2016/5/29  14:42

ヨシケン赤坂BLITZワンマンライヴ_160525  あやなす感想文(音楽)

クリックすると元のサイズで表示します

 こんにちは、ときしろ めぐみです。

 さて、先日の5月25日、赤坂BLITZにて行われた「ヨシケン ワンマンライヴ Round9 WOW WOW BORN TO RUN」に参加してきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 赤坂BLITZに行ったのは初めて。会場前に貼られたポスターに胸が高鳴ります。

 そして開場、開演。ライヴは、まさに圧巻のステージでした!

 そこで感じたのは、ヨシケン兄貴を中心に、The Jetsのメンバー、VSR他スタッフの皆さん、そして観客に至るまで、その場にいたすべての人がみんな主役だってこと。

 圧倒的なパワー、すべての人たちが一つになって作り上げていくステージ。
この瞬間、僕らは確かに「生きて」いた。

 どんなにVRが発達しても、こんな生のライヴの空気を完全再現することはきっとできない。ふとそんなことも思った。

「現実に負けんなよ!」

この言葉を胸に、また歩んでいこうと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

 この感動を何か形に残そうとしたけど、自分の力ではあのライヴの興奮や迫力を表現しきれないのがもどかしい。それでも、ほんの少しでも伝わったらいいな、と思って、上のイラストを描いてみました。

 それでは、また。
1

2015/1/4  16:37

「VSRオールナイト年越しライヴ2015!」レポート  あやなす感想文(音楽)

クリックすると元のサイズで表示します

 こんにちは、ときしろ めぐみです。

 さて、私の年末年始休暇は今日でおしまいなんですが、今回は休暇中で一番思い出に残った「VSRオールナイト年越しライヴ2015!」について書こうかと思います。

--
 2014年の大晦日から2015年元旦にかけて、新宿ヘッドパワーで行われたオールナイトライヴイベント。開場23:00、開演23:30と、いままでこんな遅い時間のイベントに参加したことない私としては、未知の体験でした。果たして朝まで体力がもつのか? とか思ってましたけど、結果的には、色々なアーティストの歌や演奏を楽しみつつ、屋台でおでんやお餅を食べたりと、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

 今回印象に残ったのは、ヨシケンさん、大久保敦夫さん、日浦孝則さんによって、このイベントのためだけに結成された「YOH!三匹のおっさん」の演奏。なんというか、本当にすごく楽しそうにやってるのがこっちにも伝わってきて、大盛り上がりでした。個人的に「夏の日の1993(2015)」を聞けたのが嬉しかったです。まさか私が高校時代に流行った大ヒット曲を生で聞ける日が来るとは思ってなかったので。あの頃の気持ちがよみがえってくるようでした。

 そして、屋台では「The Secret おでん」と「からみ餅」をいただきました。まさか、昨年ヨシケンさんがツイートしてた「The Secret おでん」がホントに登場するとは思ってませんでしたが。ちなみに、どういうおでんかというと、巾着で具を包んで、食べるまで中が分からないという、遊び心いっぱいのものでした。

 あと、演奏の合間に物販で販売された福袋をゲット。今回はレア版を買いました。特典でガチャガチャを一回まわせたんですけど、それで「ヨシケンさんと5分間お話できる券」(正確な名称は忘れました)が当たりました。というわけで、終演後にヨシケンさんとお話させて頂きました。その際、ヨシケンさんに「The Secret おでん」をごちそうになりました。ストリートでお話させてもらうことはありましたが、こういった場でお話できるのもまた新鮮で、楽しかったです^^

 そのヨシケンさんのステージは、一曲目を除き、アコギ一本での熱唱でした。最後は「JUMP」で決めてくれましたよ。ちなみに、記憶違いがあるかもしれませんが、ヨシケンさんが今回歌ったのは

俺だけのLADYに…/Edge Of Life/EDEN〜名もなき反抗を胸に突き刺して/溺れるフィッシュ/JUMP

でした。

 ラストは参加アーティストが勢揃いしての「スタンド・バイ・ミー(ジョンレノンVer.)」。長丁場のライヴでしたが、最後まで本当に楽しむことが出来ました。

--

 そんな感じで始まった2015年。今年もたくさんライヴを楽しめたらいいなぁ、とか思います。とりあえず今行くことが決まってるのは6月のヨシケンさん新宿LOFTワンマン。今から期待大です。

 それでは。

1
タグ: ライヴ ヨシケン VSR

2014/12/29  22:12

ヨシケン新宿Loftワンマンライヴ(2014年12月10日)感想メモ  あやなす感想文(音楽)

 こんばんは、ときしろ めぐみです。

 さて、今日は去る12月10日に新宿Loftにて開催されたヨシケンさんのNew Albumリリース記念ワンマンライヴの感想メモをお送りします。

 これは、ライヴの次の日あたりに書き残しておいた箇条書きのメモに、ブログにアップするために多少でも読みやすくなるよう加筆・修正したものです。本当は文章でちゃんと書けばいいと思うんですけど、ライヴから結構時間が経ってしまったのでこのような形にしました。ついでに、確かライヴから帰ってから勢いでスケブに書いたラフ、というか落描きも、かなり下手ですが貼っておきます。

 あのライヴの興奮を何らかの形で残しておきたい。不完全な形ではありますが、多少でも感じ取っていただければ幸いです。

--
○ヨシケン新宿Loftライヴ感想メモ

日時:2014/12/10 18:30開場 19:00開演

・OAのSeeredは、将来性を感じさせるいいバンドでした。曲もなかなか良かった! 若い彼らに、自分の高校時代を思い出してふと「若いっていいなぁ」とか思ってしまったり。

・その後、完成した「EDEN〜名も無き反抗を胸に突き刺して〜」のPVがついに公開。PVに登場した滝沢真央さんも会場に来ていて、公開前に挨拶してくれました。PVでの彼女は、ホントドキッとするくらい、いい演技、表情をしていて、なんというかカッコいいな、と感じました。
(PVはすでにYoutubuにアップされてるので、下に貼っておきます)




・そしていよいよヨシケンさん登場。一曲目は「自由までの暴走」から。まさにこのライヴのオープニングにふさわしい曲。

・ヨシケンさんがステージを抜け出し、客席に乱入することも何度かありました。今回客席中央に機材が置かれていたのも、このパフォーマンスのためだったみたい。途中ベースの矢坂さんも客席に乱入して、DJになって「およげ!たいやきくん」をかけたのが面白かったです。

・ライヴの前の日にtwitterでヨシケンさんがツイートしてた“Are you Ready?”の仕掛けも成功。その掛け声で皆盛り上がりました。

・「溺れるフィッシュ」では、ギターのジョニーさんが、ギターの上にウクレレ(?)を乗せてひいていたのが印象的でした。

・定番の「失恋時代」や「Boys&Style」はやっぱりすごい盛り上がりでした。

・メンバー紹介でまた「新宿のブルース」が聞けたのが良かったこれからもロフトライヴの定番になるか?

・MCで、90年代のクリスマスの話題が出てきた。あの時代を思い出し、ちょっと懐かしい気持ちになりました。

・期待していた「JUMP」は二度演奏されました。曲に合わせて皆でジャンプし、ノリノリでした。これからも定番となっていってほしい曲の一つだと思います。

・「ラヴ☆ジェッター」はライヴで初めて聞いたけど、何と言うかすごいヤバかった。曲もそうだし、高速で点滅するフラッシュような光がまた^^; その光の中では、ヨシケンさんがコマ送りのような動きに見えたのが印象的でした。

・終演後の物販で、「THE SECRET EDEN」のタワーレコード予約特典のピックをゲット。ヨシケンさん自ら配ってくれました。なんというか、ライヴ後のヨシケンさんは、試合を終えたボクサーのような感じでした。今回のライヴについて「凄かったです」と一言くらいしか感想を伝えられなかった自分がちょっともどかしかった。

・物販では、思い切って来年6月のチケットと、PVの予約をしました。

・終演後にLOFTのバーでヨシケンさんらも交えて飲んだりしたらしいけど、電車の時間とかお金の都合もあるので、参加しませんでした。興味はあったけど、ね。

(まとめ)
 今回は、ほとんどがロックな曲で構成され、バラードは少なめ。激しく、凄いステージでした。前の新宿LOFTライヴよりさらに進化した凄いライヴだったと思う。
これからも進化し続けていくであろうヨシケンさんに期待大です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

--

 以上です。早くも来年のライヴが楽しみですが、その前に、今年はVSRの「オールナイト年越しライヴ!」に参戦することにしました。オールナイトイベントなんて参加したことないので、ちょっと不安もありますが、楽しんできたいと思ってます。

 それでは、また。

0

2009/10/27  20:24

挑発Cherry Heart/姫宮みらんとチョコレートロッカーズ  あやなす感想文(音楽)

 今期見ているアニメの一つ、「乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつあ♪」のOP、EDテーマが先週発売されたので、早速買って来て、現在、自分の中でヘビーローテーション中ですw

 てなわけで、今回はOP「挑発Cherry Heart」の感想でも。

 ジャケットは黒のバックに、みらんが体育座りっぽい感じで、こちらを見つめてる感じのデザイン。なかなかクールでカッコいいです。ちなみに初回版にはジャケットと同じデザインのステッカーが入ってます。

 曲の方も、「挑発Cherry Heart」はジャケットに負けず、とにかくカッコいいです。「Come on! Come on!……」と続けるとことかが好きですね。実際のアニメOPの方も、曲に合わせて流れる映像がかなり気合の入った演出になっているので、こちらも必見です。

 そして、二曲目は劇中劇「ノクターン女学院ラクロス部」のOP、「風になれ! Lacrosse Heart!」。ネットラジオ「乃木坂美夏の麻衣ふぇあれいでぃお!ねくすと!!」でも言ってましたけど、90年代風のアニソンっぽい作りです。あの時代のアニソンを知っている人なら結構ハマるのでは?w。歌詞の内容も結構熱いですね。聞いてると、なんかやる気が出てくる感じですw なんか劇中劇であるのがもったいないぐらいですねー。

 と、いうわけで、簡単な感想ですが、オススメなので、興味ある人はぜひ! そして最後に一つ。「チョコレートロッカーズはいませんw」


にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
0

2009/4/5  10:08

MINKY MOMO LOVE STAGE/林原めぐみ  あやなす感想文(音楽)

クリックすると元のサイズで表示します

 このCDは1993年に発売されたミンキーモモのオリジナルヴォーカルアルバム(とでもいうのかな?)です。当時、予約して買ったような記憶がありますが、だいぶ前に売ってしまいました。

 で、今年の正月、友達と行った中古屋で発見。懐かしさのあまり即買いしました。約15年目の再会です。

 このアルバムは、モモがコンサートで歌うというような想定の構成になっていて(ブザー音や開場アナウンス、観客のざわめきなどの演出もあり)、オープニング、第一部、二部を経てアンコールまで入っています。アルバムのジャケ絵では海モモ(林原めぐみ)と空モモ(小山茉美)の二人のモモが一緒に歌っているイラストになってますが、実際にデュエットしてるのは残念ながら一曲目だけ。他の楽曲は全部海モモこと林原めぐみさんが歌っています。

 個人的にオススメなのはやっぱり、一曲目のデュエット曲の「モモとモモ」ですね。曲の合間にあるモモとモモのセリフのやり取りは、忘れていた何かを思い出させてくれるような気がします。
 他にも、TVのOP、EDはもちろん、ドラマCD主題歌などなかなか盛り沢山の内容。それ以外のオリジナル曲は、アニメで使われた曲に歌詞をつけたもの(だと思いますが)等いろいろです。カヴァー曲に関しては、林原めぐみさん本人の歌唱というよりは、海モモがカラオケで歌ってる、というような印象を受けます。

 それにしても、このアルバムの中の曲を手がけたうちの一人、故・岡崎律子さんの楽曲はやはり名曲だなぁ、と思います。「4月の雪」や「約束」とか岡崎さんのオリジナルバージョンで久々に聴きたくなりました。

 で、イラストはこのアルバムを買って、モモが描きたくなったので、芦田豊雄さんによるジャケ絵のイラストの衣装を参考に描いたものです。正月から手掛けていたんですが、途中でしばらく放置していたもの再開させ、ここ数日でようやく完成させました。

 ともあれ、海モモファンにはオススメの一枚です。

【13.04.06更新】外部サービスの拍手ボタンを撤去しました。

にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ

にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
0

2009/1/15  9:25

ライオン May'n/中島 愛  あやなす感想文(音楽)

「生き残りたい」

 その強烈なサビの言葉に魅了され、今週CDを購入し、ここ数日は部屋でも車でもエンドレスリピート状態でかけています。もちろん今もかけています。ここまで連続で聞いても飽きない曲は久しぶりです。

 この曲はマクロスFの後期OPで、発売されたのも結構前ですが、実はマクロスF本編は一度も観たことはなかったので、この曲のことは知りませんでした。初めて聞いたのはネットラジオ局AnimeNfo Radioで、時々曲がかかる度に、「もっと聞きたい」という衝動が押さえられなくなり、CD購入にいたりました。

 サビの「生き残りたい」という言葉には、なんか本当にドキッとさせられます。生物としての本能というか、弱肉強食世界で生き残るために闘う、そんな決意というか……なんか上手く言葉には出来ませんが、いろいろな意味が込められているような気がしてなりません。そして、この今の時代の空気にも合っているような気もします。タイトルが「ライオン」というのもまた秀逸ですね。

 個人的に好きなフレーズは「狂気に代えて 祈り捧ぐよ 君を愛してる」という部分。なぜ、と言われると「なんとなく」としか言えないんですが、なんか好きです。

 そして、音楽も全力疾走していくようなスピード感と、二人のボーカルのハーモニーや声の伸び、それらがとても心地よく重なり合い、どんどんこの世界に引き込まれていきます。

 たぶんマクロスFを観ているとまた違った聞き方ができるんだろうな、と思うので、本編の方にも興味がでてきました……けど、もうOA終了してるんですよね……。DVDかネットで観るしかないか。

 ともあれ、かなりオススメです。




↓押してくれるとうれしいな
にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
0

2008/12/28  23:11

ネットラジオでアニソン三昧。  あやなす感想文(音楽)

 今更ですが、最近ネットラジオでアニソンを専門に流してるチャンネルもあるのを知り、早速アクセスして聞いています。アニソンは基本的に一般のラジオではヒット曲以外はあまり流れないのが普通ですので、専門で聞けるというのは本当にありがたいです。……いい時代ですね。

 ちなみに、何で聞いてるかというと、PCではなくPSPだったりします。パソコン起ちあげるより速いし、無線LANで別の部屋でも楽しめますからね。出勤準備をしながらとか食事しながらとか、なかなか重宝しています。ちなみに今はPSPに外付けスピーカを接続して聞きながらこれを書いています。

 局はどこがいいのか詳しくないのですが、とりあえずAnimeNfo Radioというサイトを利用しています。ここはPCサイトだと曲のタイトルと共にジャケット写真も表示されるので便利。あと、選曲は割と最近のものが多いですね。

 おすすめですので、アニソン好きはぜひ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ

 
0

2008/12/17  9:35

ヒカリ/堀江由衣  あやなす感想文(音楽)

 二年くらい前に放送されたアニメ「いぬかみっ!」のOPだった曲です。最初、ケータイの着うたフルで購入したんですけど、繰り返し聞くうちに、やっぱりCDで聞きたいと思い、最近になって中古で購入しました。

 個人的な聞きどころは、やはり歌詞じゃないかと思います。「祈り続けていいですか」「信じ続けていいですか」といった感じで繰り返し繰り返し問い続ける歌詞がとてもせつなく胸に響きます。なんていうか、日本語が綺麗な歌詞じゃないかと個人的には思います。

 また、これは「いぬかみっ!」のヒロイン、ようこの心情を綴ったものなのかどうかは分かりませんが、そう考えて聞いてみると作品と結構マッチしているかもしれません。歌っているのも、ようこ役の堀江さんなわけですし。そういう意味では正統派なアニソンかと思います。
 実際、この曲を使用したOPアニメーションも、歌詞とシンクロさせるかのような演出がなされていました。こちらも結構好きです。

 むろん歌詞のみならず、音楽の方もかなりいいと思います。ちょっと和風なイントロ部分から始まり、それに堀江さんの声が重なって、この世界にどんどん引き込まれるような感じ。せつなく、でもどこか心地いい時間が流れるような気がします。

 アニソンとしてだけじゃなく、普通に聞いても素晴らしい曲だと思いますので、オススメです。



にほんブログ村 アニメブログ アニメソングへ
0

2008/12/12  9:22

乃木坂春香の秘密 ドラマCD Vol.1  あやなす感想文(音楽)

 このCDは「乃木坂春香の秘密」のドラマCDですが、当初買う予定はありませんでした。でも、ネットラジオでN'sの新曲「薔薇されたいっ」を聞く度、やっぱフルで聞いてみたいなー、という思いがつのり、購入に踏み切ってしまいました。なので、個人的にはドラマの方がオマケです(笑)。
 でも、ドラマの方もなかなか面白かったです。もう、妄想力のレベルを高めて聞くのがベストです。なので、テキトーですが、軽くレビューを書いてみます。(以下多少ネタバレあり)


続きを読む
0

2008/11/24  20:12

ひとさしゆびクワイエット!・無敵のLAVE&PEACE!/N's  あやなす感想文(音楽)

 この二曲は、アニメ「乃木坂春香の秘密」のために結成された期間限定声優ユニット「N's」(能登麻美子、後藤麻衣、清水香里、上田佳奈、佐藤利奈)が歌う、アニメとゲーム(PS2)の各EDテーマです。

 正直なところアニメ本編にはそれ程ハマらなかったのですが、この曲とネットラジオ(乃木坂美夏の麻衣ふぇあれでぃお!)の方にハマった、そんな作品でした。
 で、もうアニメ放送の方は終わりましたが、今でもなぜか好きでカーステレオで聞き続けている曲です。聞いていると、意味もなくテンションがあがって元気になれること請け合いです。
 まぁ、アニメに合わせて創られた曲なので、声優本人の個性というより、その役柄になって歌っているといった感じなのですが、女の子が五人集まって、かしましく賑やかにやっている雰囲気がよく出ています。

 ちなみに、「ひとさしゆびクワイエット!」ももちろん好きなのですが、個人的には「無敵のLAVE&PEACE!」の方が好きだったりします。特に「見たことない 未来だって怖くない」というフレーズが印象に残っています。

 余談ですが、発売前にネットラジオでOAされたバージョンでは、曲の途中にある桜坂葉月さんのセリフがちょっと慌てて喋っているような感じになっていたんですけど、発売されたバージョンでは葉月さんのキャラに合わせ、落ち着いて対処している喋り方に変更されています。当初、この違いは気のせいかなぁ、とか思いながら聞いていたんですが、後にネットラジオの方で、偽まるさんが、その部分を差し換えたと言っていました。なんか、プロのこだわりを感じます。

 今冬には「N's」のアルバムも発売されるらしいですので、そちらもネットラジオで情報が出るたび期待がふくらみます。早く聞きたいですね。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ