2005/5/2

WONDERFUL WORDS  音楽

昨年の秋、とある吹奏楽団のコンサートに参加させていただきました。
吹奏楽 meets JAZZ & POPSという企画の中、スタイルやリズムの異なる音楽同士を結びつける役回りに関わることが出来てとても良い経験になりました。
(異種融合って【TRIUNITY】が目指す分野と同じだもの)

ビッグ・バンドのメンバーは吹奏楽経験者が多いです。(使用楽器同じだからね)
折り目正しい吹奏楽演奏者の気持ちも、自由に色を着けたいジャズマンの気持ちも両方分かる・・・そんなミュージシャンに歌を聴いてもらったほうが進展が早いかなぁと思って、ウチのジャズバンドマスター(通称:会長)に練習を見てもらいアドヴァイスを受けることにしました。

さすが会長!と言っておきましょう。
私の音程で多少下がるクセが出る箇所(意識して下げ気味にしてるところと無意識に下がるところは聴き分けてくれてた)や地声と裏声の境目を決めかねているところをきっちり指摘してくれたおかげで、本番には晴れ晴れとした気持ちで何の迷いも無く歌うことができました。
客観的で的を射た指導力と持ち前の乗せ上手(誉め上手?)は、いつも私を助けてくれます。心から感謝♪

そんな会長が、吹奏楽メンバーとの雑談でこんなことを言ってたのよ。

 「演奏で大切なのは Dive・Drive・Smile だよ」

度胸と、ノリと、楽しむ気持ち・・・あぁ、確かに!
どれ1つ欠けても完全燃焼は出来ないよね、きっと。

演奏者としては自然過ぎるほど当たり前の心構えだろうけど、心に余裕が無いと忘れてるんだろうな。悔いを残すのってそんな時かも知れない。
こんな言葉は忘れずに居たいねぇ。


※吹奏楽のメンバーからお返しの言葉をもらいました。

 Passion・Pride・Pure Heart・・・演奏の心得3P
  
 ピンク★プレイ★パラダイス★・・・演奏家ウラの顔3P
  (18禁女性お断りネタって言ってたのをコッソリ訊き出した。パラダイスて!!)



吹奏楽 meets JAZZ & POPS
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ