2009/5/30

無念の報知キス・弓ヶ浜  釣り雑記

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

今週はじめから咳と微熱が続き、水曜日には39度まで熱が上がり、職場の近くの小学校から新型インフルエンザの感染者が出たこともあって、木曜日に市民病院の発熱外来に行ってきました(^^;

が、運よく新型ではなく「ただの風邪」と診断されました。
熱は下がったものの、咳はなかなか治まらず、結局予定していた今日の報知キス弓ヶ浜参戦を断念しました。これでもう少しは体調をましにして、明日のSBCに全力で臨もうと思います。

サウスポーN師匠に入電し、状況を聞いてみたところ、今日の弓は大荒れの模様。予選ボーダーが3匹だとか(^^;そんな中でも伊達さん、日置さんは見事に予選突破されたとのこと。チーム日置からはT中さんの奥さんも予選通過とのことでした。

スバラシイ!!!

さてさて、明日はどうなることやら・・・
ま、なんとかがんばってきます。

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2009/5/24

第5回全サ大阪協会オープン投げ釣り大会  2009//釣行記

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

今日は第5回全日本サーフ大阪協会オープン投げ釣り大会に参加してきました。
「なんちゃってトーナメンター」の私はシマノJCをあきらめて、子供が釣り+大会の楽しさを味わえるこちらの大会に参加を決めました。

滅多にやらない夜釣りで,なかなか思うような釣果が上がらず苦戦したものの、投也は・・・なんと・・・

深夜0時からの開始なので10時頃に家を出て、一路和歌山に。
マックスでチロリ2K、マムシ0.5K、小ボケ20匹を仕入れて狙いの紀ノ川河口に向かってみる。しかし予想通り、すでにケミホタルがずらりと並んでおり、車も並んでいる。これでは0時から入れることはないと判断して、青岸周辺の竿を出せそうなところをウロウロしてみるが、やはりめぼしいところには0時開始待ちと思われる車が並んでいてあきらめる。

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりの夜釣りは準備にもたつき、全部セットするのに小1時間かかってます(^^;

近パパやキャプテンのアドバイスなどを聞きながら、結局いつもの和歌山港のポイントに入ることに決め、しばらく待機。0時を待って準備を始める。久しぶりの置き竿の夜釣りだ。2本は大ギス狙いで流線の12号を、もう1本は大物狙いでチヌ針の16号にマムシとチロリをたっぷり付けて3〜4色に投げ分ける。

クリックすると元のサイズで表示します
そして深夜、投也の竿のドラグがなって、上がってきたのは26.5cm!

そんなに寒くもなく、ロンT1枚で十分しのげるほどだ。魚がいるときには投擲後すぐにでもアタリがあるのに、10分待ってもアタリはない。と、一番近投の竿のドラグがジージー鳴り出した。

「おっしゃー!!」

と思って巻き上げると・・・アナゴ(^^;
ま、とりあえずおかず確保だ。2年前の苦い経験があるので、アナゴであることをよく確認してからクーラーに収める(^^;

その後も待望のキスは釣れることなく、竿先がコンコン動くと思ったらミニアナゴだったり、エサを付け替えようと巻き上げてみるとヒトデだったりとあまり芳しくない。

クリックすると元のサイズで表示します
投也が初めて釣り上げたハオコゼ。「ガシラ・・・かなぁ」とか言ってました。おいおい・・・(^^;

4時過ぎ満潮の込み潮なので、悪くないのになぁとボーっと待っていると、投也の竿のドラグがジージー鳴り出す。「アナゴかもしれんわぁ」とやる気なさそうに巻き上げるのを見ているとと、なんと待望のキスだった。計ってみたら26.5cmもある。このサイズがもう1匹釣れたら上位入賞も夢じゃないぞ、と投也を励まし、自分も全部の竿のエサを付け替え投入。

しかしあとが続かない・・・
一度大物の竿のドラグがなってアドレナリンが噴出したのだが、見事に空振りに終わってしまった。大きな針の先だけえさを取られているところから考えると、あれも大ギスだったのかもしれない。ザンネンな思いをしながら、大物をあきらめ、仕掛けを大ギス用に交換する。

クリックすると元のサイズで表示します
明るくなって引き釣りに転向。20cmオーバーを含む3連。

やがて満潮を迎えた頃に20cm弱を1匹釣ったのだが、このサイズではどうしようもない。投也にもなかなか2匹目が釣れない。明るくなってきた頃に引き釣りに転向。すると5色でいいアタリ。上がって来たのはやはり寸足らずの20cm弱。投也にも引き釣りに変えさせ、じっくりさびかせるとなかなかのサイズを含む3連とか釣っている。
1匹は22cmくらいあり、これでなんとか検量に出せそうな2匹がそろった。

クリックすると元のサイズで表示します
審査会場には今年もたくさんの賞品が準備されてました。

が、私にはなかなかそんなサイズのキスが釣れず焦りが入ってくる。ホントは2時間ほどは磯ノ浦で竿を出してみたかったのだが、ポロポロ釣れるし、大物はやはりこちらの方が濃いだろうと考え、ここで最後まで粘ることにする。雨がぱらぱら降り出し、キスが釣れないのもあってなんだか切ない気持ちになってくる(^^;

7時頃にはチビトラマンも起きだしてきて「僕も釣りする〜」とうるさい。エントリーはしているので、こいつにもピンギス2匹くらい釣らせておかないとなぁ、と思いながらも、検量に出せるキスが釣れてない私はそれどころではなく、母親に面倒を見させて足元に投げさせる。
足元とはいえ、もう上手に1〜2色は投げるのにはオドロキだわい(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
検量風景。皆さんすごい魚を続々と・・・

いつものごとく「プルプルしたら巻くんやで」と言って竿を持たせておくと、突然「釣れた〜」と叫んでいる。見るとスピンジョイが大きくしなり、チビは海中に引きずり込まれそうになっている。あわてて駆け寄ってカラダを支えてやるのだが、重くてなかなか巻き上げられない。手前のシモリに引っ掛けたらもったいないと、巻き上げを手伝ってやると、上がって来たのはなんと20cmクラス2連(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
貧果の私もなんとか19位を頂戴できました。上野さんとは天橋立カップ以来でした。

「そんな近くにおったんかいな・・・」と苦笑いしながらも自分は6色からじっくりさびく釣りに徹する。が、自分には最後まで検量に出せそうなキスは釣れず、またもやボートに糸を切られ、完全に意気消沈して早上がりの9時半に納竿。審査会場の泉南里海公園に向かう。

クリックすると元のサイズで表示します
そして投也は昨夜の大物と明け方の22cmで見事優勝!

時間が早かったのだが、会場にはすでにたくさんの方が来ておられ、お知り合いでは伊達さん、養老さん、上野さんが忙しく動き回っておられた。ご挨拶申し上げ、受付を済ませて検量。私は20cm足らずのキス2匹で撃沈だが、投也は2匹で48cmちょいと、少年・少女の部ではかなり上位を狙えそうな位置につけている。

クリックすると元のサイズで表示します
チビトラマンに至っては、朝一発目のシモリ際での20cmクラス2連で9位!
吉本協会長から賞品の授与。


海を眺めたり、ボーっと集計が終わるのを待っているといよいよ審査発表だ。まずは私がエントリーした一般の部。さすがに皆さん大物をそろえておられる。20位までは賞品が用意されているのだが、当然私の名前が呼ばれることはないだろうなぁと思って待っているとなんとか19位に入賞させていただけた(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
今日は私は完敗でした。手も足も出ませんでした(^^;

そして次に少年・少女の部。
冗談のつもりで「お前、優勝かもしれんなぁ」とか言うと「それはないわ」と言いつつまんざらでもない様子。そして最初に名前を呼ばれたのは・・・「投也くん」だ!!
照れくさそうに壇上に上がり皆さんに拍手していただいて優勝カップを受け取っていた。いつもはよきライバルなのだが、私としても今日は素直に賞賛の拍手を送っておく。

もうひとつのオドロキはチビトラマン監督だ。シモリ際で釣った20cm2連でなんと9位に入賞させてもらった(^^;
こいつに「照れ」はなく、物怖じせずに堂々と壇上に上がる姿には貫禄さえ見えてしまう(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
本日の釣果。刺身とてんぷらに。アナゴはよく確認してから(^^;

全く自分としてはザンネンな結果だったのだが、子供たちが楽しんで喜んでくれてそれはそれでよかった。これでまた今度、もっと大きな魚を釣ろう、と言う気持ちになってくれればそれでよし、ですね。

今年で3回目の参加でしたが、いつものごとくこういう子供も含めて一般の投げ釣り師が参加して楽しめる大会を開催してくださった、吉本会長はじめ全サ大阪協会のスタッフの皆さんには頭が下がる思いです。いろいろとホントにありがとうございました。

また来年も・・・たぶん参加させていただきます(^^

*第5回大阪協会オープン投げ釣り大会
ロッド  :スピン405/425BX-T、PAスピン/プロサーフ
 錘   :各種
時 間 :00:00-09:30 
サイズ :10-19cm 8匹(投也10-26.5cm 10匹、チビ10-20cm 4匹)リリース若干 
天 気 :曇りのち雨  
 潮   :大潮
  
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ


2009/5/17

雨ニモマケズ北近畿  2009//釣行記

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

全国的に天気が悪かった日曜日、和歌山は風が強そうだし、久しぶりにお休みしようか、と思っていたのですが、天満のモリさんと話していて「ダメもとで行ってみる?」と言う話になり、急遽北近畿にいくことになりました。

が、折からの雨で後ヶ浜の海は田んぼの泥水状態で惨敗。転進の小田宿野でもぱっとせず、雨に打たれての傷心釣行となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
明け方の後ヶ浜。お隣の夜釣りの方のクーラーにはすごいキスがごろごろと。

後ヶ浜の駐車場に到着したのはまだ夜も空けきらぬ午前4時。すでに5〜6台の車が停まっており、この雨の中ケミホタルも見える。しばらく待ってのそのそ準備し浜に出てみると、車の多くはルアーマンで、皆さんひたすら投げ込んでおられた。

クリックすると元のサイズで表示します
ルアーの方が大勢出漁されてました。

夜釣りの方に様子を聞くと、昨夜1時から入っておられるらしく、まぁまぁポロポロとのこと。クーラーを除かせてもらってびっくり(@_@)うわさ通りの太いキスがゴロゴロ転がっている。29cmを筆頭に25cmアップが7〜8匹は入っていた。この雨と風でテンション低めだったのだが、俄然やる気が出てきてお隣で投げさせていただく。

クリックすると元のサイズで表示します
キャンプ場裏でやっとしとめた18cm。

が、夜が空けるにつれてわかってきたのだが、竹野川の泥水が、立岩のふもとからまともに後ヶ浜に流れ込んでおり濁りが入っている。この程度なら・・・と2〜3色をほとんど置き竿状態でじっくり探るのだが、待てど暮らせどアタリはない。雨も風も強くなる中、濁りのないキャンプ場裏に移動してみる。

クリックすると元のサイズで表示します
天満のモリさんも大苦戦です。

この頃には風は最高潮で、油断して立ってるとよろめくほどになっていた。追い風なのでまだましなのだが、強風の中のキス釣りは何かとやりづらい。なんとか1匹釣れたところに天満のご夫妻から入電。もうこちらに来られているらしい。1匹釣れたから、と粘っていたのだが、後が続かず結局後ヶ浜に戻る。

クリックすると元のサイズで表示します
佐織さんが釣れ釣れポイントをピンポイントで攻めてくれたのですが・・・

投也もなんとか1匹釣ったらしく、でも海を見てみるともうすごい状態になっている。
モリさんと並んで釣っていると、佐織さんも様子を見に来られ、ピンポイントで攻めてくださるのだが結局太いキスは釣れず、挙句の果てにフグに針を全部取られる始末。
佐織さん曰く「こんな田んぼの中ではキスは釣れんわ」と移動することにする。

クリックすると元のサイズで表示します
佐織さんの1091号。随所に工夫がなされていて完全にキス釣り仕様。使いやすそうです。

困ったときの小田宿野、で船の係留所ポイントで竿を出すと強烈な根掛かりで力糸から先をロスト。モリさんもいいアタリが3回あったのだが、巻き上げの途中のかけ上がりで全部持っていかれたと。

クリックすると元のサイズで表示します
転進の小田宿野ではポロポロと。

根のない安全ポイントに移動して3人で探ると、モリさんも投也も小さいながらポロポロっと釣っている。7色くらいからじっくり探っていた私にはなかなかキスが釣れない。

クリックすると元のサイズで表示します
佐織さんのとはリールシート位置がこれだけ違います。

遠投で置き竿状態にしていると、なにやらコンコン微妙なアタリ。キスかな?と思って少し巻いてみると重さを感じる。そのまま少し置いておくとまたもやコンコンと。こりゃ20cmクラス3連とかかなぁ、とワクワクしながら巻き上げるがかなり重い。おお、こりゃええかもと思いながら巻き続けるとフっと軽くなったりまた重くなったり。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りにはいつものラーメン屋で親睦会(?)

「こりゃマコガレイと違うかぁ」と佐織さんに言われて、もって帰れるカレイを釣ったことがない私はドキドキ市ながら巻き上げるのだが、残念ながら途中でばれてしまう。

ピンをポロポロ釣っていると、雨はひどくなりだし、時間はそろそろお昼。
「仕舞ってラーメンでも食べに行こう」との声に抗う気力もなく、プチ投げ練のあと、納竿としました。

クリックすると元のサイズで表示します
3人分の釣果です。あー、ザンネン(^^;

いやぁ、だめもとで行ったもののほんとにダメダメで残念でした。佐織さんには雨にもかかわらず、お付き合いいただきましてありがとうございました。今度は釣れるときに釣れるところに伺いたいと思います。

またよろしくお付き合いくださいね(^^
ありがとうございました。

*後ヶ浜、小田宿野
ロッド  :鱒鱚33−405SH、テクニウムMG
 錘   :各種
時 間 :05:00-12:00 
サイズ :10−18 4匹 (投也 10−19 5匹) 
天 気 :雨  
 潮   :小潮
  
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ



2009/5/10

第9回101スーパーキス参戦  2009//釣行記

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

磯ノ浦101尾会主催の「第9回101スーパーキストーナメント」に参戦しました。折からの低水温でキスの接岸が遅れており、満潮からの下げ潮という悪条件も手伝って、かなり渋い修行の大会となりました。

が、チーム磯ノ浦101から優勝・準優勝が出て、また大会後の投げ練もみんなで和気藹々と行われ、それはそれで楽しい時間を過ごすことができました。

写真は明日、釣行記はおいおい・・・(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
皆さん朝早くから集合してくださってます。

クリックすると元のサイズで表示します
チーム磯ノ浦101の面々も集合です。

クリックすると元のサイズで表示します
野村代表による開会の挨拶と競技ルール説明。

クリックすると元のサイズで表示します
朝方はさすがに冷え込んでました。

クリックすると元のサイズで表示します
そして競技開始。皆さんめいめいに歩いて散らばります。

クリックすると元のサイズで表示します
この2人って・・・(^^;
でもキス釣りの実力は相当で、輝かしい実績の持ち主です。


クリックすると元のサイズで表示します
陽が昇るにつれ気温も上がり、キスの活性の向上が期待されたのですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
河内のりんパパさんも苦戦中です。

クリックすると元のサイズで表示します
祈りをこめた最後の1投で釣れたのは・・・ウシノシタ32cmでした(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
検量風景。いつもは自己申告ですが、同数1尾長寸のための検量です。
全体的に型は小さかったです。


クリックすると元のサイズで表示します
そして優勝はテルさん、準優勝には奥ちゃん、3位にGFGの岩崎さんです(^^

クリックすると元のサイズで表示します
わたしゃ遠投で攻め、4匹で5位入賞でした。

クリックすると元のサイズで表示します
恒例の海岸清掃のアト、全体写真です。皆さんありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
そして有志が集まって投げ練。りんパパさん、同市民のN瀬さん、M上@銘竿会さんも参加してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
本日の釣果。またまたたくさんの方にいただきました。舌平目は当然ムニエルでおいしくいただきました。

*浜ノ宮海岸・第9回101スーパーキストーナメント
ロッド  :鱒鱚33−405SH、テクニウムMG
 錘   :各種
時 間 :05:40-10:00 
サイズ :12−16cm 4匹 5位 
天 気 :快晴  
 潮   :大潮
  
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ