 『 BIG WAVE 』

彼のラジオ番組で2週に渡って全曲フルコーラス放送したのですけど、気が付いた時には1週目がすでに終了していたのですね。

「もったいないなー」と思いながら録音しつつ聴いた2週目。
これが私の運命を変えることになったみたい。


レコード世代にはきっとご理解いただけると思うのですけど、A面・B面の観念ってすごく大事だったと思いません?


2週目の放送って、アルバムのB面特集だったのですよ。
このアルバム、B面は某バンドのカヴァー曲だけで構成されていて、放送ではカヴァーと原曲を交互に流していたのでした。


原曲をいくつか聴いているうちに、そのバンドが奏でるハーモニーの美しさにすっかり取り憑かれてしまったようです。
放送が終わってから録音したものを何度も繰り返して聴き込むうちに、深みに嵌っていくような感覚がありました。



↓ それが、この人たち。



クリックすると元のサイズで表示します



山下達郎さんって、筋金入りの THE BEACH BOYS ファンだったのね。

カヴァーのアレンジもさることながら、彼の選曲は素晴らしかったと思います。
本物のファンが選んだラインナップだったと言えましょう。

ビーチ・ボーイズで有名な曲と言えば、『 サーフィン・USA 』とか『 ココモ 』あたりなのかな。
こんな能天気なサーフィン・ミュージックばかりがビーチ・ボーイズだと思ってもらっちゃ困るなぁ。


彼らの音楽的実験が、 THE BEATLES に勝るとも劣らない画期的なものだったと知ったときには鳥肌が立ちました。

”売れる”サーフィン・ミュージックばかり作らされることに嫌気がさしていた話。
ビートルズが発表したばかりの 『 サージェント・ペッパーズ〜 』 を聴いた彼らが、そのクオリティーの高さに衝撃を受けて、自分たちの発表しようとしていた作品をお蔵入りさせてしまった事件など・・・

プライドを大切にしている人の音楽は、聴く側にも本能的に分かるんだろうな。

ビーチ・ボーイズは、今現在も進化を止めていません。

進み続ける人が作るものは、大好きです。



初めて自分でレコードを買って聴こうとした洋楽とは、こんな出逢い方をしたのですよ。

ただ綺麗な海が見たかっただけだったのに、不思議ね。


2005/9/26

それは、海の青から始まった(前編)  音楽

 「洋楽を聴こう!って思ったのって、何がきっかけだったんだろ・・・」


【TRIUNITY WEB】でのプロフィール作りながら”影響を受けたアーティスト”を思い浮かべてたら「この人たち入れないワケにはいかんやろ!」ってバンドを思い出しました。

最近聴いてなかったのですっかり忘れてたんだけど、思い出したら無性に聴きたくなってきちゃった。


そのバンドにたどり着いたきっかけは、↓これ。


クリックすると元のサイズで表示します


ドキュメンタリー映画のサントラ盤だったりします。


映画のポスター見てワクワクしてたのだけど、当時子どもだったため結局映画そのものを見ることは出来ませんでした。

 「海、綺麗だなぁ・・・」

そんな素朴すぎる感想を胸に秘めたまま、ちょっと映画の世界に入ってみたかったことをぼんやり覚えています。



このサントラ盤、山下達郎さんが作成したものなんですよ。

当時LPレコードを気軽に買える身分じゃなかったので、気になる音楽を聴くにはFM放送が頼みの綱でした。

そのことが、後の私の人生に結構な影響を及ぼすことになったみたい・・・



 (つづく、のね?)



2005/9/25

WEDDING PARTY  dear WOMEN

親戚の結婚披露宴だったのです。
彼女が生まれたときのこと、何となく記憶にあるなぁ。
可愛らしい花嫁さんになっておりました。
どうぞ、お幸せに・・・


さて。
結婚披露宴と申しますと、花嫁さんや友人たちが美しく着飾って目にも麗しいものですね。
女性が可愛らしく綺麗で居てくれると心が和みます。

以前『花嫁さん専属カメラマン』やったことがあるのだけど、花嫁さんが美しく作られていく過程を目の当たりにして幸せな経験が出来ました。
花嫁さんの化粧直しに付き添えて写真を撮れる機会なんて滅多にないでしょ?
男性カメラマンなら例えプロでも部屋にすら入れてもらえないので「女性で良かった!」と思えた瞬間でした。
写真の出来上がりも良く、花嫁さんに喜んでもらえて嬉しかったなぁ。

カメラマンの視線で女性を見るのは本当に楽しいものです。
花嫁さんだけでなく参列した女性が綺麗だと、結婚披露宴の格が上がるような気がしてきちゃう。


せっかくのパーティーですもの。
花嫁さんと自分のために精一杯ドレスアップってことで、いかがでしょ?





↓ 久々に『チャラチャラした可愛い服』を着られてご満悦のヒト
クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/24

毎度 RECORDING  音楽

本日は、新曲第三弾の歌録り&ベース・フレーズ作成。


詳しい内容は曲が出来上がってからお話したいと思いますが、とてもいい曲に仕上がりそうな予感です。

個人的には、今までの曲以上に『自分のありのままに』歌うことが出来たような気がしています。


どうぞ、聴いていただける日をお楽しみに。


クリックすると元のサイズで表示します
ベース・フレーズ作成中

2005/9/23

FIRST SONGS  音楽

子どもの頃の記憶の中に、今でも鮮明に覚えている音楽が3曲あります。

多分、幼稚園にあがる前に聴いたんだと思います。 
ちなみに、英語の歌2曲とインストゥルメンタル1曲でした。


どの曲も子供向け番組やCMで使われていたもの。
テレビでほんの何十秒かしか流れなかったので全容は知らないけれど、流れてた箇所だけは『ある意味完全コピー状態』ってくらいはっきり覚えていました。
もちろん歌詞なんて分からないし(英語の存在すら知らなかっただろうな)楽器のことなど知る由もなしって感じだったでしょう。


その曲たちは私の中で細々と、でも長い年月忘れ去られることなく生き続けていたようです。

最近特に、気が付くといつも傍に居てくれるように感じています。

今ごろになって分かる、その影響の大きさ・・・

もしかしたら、自分の未来への暗示だったのかと思うほどです。





どんな曲たちだったか、聴いてくれる?





↓子供向け番組で流れてた英語1曲、インスト1曲
クリックすると元のサイズで表示します
THE BEATLES 『PLEASE, PLEASE ME』

クリックすると元のサイズで表示します
GLENN MILLER 『IN THE MOOD』



↓CMで流れてた英語1曲
クリックすると元のサイズで表示します
HELEN MERRILL 『YOU 'D BE SO NICE TO COME HOME TO』




万が一「あ、何年ごろあの番組で流れてた!」って確信が持てる方がいらっしゃったら、是非とも世代はご内密の方向で・・・


2005/9/22

毎度 SWING DAY  音楽

ジャズバンド、怒涛のステージ・ラッシュだった夏が終わりました。
観に来てくださった皆さま、本当にありがとうございました!


秋・・・と申しますと。
数年前なら『だんだんサボるヤツが増える』季節だったのですが、最近ステージが無くてもほとんどのメンバーが練習に参加しています。
曲を”流し演奏”するだけでなく、ハーモニーやリズムの取り方の全体練習を加えることで、多少心地良い厳しさが漂うようになりました。

そう。
出演予定が無い今こそ、ステップアップのチャンスなのよ。
今練習して少しでも上手にならんでどうする!?ってメンバーが全員が思えるようになったら幸せだと思うなぁ。


私も、今が学び時。





↓ 『枯葉』練習中。秋に聴くこの曲は一段と素敵♪
クリックすると元のサイズで表示します


2005/9/21

MY BLUE HEAVEN  音楽

先日観に行った NEW SKYLARK JAZZ ORCHESTRA のライヴで、大好きな曲を聴くことができました。


 『 MY BLUE HEAVEN 』 ・・・ 聴いてて想い出したのよ。


この曲を好きになったから、私は今ジャズバンドに居るんだな、きっと。


クリックすると元のサイズで表示します
左から 薄さん森口さん種田さん梶原さん





バンドマスターの森口さんは、太平洋戦争中に帝国海軍横須賀基地で軍楽隊員をされていました。


終戦の日、同僚がピアノで聞かせてくれた曲が 『 MY BLUE HEAVEN 』 だったそうです。


 「これからはこんな音楽流れるよ」って。


初めて聴くジャズ ・・・

”敵国”アメリカの音楽を禁止していた時代は終わりを告げました。





森口さんのジャズ人生にとって意味深いこの曲。

ジャズバンドに遊びに行き始めた当時、ジャズのこと何も知らなかった私が「なんか好きかも」と惹きつけられたのも、この曲だったのですよ。

実は日本語でも歌われてて、結構好きだったりするの。

喜劇俳優のエノケンさんとか、フォーク歌手の高田渡さんが歌ってらっしゃるのは聴いたことがあります。

興味がある方は探してみてね!




(文章の一部、毎日新聞の記事を参考にさせていただきました)


クリックすると元のサイズで表示します
グレン・ミラー指揮による 『 MY BLUE HEAVEN 』
お気に入り♪


2005/9/20

at CASABLANCA  音楽

NEW SKYLARK JAZZ ORCHESTRA の皆さまへ 

昨日のライヴ、心から楽しませていただきました。

粋なジャズマン魂、しっかりと受け留めましたよ。

本当にありがとうございました!

クリックすると元のサイズで表示します
左から 川東さん安田さん薄さん森口さん種田さん梶原さん





さて。

『思わぬ出逢いのオンパレード』についてお話することにしましょうか。



会場に入って最前列左端のテーブルに案内された私は、バリトン・サックスかぶりつきポジションに座ることになりました。

バリトン・サックスの川東さんがステージに入り、あまりの近さに目が合ってしまったので会釈した瞬間のこと。


 「あなた、歌ってる方でしょ?」 ・・・ ??

 「あなたのステージ観ましたよ」 ・・・ !?

 「先月の門司港ね、僕、普通に客で観に行ってたんですよ」 ・・・ !!

 「いいライヴでしたねー。懐かしい人もたくさん居たしね」 ・・・ 


素敵な笑顔と優しい口調で話しかけて下さった川東さんの言葉に、嬉し泣きしそうになりました。
ずっと観に来たかった憧れのバンドのメンバーが、自分たちのライヴにお客さまとして来てくださってたなんて。



ジャズバンドの主要メンバーって、横のつながりがとっても強いみたい。

キャバレーやダンスホール全盛期(30年くらい前の話だよ)、このメンバーたちはいろんな会場を掛け持ちしては演奏に明け暮れるような日々を送っていたようなのです。

ウチのジャズバンドにも有名人が結構居たりするのよ。

そして私は、メンバーからそのころの話を聴くのが大好きなの。


クリックすると元のサイズで表示します
ドラム・山田さん (ピアノ・森山さんの写真が撮れなかったのが残念)





話はこれで終わりません。


ライヴが終わって会場を出ようとすると、出口付近に座っていた若い女性(すっごい美人♪)に呼び止められました。


 「私、一緒に演奏したことあります!」 ・・・ え゛!? でも覚えてるぞ!!


ここで会うとは夢にも思っていなかったので一瞬分からなかったけど、彼女は去年のジャズライヴにヘルプで参加してくれたトロンボーン・プレーヤーのLちゃんその人だったのです。

美人のトロンボーンプレーヤーが来てくれてウチのバンドのおとうさんたちみんなゴキゲンさんだったのだけど、彼女の音を聴いたあと真剣な表情に変わったことを思い出します。

・・・ とにかく、カッコイイの。 惚れ惚れするくらい。

楽器を斜に構えた姿も、外見からは想像付かないパワフルな音も、何もかもがカッコイイのよ。(写真撮らせてもらえば良かったなぁ)


今回のことが縁で、彼女の演奏姿を観る機会が増えそうです。



なんか、楽しみが爆発的に増えた気分★

それにしても、世間は狭い ・・・


2005/9/19

敬老の日SPECIAL  音楽

朝から晩まで 『敬老の日づくし』 だったのですよ。

SILVER BOYS(仮) として某福祉センター敬老会に出演し、3曲くらい歌ったところでありがたくも寸志などいただいてしまい(♪)、あげく豪華なお弁当と紅白饅頭までお持ち帰りという『敬老の日万歳★』っぽい午前中を過ごしたわけですね。



そして。

本日は、夕食後にどうしても観に行きたいライヴがあったのです。



↓これ。
クリックすると元のサイズで表示します



NEW SKYLARK JAZZ ORCHESTRA

生粋のジャズマンが集まるとこんな素敵な音になるのかって思いながら、心ゆくまで演奏を楽しませていただきました。



バンドもお店もすっごく良くて、今後は個人的に通うことになりそうです。

思わぬ出逢いのオンパレードだったこと、明日にでもお話しよっかな。





そうそう。

生粋のジャズマンたちのことなんですけどね。



年齢層がかなり高かったりするのですよ。





チケットに書いてある 『敬老の日SPECIAL LIVE』ね、






出演者自ら敬老の日お祝い ってことみたいですよ。





NEW SKYLARK JAZZ ORCHESTRA って、こんなバンド


2005/9/18

中秋の名月に想う  音楽

 U-SAGI USAGI NANIMITE HANERU

 JU-GOYA OTSUKISAN MITE HA-NE-RU ...



この歌、ご存知ですよね? 

『うさぎ』 ってタイトルも素朴で良いな。

私の目の前で歌ってくれたのは、イギリス人の女性ミュージシャンでした。





クリックすると元のサイズで表示します





私の歌姫 EDDI READER です。

昨年夏とうとう念願かなって、福岡ブルーノートで逢うことができました。



彼女、この歌がたいそうお気に召してたようで、しっかりカンニングペーパーを作ってきて歌うという念の入れよう。

月にまつわる少し寂しげで可愛らしい童謡は、言葉が違う国のミュージシャンの心をもしっかりと捕らえていたようです。



・・・おっと。 歌のココロは言葉も国籍も超えてしまうのですね。

なんて素敵♪



↓ EDDI のカンニングペーパー。 セットリストと壁掛け時計も。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/9/17

歌のココロ  音楽

19日の敬老会慰問に向けて、SILVER BOYS(仮)の練習です。

今回演奏するのは『昭和懐かしのメロディー(←適当)』とかで聴くことがありそうな曲ばかり。
何十年も前の歌謡曲だけど、今聴いても純粋に楽しめちゃうほどイイ歌だったりするのですよ。
(ジャズバンドのカラオケ大会で散々聴きなじんでるからか?)

ちょっと前の日本人はこんな曲たちを愛してたんだなぁ、って。
そして、やっぱり私も日本人なんだなぁって感じてしまう・・・



ところで。

演歌やムード歌謡曲には欠かせないのがテナーサックスだったりするのですが、ウチに名手が居るのですよ。

これが、もう・・・演歌のココロをテナーサックスで歌わせたらピカイチなのに、ドラム叩かせたら(自称)アート・ブレーキー張りのジャズ仕様だし、ピアノは楽譜は読めなくても少ない音数でジャズのフィーリングを出しちゃうスゴイ人。現在トランペット修行中。掛け値なしのマルチプレーヤーと申しておきましょう。

彼が森進一さん『おふくろさん』歌メロを演奏すると、テナーサックスの音が森進一さんの熱唱に聴こえてくるから不思議。
(興味を持ってくださる方には是非お聞かせしたい!)

そして、それに大喜びしちゃうメンバーたちは、みんな同じ歌のココロを持ってるんだなぁって思うのね。


↓手前テナーサックスのソロにシビれて大喜びの会長の図
クリックすると元のサイズで表示します



ウチのジャズバンドのメンバーはみんな演歌や歌謡曲が大好き。
POPSやカントリー、ブルースも大好き。
カラオケ行くと、若者が歌うイマドキの曲にも純粋に反応する。
「リズム難しいなぁ!」とか感動しながら普通に聞いてる。
【TRIUNITY】のライヴ観に来てくれたメンバーが「あの曲好き!」って言ってくれる曲は結構ROCKだったりするし。

上は60代後半から下は中学生まで各種取り揃えたメンバーだけど、それぞれのアンテナで、その歌(音楽)にココロがあるかどうかを本能的に感じ取っている気がするのですよ。

音楽のジャンルがどんなに多くても、歌う言葉が違っても、歌のココロは結局のところ同じなんじゃないかしら。


2005/9/16

FLY ME TO THE MOON  音楽

昨日のレコーディングが終わったのが0:30ごろだったでしょうか。


帰り際、愛車のエンジンをあっためながら何気なく空を見上げると、もうすぐ満月になりそうな月が高く昇っていました。


小さいけど光り輝く真っ白な月・・・


あんまり綺麗だったもので、ふと鼻歌が出てきたみたいです。


 Fly me to the moon and let me play among the stars

 Let me see what spring is like on Jupiter and Mars

 In other words hold my hand

 In other words darling kiss me


歌ってて、じわっと嬉しくなってしまいました。

綺麗な月を眺めながら歌える歌を知ってる人生って悪くないなぁ、って。


クリックすると元のサイズで表示します


歌ってる時に頭の中に浮かんでた光景をお話させてね。


去年の夏にジャズバンドで出演した野外ライヴ、台風の影響で小雨がぱらついていたにもかかわらず 『 FLY ME TO THE MOON 』 演奏直前に夜空が晴れ渡って、綺麗な月が顔を出したのですよ。

あまりにも奇跡みたいな出来事で、曲紹介しながら鳥肌たったことを昨日のことのように覚えています。

ステージ袖に引っ込んでから”阿呆の子ォ”みたいに呆然と月を見上げて、バンドの演奏に聞き惚れてたなぁ・・・



今、HELEN MERRILL が物憂げに歌う 『 FLY ME TO THE MOON 』 を聴きながら、ちょっとお酒でも飲みたい気分になっているところです。


もうすぐ、中秋の名月だよ。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ