2010/6/27

TYPE-R in 『虎の穴』  釣り雑記

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

今日は投也の日曜参観でした。

中学生になって初めての日曜参観とあっては行かないわけにもいかず、いそいそと出かけてきました。1時間目は理科。ある程度は予想できてましたが、かなりの程度の低さ・・・。いつまでも終わらない一部生徒の私語。教師はあまりにひどくなった時だけ注意はするものの、生徒は全く聞く耳持たず。完全に生徒になめられてますね。

2時間目は英語。若い女性の教師でしたが、生徒の心をつかんでいるのか理科に比べて授業はましでした。が、英語の発音の悪さには苦笑です(^^;
典型的な日本人英語で、語尾がはっきりしない、疑問文の語尾を上げないでは・・・ねぇ。

教室は汚く「毎日掃除してないんか?」と聞くとどうもいい加減にやってる様子。せめてもの救いは投也がその「一部生徒」ではなかったことでした。しかしこれほどまでにひどいとはねぇ。嫁が他の父兄に聞いたところ、今日は参観日だからか、だいぶましだったとのこと・・・(^^;

公立中学校の教師の問題、生徒の問題、その生徒を育てる父兄の問題、文部科学省の教育指針の問題等々、いろいろあるのでしょうが、私の中学時代とは天地の差があるように思いました。この先何かと不安ですが、とりあえず2学期からは転校の予定です。

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりの「虎の穴」には師匠連とメタボ90さんが。

投也は試験前なので、軽く虎の穴へ行ってTYPE-Rを投げてきました。
すっかり暑くなり、じっとしているだけでも汗ばんでくる梅雨の曇り空の下、師匠連とメタボ90さんが熱心に投げ込んでました。

クリックすると元のサイズで表示します
KWガイドとは言え・・・ガッカリですわ・・・(T_T)

まだまともにフルスイングしたことがなかったのですが、今日は最初からガンガン投げ込んでみました。が、いきなり力糸の結び目からパッチンでオモリを飛ばし、2投目にはガイド絡みで↑ご覧の通り(T_T)
これはオーシャンガイド形状ではよくある絡み方で、ローライダーでは一度もありませんでした。PEなら上手くほどけていたのかもしれませんが・・・結構ショックガ〜ンでした。他竿もKWガイド化を考えていたのですが、これではねぇ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
おおむねよく曲がってくれていたみたいですが、コントロールが難しいです。
投擲直後はパッチンでした。動画はいつものところに。


気を取り直して投げ込みます。特に違和感を感じることもなく、やっぱり飛距離は十分。キススペのBX+に比べると若干飛距離アップしているようです。角度もいい感じだったのですが、方向だけが安定せず右に抜けたり引っかけたり。まっすぐに決まる時は決まるのですが、安定感は無いですね。それは新竿だからではなく、今日は2〜3ステップの方向と位置を試してたので、そのせいでしょう。

さて、これで6月は終わりですね。来週は鳥取で開催されるハヤブサのペア投げ釣り大会に参戦する予定です。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2010/6/19

ササメ・アスリートカップ投キス  釣り雑記

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

お待ちかねのSASAMEアスリートカップ投キス2010WEST大会に参戦してきました。天気が心配でしたが、なんとか持ってくれてカッパを着ることもなく無事に終了。私ら親子はポイント選択に失敗して惨敗でしたが、チーム磯ノ浦101は好成績でした。


関西一円とうとう梅雨入りしてしまい、この時期のキス釣りで雨を嫌っていてはイカンと思いながらもイマイチテンションが上がりきらない状態で一路葛野を目指します。福知山で高速を降りて車の少ない国道を快調に走ります。飛ばしているつもりは全くないのですが、途中adさんの車を追い抜いたそうで・・・(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
受付の行列。相変わらずこの大会は人気が高いです。

駐車場ではお知り合いの皆さんにご挨拶してぼちぼち準備にかかります。いつ降り出してもおかしくない空模様ながら、雨雲レーダーを見るとなんとか持ちそうな感じ。下見に入った皆さんのご意見などを伺いながら今日の作戦を考えていたのですがなかなか決まりません。

クリックすると元のサイズで表示します
整列中。近ちゃんが近くでした。でもよく見ると後ろにはGFGの野間さん?
来てはったんですか?全く気がつきませんでした。すみません(^^;


雨がないなら、とチビも含めて3人でエントリー。申し込みはしたものの参加条件には「中学生以下かつ一人で釣りができる方」というのがあり、受付時に確認すると多少のお手伝いはオッケーですよ、と言ってもらえたのでチビも参戦です。エサ付けや仕掛け結びなどはさすがにまだできませんが、投擲・巻き上げ・キス外しなどはもう自分でできます。

クリックすると元のサイズで表示します
今日はチビトラマンもマスタライズ・ミニで選手としてエントリー!

去年は3番を引いて箱石まで結構歩いたのですが、今年は134番と中途半端な番号。いよいよ整列のあと開会式と競技説明があり、それでもまだどちらに入ろうか迷い続けてました。番号の若い方からどんどん出発して行くのですが、見ているとやはり箱石方面が若干多い感じ。こんな番号では入る場所が厳しいかも?と、ここにきてやっと決断。気がつくと小天橋方面に歩いてました。

クリックすると元のサイズで表示します
私の釣り座から右、箱石方面

しかし歩きだして少し後悔。こっち側もすでに多くの選手が前を歩いており、入れる場所を見つけるのに苦労しそうです。が、ほとんどの選手は小天橋の奥の方目指してどんどん歩いていたので、途中に結構隙間があき、手ごろなところでクーラーを置きます。

クリックすると元のサイズで表示します
私の釣り座から左、小天橋方面

「ま、こんな普通のところに入っているようでは今日も厳しいかな」と思いながらも、とにかく今日は数を稼ぐ作戦で12本バリでスタート。4色からから探るとやはり3色を切ってプルプル当たります。まずはキスの居場所を探る作戦なので波口まで丁寧にさびきピンを2匹ゲット。アタリがあったところを確認し、そこを重点的に探る作戦で単発・2連・3連と快調に数を稼いでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します
チビは本部下で熱心に探ってますが、アタリはあってもハリに乗らず・・・
ハリが大きく親父の責任です。スミマセン(^^;


しかし悲しいくらいのピンギス・オンパレード(T_T)

前評判では20cmクラスがポロポロ混ざる、との事だったのに釣れるのはピンギスばかり。「いいアタリ」と思って巻き上げると15cmだったりと数は伸びるのですが重量が伸びません。それでも1匹で10ポイント。釣れるだけ釣ってやる、という気持ちでひたすら投げ返して数を稼いでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します
中本さん・伊丹さん、取材クルーが来たときに快心の1匹!!!

途中でササメのカタログ担当のかわゆい女性のカメラマンがやってきて開口一番「お久しぶりです」と。私は覚えていましたが、まさか彼女が覚えてくれていたとはちょっと感激(^^でした。「イケメンナイスミドルの魅力か!」と、内心ほくそ笑んでいたら「チビトラマン君のお父さんでしょ?」と。やっぱりチビ効果でした(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
戦い済んで検量に戻る皆さん。

それでもピンギスばかりでテンションが上がらない私のテンションを上げて呉れるには十分で、ガンガン打ち返します。が、開始2時間くらいまでは素バリは無いものの連掛けが少なくなり、相変わらずピンしか釣れません。そのうち今まであたっていたポイントにアタリがなくなったので、ここで波口を攻めてみると力糸が竿に入ったところで小気味よいピンギスのあたり(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
検量は厳正に、スムーズに行われました。

以降波口を攻め続けてまた数を伸ばしていきます。と、小天橋奥に入った近ちゃんと投也が戻ってきたので向こうの状況を聞くと、皆さん撃沈の様子。多い人でも10匹くらいとか。私はすでに20匹くらいはいたので、これならなんとかなるんちゃうん?と少しテンションが上がりました・・・箱石方面の釣況をつゆとも知らずに・・・(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
そして優勝は近パパ、準優勝にkisu魔さん、3位には原崎くん!!
おめでとうございます〜!!


辛抱の釣りを続けて、波口でアタリがなくなったら3色のかけあがりを攻めて、出会いがしらのどすこいを期待しつつ、少しずつを増やして行きますが、3時間半はあっという間に過ぎてしまい、結局最後まで重量を稼げるサイズのキスは釣れずにタイムアップ。最後波口でマイクロ2尾を追加して納竿、検量に急ぎます。

クリックすると元のサイズで表示します
10位まで入賞と他賞の皆さん、チーム磯ノ浦101からなんと6名!!

それでも30匹近くを釣ったはずで、周辺では恐らくダントツの釣果。小天橋奥の方がイマイチならばチャンスはあるかなぁ、と検量所に戻ってガクゼンとしました。箱石方面に入った方は20cmクラスをゴロゴロ持っておられ、はかない期待はそこで無残に打ち砕かれてしまいました(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
蛍会のイケメン会長は10位入賞、ご立派です。

検量を済ませると31匹360gちょい。1匹平均11gほどのピンがメインで670ポイントではどうにもこうにも・・・。それならチビは波口を攻め続けて結構釣っているのでは?と探して聞いてみると{父ちゃん、1匹釣ったでぇ!」と嬉しそうに報告してくれました(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
参加の皆様です。お疲れ様でした。

母親に聞くと、アタリはいくらでもあったものの、ハリが大きすぎてキスが乗らなかったと。エサ付けが楽な7〜8号針を用意してやったのが裏目に出たようです。すまんなぁ、来年は4〜5号針を用意してやるからがんばってくれい(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
チーム磯ノ浦101のメンバー。今日は大活躍でしたねぇ、私はこけましたが(^^;

検量・集計の間にも皆さんとおしゃべりタイム。釣況を聞いたり釣果を聞いたりしつつ「やっぱり箱石方面やったなぁ」と思い知ります。浅い小天橋は、昨夜から振っていた雨の影響をもろに受けてキスが深みに潜っていったのだろうと。その深みの多い箱石方面では20cmクラスがボロボロ釣れたのだろうと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
チビトラマンも今日は3時間半、熱心に竿を出していたそうです。
そう、あんたが一番!!・・・目立ってました(^^;
adさんにもらった抽選で当たった椅子を持って


ま、やっちまったもんは仕方がなく、来年がんばるべ。そしていよいよ表彰式。優勝は・・・箱石方面・・・ではなく私より中途半端なところに入っていた近パパ。なんと51匹を釣ってダントツの優勝です。しかしよー釣るわ、このオッサンは(^^;

準優勝にはこないだのJCセミで見事ファイナルの権利をゲットしたkisu魔さん!3位には原崎くんでした。素晴らしいですね。おめでとうございます(^^

その他表彰台には届かなかったものの、クライマックス権利を早々にゲットした今年はのりのりのよっしーパパ!権利獲得ならずも10位まで入賞にN田キャプテンにテルさん、アラビギさんとチームから5人が10位まで入賞です。おめでとうございま〜す(^^

クリックすると元のサイズで表示します
最後に蛍会の皆さんとお久のS浦さんと。
imuさんにいただいた花火をうれしそうに持ってます。ありがとうございました。


なんちゃってトーナメンターの限界か、私はなかなか次のステップに行ききれません(^^;
ピンギスばかりでストレスを溜めたので、どこかでかギスを・・・と思いつつも、なんだか疲れてしまいまっすぐ帰阪しました。

参加の皆さん、お疲れ様でした。満足にご挨拶できなかった皆さん、失礼しました。また、いつもチビ共を何かとお気遣いいただいた皆さん、ありがとうございました。またなにかとご迷惑をおかけしました。

これでトーナメントは一段落ですね。来週は投也の日曜参観で釣行はなしです。7月には鳥取でお気楽な大会に出てGFG親睦会に、そして8月はフレンドリーカップです。7月後半にはどこかででかギスバコバコを味わいたいです(^^


この大会の模様は7月9日(金)の「四季の釣り」で放映予定です。
皆さん、お見逃しなく(^^

スポーツ報知の記事はこちらから。


*SASAMEアスリートカップ投キス2010(第7回)
ロッド  :キススペ 405CX+ テクMG
 錘   :各種
時 間 :06:00-09:30 8-15cm 31匹(投也5匹) ゲキチン
天 気 :曇り  
 潮   :小潮


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ




2010/6/13

第11回101スーパーキスT  2010//釣行記

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

磯ノ浦101尾会主催の第11回スーパーキストーナメントに参戦してきました。

朝のうちは天気が持ってくれたのですが、開始1時間くらいから次第に雨が降り始め、すっかり本降りになってしまいました。私ら親子はダメダメでしたが、優勝者は30匹以上釣っておられ、また参加の皆さんとワイワイガヤガヤと楽しくやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
曇天の中で野村代表による競技説明。

昨日まで好天が続いていたのに、この日曜日から雨模様。「なんとか持ってくれよ」と思いつつちょっと早めに集合場所に。

クリックすると元のサイズで表示します
雨が懸念される中、40名ほどの方が参加してくださいました。

三々五々、参加の皆さんが集まってこられて受付開始です。今年は他イベントの日程の関係で6月開催となり、好釣果が期待できます。大会・競技委員長の野村代表による競技説明のアト解散、競技開始となります。

クリックすると元のサイズで表示します
中ほどからサンブリッジ方面。人影がまばらなのは・・・釣れないからです。
私と投也も長いことここにいました(^^;


前日の下見では和歌川河口方面がよいとの情報があれども、私は投也と並んでいつも通りサンブリッジの近くに入りました。ま、この時期ならどこにでもキスはおるわい、とタカをくくっていたのですが、結果思いのほか苦戦する羽目になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
北側はご覧の通り。真ん中辺りがよかった様です。

活性が低いわけでもないのですが、いかんせんキスが薄いのかポロポロとしか釣れません。周りの皆さんも苦戦されています。天気は開始からずっと曇りで、いつ雨が降り出してもおかしくない状態です。「終わりまで持ってくれよ〜」という祈りもむなしく、開始1時間を過ぎたあたりからパラパラ降り出し、あっという間にすっかり本降りに。

クリックすると元のサイズで表示します
お仕事の都合で最後まで居られない大ちゃんは朝から海岸清掃に参加してくださいました。

粘って5匹を釣ったあたりでやっと北側情報入電。やはり多い人はすでに10匹以上釣られている様子。しかも良型も混ざっているとのこと。それを聞いてやっとこさ重い腰を上げて皆さんに様子を聞きながら少し北に歩いてみます。

クリックすると元のサイズで表示します
肩が痛い(四十肩?)近パパも海岸清掃と写真撮影を。

公衆便所前でadさんと投夢☆橋やんさんが並んで竿を出されていたので、ちょっと先にクーラーを下して投げてみます。が、なかなかアタリがありません。遠く近くを丁寧に探ってみるのですが私にはアタリがなく、それでもadさんは良型2連とか好調に釣っておられます。

クリックすると元のサイズで表示します
雨の中、チビトラマンもカッパを着て参加の皆さんの応援に歩き回り・・・

どーもキスのいる場所がピンポイントの様で、少し外してしまうとアタリすらない様子です。であれば、とせっかくのTYPE-R。キスはあきらめてほぼ投げ練状態に突入。ちょうど潮が引き始めてきれいな発射台ができたので遠投オンリーで攻めてみます。

クリックすると元のサイズで表示します
kisukiller兄やんも様子を見に来てくださいました。

先週は全部右に抜けたのでそれを意識して修正、今日は全投擲がほぼ正面に飛んでくれました。飛距離も申し分なく、アタリ感度も(自分には)十分。結構お気に入りの竿になりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
参加の皆さんのご厚意で寄せられた協賛商品の数々。

結局ここでは1匹を追加して6匹で競技終了。周りのゴミを拾って集合場所の駐車場に戻り、片付けもそこそこに自己申告の審査表を提出して表彰式の準備に動きまわります。

クリックすると元のサイズで表示します
4時間の熱戦の末に結果発表と表彰式が行われ・・・

今日は参加の皆さんから協賛品をいただいたのでそれを並べてみると、参加人数以上に集まりホッとひと息。チームのみんなが集計を手伝ってくれ、スムーズに事が運んでいよいよ結果発表と表彰です。

クリックすると元のサイズで表示します
優勝は33匹で島崎さん!!準優勝に永田キャプテン、3位にはサーフ紀州の空山さんでした。
おめでとうございます(^^


優勝は33匹で島崎さん。私が移動したもう少し北側で竿を出され、遠投オンリーで2連3連と数を伸ばしていったそうです。おめでとうございます(^^

クリックすると元のサイズで表示します
参加の皆さんで雨の中海岸清掃を行い記念撮影を。

準優勝のキャプテンも3位の空山さんも好釣果で好成績でしたが、何より初参加の投夢☆橋やんさんが4位、同じく初参加のadさんが5位タイというのが素晴らしいですね。おめでとうございます(^^

クリックすると元のサイズで表示します
分別も進んで手伝ってくださいました。

皆さんに商品が行きわたり、秋の第12回大会での再会を願って、野村代表の閉会のご挨拶ののちに解散となりました。参加の皆様におかれましては雨の中お疲れ様でした。また秋の大会でお会いしましょう(^^

クリックすると元のサイズで表示します
雨の中の試投会でTYPE-R BX+を振るよっしーパパさん。

その雨の中、有志が残って試投会となりました。私のTYPE-R B+とM上@銘竿会さんのB、そしてキャプテンの新竿、サーフランダーです。私もBを振らせてもらいましたが、皆さんと同様の意見です。

「Bの方があきらかに投げやすい!」・・・・・(^^;

B+と投げ比べたからかもしれませんが、同じ30号オモリではやはりBの方が曲げやすく、投げやすかったですね。実釣メインで考えるなら、当初皆さんが言われていた通りワンランク下の硬さの竿でちょうどいいくらいかもしれません。これから購入を考える方は、いちどじっくり振らせてもらうことをお勧めします。

クリックすると元のサイズで表示します
本日の釣果。皆さんからのいただきものも含みます。
マイクロピンから23cmまでがいました。


晴れていれば絶対に2回戦を、というくらい不完全燃焼のトーナメントでしたが、無情にも雨は本降りです。M上さんと和歌山ラーメンを食べて帰路につきました。

さてさて、いよいよ今週末はササメ・アスリートカップキスです。またまた天気が心配ですが、気持ちを切り替えて1発でクライマックスステージ進出の権利を獲りたいですね。


*浜ノ宮海水浴場
ロッド  :キスTYPE-R 405BX+ テクMG
 錘   :各種
時 間 :05:30-09:30 8-18cm 6匹(投也2匹)
天 気 :曇りのち雨  
 潮   :大潮


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ


2010/6/6

TYPE-R入魂式・磯ノ浦  2010//釣行記

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

今日はいよいよTYPE-Rの入魂式。
サーフから思い切り投げたい、ということでホームの磯ノ浦海水浴場に行ってきました。ベタ凪の下げ潮からのスタートだったのでサーファーも出ないだろう、とタカをくくってましたがあれよあれよという間に・・・(^^;


この時期の日の出は早く朝の5時前。4時過ぎに着いて薄明るくなった4時半頃には浜に下りて竿を出しました。快晴・無風、釣り人もサーファーも無し。今日はのんびりキス釣りが楽しめそうだわい、と浜の左手からスタート。

クリックすると元のサイズで表示します
緊張の1投目はチョイ投げで。2匹をゲットし、なんとかキスTYPE-Rに。

投げやすいも投げにくいもチョイ投げでは何もわからなかったのですが、1投目に明確なキスのアタリで2連。無事にキスTYPE-Rとなりました(^^

その後も近投3〜2色でポロポロピンギスが釣れるのでなかなか遠投する機会がなかったのですが、感度に関しては十分合格点だと思います。木オモリだったこともあるのかもしれませんが、ピンギスのアタリをもプルプルと明確に伝えてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
静かなできれいな釣りやすい浜ですが関西サーファーのメッカです。釣り人はNaoさん。

キススペと比べると確かにアタリは鈍い感じはしましたが、想像していたよりかは悪くなく、佐織さんやG3さんやkisu魔さんにいただいたガイド位置やスパインに対する向きなどのアドバイスをもらったのが効いているのか、私が単純に鈍いだけなのか(^^;私には十分合格点のアタリ感度で2連3連と数を増やしていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
ササメに向けてチビトラマンも練習がてら竿を出しますがゲコ(フグ)しか釣れずに戦意喪失(^^;

アタリが止まった時に場所移動。海に浮かんでいるだけのサーファーを避けながら探ってますと、群れに当たったのかビンビンブルブルいいアタリ。アタリを数えながら巻き上げてみると本日最高の6連。1匹は外れた様です。

クリックすると元のサイズで表示します
同い年で同じ背丈のNaoさんジュニア、あっちゃんと仲良しに。

群れが散らないように急いでエサをつけ投げ返そうとすると、サーファーが目の前の海に入って行き・・・(--メ)
怪我をさせるわけには行かないので素直に50mほど右に移動してまたポロポロと。基本的に15cmくらいまでのキスが多いのですが、17〜8cmが混ざることもあり、素針を引くことも少なくいい感じで数を増やしていけました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリス奥ちゃんもポロポロと。

今日ご一緒できたクリス奥ちゃん、Naoさん、そして投也も場所ムラがあるもののポロポロ数を釣られている様子です。奥ちゃんと投也は右端の方まで歩いていったみたいですが、あまり芳しくなかったとまた左端へ。拾い浜でもないので、キスがどこにいるのか足で全体像が見えてきます。

クリックすると元のサイズで表示します
私は新竿で快調に6連とかもありました。

最初は竿を出していたチビトラマンも自分の飛距離ではなかなか釣れないキス釣りに飽きてしまい、すっかり仲良しになったあっちゃんと砂遊びに興じてしまってます(^^;
ま、子供は子供同士で楽しいと思うことをしてくれたらそれでよしでしょう。興味がないものを無理やり練習させても・・・ねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
ウワサ通り投げやすい竿ですが、全部右に抜け気味になるのは・・・

おかずを十分確保したアト、サーファーが切れた場所で遠投をしてみました。ぶん投げてみたところ、特に難しい感覚もなく連30号7本バリで7色ちょい。飛距離十分でしたが、投擲が全て右に抜けます。胴調子なので「タメ」が発生し、キススペなどと同じ投げ方をしているとリリースタイミングが早くなって抜けてしまうのでしょう。
慣れるまでちょっと練習が必要ですわ。

クリックすると元のサイズで表示します
本日の釣果。Naoさんからのいただきものも含めて90匹ちょい。

Naoさん、奥ちゃんが早上がりしたのもあって、我々も11時に早上がりしました。道具を片付けているときに周辺のごみを拾って帰ろうと見回すと、投げ仕掛けが目に止まりました。半分以上砂に埋もれていたので引っ張り出してみると12号のジェット天秤に安物投げ仕掛けがそのまま付いてました。もちろんハリも。

これからシーズンを迎える磯ノ浦海水浴場は海水浴客でにぎわいます。好天の今日も小さな子供たちがはだしで波打ち際を駆け回ってました。踏めば怪我をするのは明白です。サーファーの皆さんもはだしで歩きます。

仕掛けは明らかにキス釣り師のものではありませんでしたが、最低でも自分の出すゴミの処理は自分でやって欲しいと思います。言葉を変えると「自分のゴミの処理もできない人は、特に針付きの仕掛けを砂浜に捨てても平気な人は釣りをする資格無し」と言いたいですね。

サーファーや海水浴客が投げ釣り師を嫌う理由がわかるような気がし、申し訳ない気持ちになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
本日のキャップは'TUSKER'。ケニアのビールのブランドで私のハンドル名の由来です。e-bayで新品をゲット。イギリスの個人の方からでたったの£0.99(送料£5)と激安でした。

さてさて、いよいよ今度は第11回101スーパーキストーナメントです。まだまだ受け付け間に合いますので、お時間が合う方は是非どうぞ(^^

スポーツ報知週間投げ釣り情報記事

*磯ノ浦海水浴場
ロッド  :キスTYPE-R 405BX+
 錘   :各種
時 間 :04:30-11:00 10-18cm 41匹(投也22匹)
天 気 :晴れ  
 潮   :小潮


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ