森達也で検索した結果、123件見つかりました。

 

オウム事件―真相等を知るには  カルト・宗教・犯罪

このブログは一つ下の記事で随時更新しています。

「真相が明らかでない」なぞと大仰に言うならば、まずは認定されていることは何なのか知ってるんでしょうね、と言いたくなる。

1、2018年6月成立、8月解散の「真相究明の会」については、深笛義也氏が、下記に読みやすくまとめて下さっています。
https://biz-journal.jp/2018/08/post_24403.html
「2018.08.14ジャーナリズム麻原彰晃の死刑執行を批判する「真相究明の会」森達也氏に、被害対策弁護団・滝本太郎氏が反論」

2、麻原法廷の様子を、興味深い動画アニメで見られます。
「麻原法廷物語1―9話」2018.7-9、ユーチューブにアップ
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2387.html

3、判決例は、私が使っている有料サイトLEX・DB検索にてこんな数あります。
・オウム真理教にて、234件です。
・オウム真理教&刑事にて、88件です。
・オウム真理教&刑事&サリンで、61件です。
・オウム真理教&刑事&薬物で、33件です。
・なおオウム真理教&民事で、146件です。
―裁判所の判断文章のうち判例集に出ているだけでもこんなにあります。日本の司法において、歴史上、最も多くの関係者が長時間関与し、費用もかけたものです。刑事は「厳格な証明」、民事は「証拠の優越」により裁判所の判断が出されました。


4、うち、教祖へのそのまま確定した地裁判決は下記にアップしています。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html
・そのうち、認定された「教祖指示の抜き出し」などはこちらです。
http://aum-kazoku.boy.jp/?page_id=228 )
・また、教祖がまとめて話した1997.4.24の意見陳述要旨はこちらにあります。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html

5、買うならば、
・判例タイムズ1151号138頁〜251頁―松本死刑囚の2004.2.27東京地裁確定判決文
・判例タイムズ1232号
134頁〜190頁―確定経緯や訴訟能力に関する東京高裁2006.3.27控訴棄却、同2006.5.29異議審決定、最高裁の2006.9.15決定の3つ
誰でも購入できます。税込2,057円と税込1,965円です。
―うち東京高裁の決定文は、松本死刑囚の法廷での不規則発言など裁判経過とその段階までですが本人状態を詳細に記載してあり、実に興味深いです。

6、 「真相究明」を言うならば、まずはこれらを読み込んでいって下さい。少なくとも麻原刑事法廷の地裁判決、高裁各決定、最高裁決定とかは読んでほしいです。
 まともな「文化人」「知識人」であらんとするならば、ほとんど何も見ないで意見を言うなんてないはずと思いたいです。そんなことでは、他の事柄についての発言も、信頼性を失います。

7、また、森達也氏の著作「A3」授賞への2011.9.2抗議書は下記
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20110903/archive
その後の「創」言説を経ての2015年7月文書は下記にあります。
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2052.html
原稿形式では、xb_unv2015.v.docx

 森さんは、「反論」すると言いながらつまりは反論なきまま。まして「弟子の暴走ゆえに無罪」という一審弁護団に賛同とするとしつつ、教祖の指示があったこと書いてあるとし「動機を知りたい」という。頭が割れる。この二律背反の指摘につき、答えないまま。
 そのツイッター内での、悲しいほどの逃げ論法は下記に保存しました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20180905/archive
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2528.html
 森さんは、2018.8あたりから、対外的には「死刑論議」「訴訟能力」問題のみを言っているる、と。今も、アレフ勧誘において、「A3」は「弟子の暴走故に無罪」と書いてあるから、「真相は分からない」として厳然と使われているのにね。
58

2019/7/5

田原牧特報部長だと―東京新聞  カルト・宗教・犯罪

弱ったもんだ。
クリックすると元のサイズで表示します
(東京新聞ウェブに未だ出ていないので記事の写真データを出しました。ウェブに出ればそこを紹介しつつ削除します。https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/

なにが「深まる闇」だ。
混迷しているのはご自身でしょうが。


 それにしても、オウム真理教の名前を変えた団体アレフの、幹部である荒木君の言葉を中心に、なんでここまで書けるのだろう。「真理のための嘘」を平気で言えるオウム集団の本質を、とんと知らないのかね。反面取材などせず、よくもまあ「嘘をつくのがワーク」のアレフ幹部の荒木君から聞いた話のみで書けるものだと。東京新聞特報部は、アレフの宣伝部隊なのかいな。

アレフの、例えば、下記が勧誘方法
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20190210/archive
アレフの、例えば、下記が私の出した脱会通知
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20151209/archive

又は知らないふりして、そのままを書いているのか。聞いたことをそのまま書くんなら簡単なこと、斜めから見た感じの文章となり、好みに合う人もいるのかな。
・それは、オウム集団に利用された「知識人」と同じなのに。
・それは、オウム集団をヨイショし、拡大に寄与している人なのだということなのに。

記者は田原牧氏といい、後に東京新聞に入った著名な記者の模様
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%8E%9F%E7%89%A7

ああ、田原氏は、2012.7.12、ジャスミンの残り香―『アラブの春』が変えたもの」に、第12回開高健ノンフィクション賞(集英社主催)を授与された、著名な人。でまあ、その選考委員の一人は、あの荒木君とも親しい森達也氏でもあったなあ。

※ 公務員にも、記者にも危なっかしい人は、昔から多いものです。
※ 東京新聞は、オウム問題については瀬口さんら素敵な人もいるのに、何をやってるのか。東京新聞のこの記事が、アレフの勧誘の際に利用されること、アレフがダミー勧誘はしていないとする主張に利用されることに、気が付かないのかね。


「善意の表現者」、それも碌に調べず、斜めから見て高説をたれたがる表現者には困ったものです。しょもな。

もう東京新聞、やめようかな、とも思ってしまった。

追伸「新聞記者」という映画を見ようかな、と思ったら、森達也氏が支援しているとしてエンドロールに出てくるのだと、ガクッ、馬鹿な話だ
 9条改憲阻止についても、死刑廃止についても森達也氏を、未だ使っているところがある。故早川、宮前や、無期懲役杉本に「違うよ」と言われながら、麻原無罪主張の論理である一審弁護団「弟子の暴走」に賛同と言ってる人。一方で、同じ書籍「A3」内で「サリンを撒けと指示したことを認め、その麻原の動機を知りたい」と有罪を前提に書いている人。判決公判を見ただけで、傍聴記や判決文さえ読み込まず高説をたれている人。まさにフェイクの人なのに。ああ礼儀正しい故米山真理氏も、下山事件の本につき、そのフェイクを罵倒した対象の人なのに。こんなことでは死刑廃止はできず(それはいいけれど)、9条改憲も止められないなぁ。暗澹とする。

10

2019/5/6

富士宮・上九  カルト・宗教・犯罪

5月4日、久しぶりに静岡県の富士宮、そして隣接する山梨県の旧上九一色村の富士ケ嶺地区と本栖湖に行ってきました。写真と説明で報告します。

富士山総本部だったところです。広い跡地の一角には、富士宮市民の会が建立した「団結の碑」があります。
この広い土地に隣接し、搾乳のための酪農をしていたお宅があります。当時、夜の照明やマントラやお陰で乳の出が悪くなって困ったとのことでした。悪臭があった日が何度かあったとのことであり、何人かの遺体を焼いた時だったのだろう、と後に推測されました。坂本事件直後には悪臭はなかったとのことであり、殺したならば他に埋められていようと推測していました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは今、盲導犬訓練センター「富士ハーネス」になってます。初めて見学できる時間にあたり、色々見てきました。この施設になったのはとても意義があるように感じます。下記に紹介されています。

https://www.moudouken.net/fuji-harness/go-fuji/

上九の富士ケ嶺地区、竹内精一さん宅に行きました。腰が痛かったりして酪農はもうやめたとのことですが、とても91歳には見えないです。どうぞ元気に長生きしてくださいませ。故松本智津夫の思い出を色々と話しました。
クリックすると元のサイズで表示します

参考までに、竹内さんの、1995.8著の本「オウム2000日戦争」です。貴重です。
クリックすると元のサイズで表示します

同じく、岡本法惠さん宅に行きました。大きな雹が降ってきました。
岡本さん宅は、サリン製造計画の第7サティアン、サリン製造のクシティガルヴァ棟や、学校体育館以上の大きさの第10サティアンに近かったです。恐怖そして1994.7の悪臭を発見した方です。竹内さんら共々、何人もの逃げてきた出家者を救ってくれた方です。
 1995.3.22未明には私もここにつき、他の出家者数家族とともに待機し、カナリヤを先頭にした強制捜査の開始を見ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

岡本さんが当時、撮影していた写真の一部です。
クリックすると元のサイズで表示します

 上九の人達には、まさに深く感謝申し上げます。
 オウムの監視活動をしてくれた方々です。その車両情報を(南巨摩郡の旧富沢町や熊本県の旧波野村の各住民団体と同様に)私がもらい、色々調べつつ警察にも諸情報を提供してきたものでした。

 太平洋戦争の後、富士山麓を開拓してきたご苦労からする根性、大根栽培ができて少し落ち着いた頃の北富士演習場の計画と闘い、なんとか酪農で食っていけるようになったのに、オウム施設が次々と建設され始め、その迷惑さから反対運動をしてこられました。富士開拓の前、一部の方は満蒙開拓団そして引き上げやソ連抑留で苦労してきました。

第1上九の建設阻止のための裁判などで陳述書を作成するため、聞き取り作業をして、そのご苦労に文字通り頭が下がりました。
クリックすると元のサイズで表示します

 麻原教祖は、1994年夏、この岡本さんと竹内さんの所、また公民館に盗聴器をセットさせました。しかし、「村人をポアする」計画はなかった。
 きっと、オウム王国を作るには敵なのだが、しかし尊敬もしていたのだろう、と考えています。



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 第1上九です。説明書きが一切ない「慰霊碑」が立っています。この慰霊碑のあるあたりの建物地下に設置された電子レンジの原理を利用した施設で、假谷さんや内部死亡者の遺体が、時間をかけて焼かれ、分解されました。この日は、大きく見えるはずの富士山は見えませんでした。隣にある牧草地と1つの木は、過去自動車会社のコマーシャルにも使われました。そのお宅は、照明や削岩機の被害が最も大きかった。出家者が逃げてきて、追ってきた人が戸を壊したりまでして連れて行ったものでした。

 なお、その他、治療省や尊師のご自宅が入っていた第6サティアンがあった第2上九、工場などあった第4上九、サリンを保管する予定の自製の危なっかしいポリタンクが大量に残存していた高い所にある第5上九だったかなあ、それらの跡地があります。
 (ちなみに、これらの土地は、決して森達也氏らが誤解しているような、後のガリバー王国やその跡地ではありません。彼は月刊プレイボーイでも単行本でも間違えていた、文庫本では訂正したのかなあ。調べれば容易に分かることであり恥だろうに。)

 やたら混んでいた国道につながる道で、車中から牛を撮影しました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 本栖湖では富士山が少し顔を出しました。そしてその湖面です。假谷さんらの骨残滓がまかれました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

頭を垂れ、手を合わせた一日でした。
12

2019/4/12

弁護士という制度  定義・知識人の責任

2人の発言からみる考えの違い。
−昨年の森達也氏、三女さんら主導の「オウム事件真相究明の会」−2018.6.4設立、8.24解散−に名を連ねた人ですが、アベ政治の評価その他での多くの点では、意見が同じなんだがなあ。

香山リカ
後藤弁護士は水俣病で被害者側に立ち、一株運動を指揮し、チッソ株主総会の議決取り消しを原告として訴えて最高裁で勝訴を勝ち取るなど輝いていた。それがなぜ、いまはチャンネル桜の代理人として法廷に立っているのか。それでもこの『沈黙と爆発』は名著だと思うが。

山口二郎
往年の後藤孝典弁護士の活躍を知るものにとって、なぜ今ネトウヨの弁護をするのか、信じがたい。晩節をけがしたとしか思えない。昔、朝日新聞の書評委員をしていた時、『沈黙と爆発』の書評を書いたことがある。亡くなった原田正純先生が見たら、何と言われることか。

滝本
うわっ、「香山リカ」さんも「山口二郎」さんも、そんなことを言っていては、「弁護士制度」のみならず「人権」や「表現の自由」について語る資格がないことを認めたようなものなんだが、分かってないのかな。「聞いてみたい」は分かるが、晩節を汚した等々の「批判」は当たらないと

滝本
1997年頃だったかな、オウム幹部の弁護をしている弁護士さんの姪とか、親戚から、辞めさせたい、申し訳ないとか連絡が2−3来た。私「それが弁護士です。この件では被害・告発側ですが、私もまず間違いなくひどく悪い人の弁護や代理もします、この状況での弁護を尊敬しているんです」とか説明してた。
6

2019/3/9

森達也氏はまた批判に答えず遁走  カルト・宗教・犯罪

森達也氏が、また批判から逃げてしまった。
「何言ってるのかわからない、もういいや。バイバーイ(@へへ)」

だと。ふざけた人だ。そして今度は、私をツイッター上のブロックしてきた。素朴すぎる「ガリバー王国」の土地についての間違いの指摘とか、嫌だったのかなあ。よく見てみれば、少しの書き込みをした江川紹子さんについてもブロックしたみたい。なんなんだか。


昨年、ツイッターで一度議論があり、その折も遁走してしまったが。下記の2018.9.5ブログに保存してあります。
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20180905/archive
 私は、罵倒も「いちゃもん」もつけておらず、至極あたり前に「A3」の各所の偽りの記述、矛盾した記述を指摘しているのです。下記の2016.8.5ブログにある2015年7月文書です。これに答えることをしないまま「罵倒」「いちゃもん」などと書いたり、話をずらして返答するなど、自らの立論がまともでないことを自認しているという外ない。
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20160805/archive
どうぞこれらも参考に


 今回の切っ掛けは、先日の、MHK「クローズアップ現代」での森達也氏コメントの中、
「フェイクのほうが拡散しやすい。事実はつまらない。」という、いかにも森達也節というフレーズが飛び出した事に関してです。江川さんも書き込んでいました。

ブロックされているので、森氏の書き込みはそのまま転載できず、写真をかかげるしかないではないか。落ちもあるかも。


クリックすると元のサイズで表示します

森氏投稿@―上記の写真のとおり 3.4
=江川紹子さん投稿に対して

滝本太郎 @takitaro2
3月5日 返信先: @MoriTatsuyaInfoさん
「嘘の方が広がりやすい」はそのとおりかも、と思います。
本A3「弟子の暴走論」も教団は有効利用してる。抗議書で指摘すると、サリン散布の指示は認めているとし、その自己矛盾には頭が割れました。総括的な2015年7月文書には、反論のないまま。いかんです。

滝本太郎 @takitaro2
3月5日 返信先: @MoriTatsuyaInfoさん
あれ「話させる」ではなく「再審」ですか。「真相究明」をしたいならば、ご主張の麻原さん「治療」は格別、他の人の死刑執行も止めないといかんでいょう。無期懲役中6人もおり、そもそも大量の裁判記録が残っています。裁判傍聴記録、麻原判決文の勉強・研究もしようともせず、おふざけが過ぎます。

滝本太郎@takitaro2
3月5日 返信先: @MoriTatsuyaInfoさん
こんばんは。少なくとも「フィクション」とは言わないのですよね。
 私の名前をせっかく出すくらいならば、下記にある総括的な2015年7月文書に、正面から答えることが必要でしょう。

滝本太郎 @takitaro2
3月5日 返信先: @takitaro2さん、@MoriTatsuyaInfoさん
「麻原から動機を聞きたい」は誰しも同じで、抗議書の経緯からB(弟子の暴走論)批判となってきたが、「指示した」との二律背反のままなら話にならない。 
 「麻原の動機を知りたい」と言う前提として、一審弁護団が職務上した「弟子の暴走」主張=指示なし=無罪主張への賛同を、撤回しますか。

森氏投稿A―上記の写真のとおり、3.6

滝本太郎 @takitaro2
3月7日
森達也氏また自己矛盾。言う日時が違うから矛盾してない、とでも?
「治療してから―再審する」vs「(意識を取り戻した)麻原を徹底的に追い詰めて、公開の場でとどめを刺すべきだった-2018.6」
まあ、「無罪主張の一審弁護団、弟子の暴走・忖度論に同意する」vs「サリン散布の指示を認めてる」という人 https://twitter.com/MoriTatsuyaInfo/status/1102824998266462208

滝本太郎@takitaro2
返信先: @MoriTatsuyaInfoさん
「再審」は無罪を主張するもの、「公開の場でとどめを刺すべき」と言ってたのと勿論矛盾。メチャクチャすぎます。私をブロックするんですか。下記の私の2015年7月文書に答えないまま。しょもない話、A3はガリバー王国だった土地がオウム跡地と書いてるだけでも失格ですが。

で、森氏投稿B―上記の写真のとおり 3.7


 ***下記は3.5フェイスブックにまとめた内容です***** 
 ★嘘の方が広がりやすいって、そのとおりかも。 真相が分からない「真相究明の会」(森達也氏らが2018.6設立、8月終了)には、裁判内容も知らなかったり、ともかく死刑廃止の人も集めてた。結果、教祖は何も語らなかったとか、弟子の暴走なのでは、なんて考える人が出てきたみたい。
 教団は、そんな会の論調や、森さんの本A3「弟子の暴走論」を、実に有効利用している。最初のオウムと分からずに勧誘し、ヨーガを伝え信頼関係ができた後に、オウム(アレフ)と知らせるわけだが、その際に質問あれば、この会の論調やA3の「弟子の暴走論」が役立つものです。
 それなのにA3にはノンフィクション賞だと言うので、日本脱カルト協会の抗議書と、青沼・藤田・滝本連名の2つの抗議書が出た次第。で、森氏が月刊誌「創」で対応してきて、いえいえ、自分もサリン散布の指示は認めているとした。
 なんなんだそれ、教祖指示を認めるならば「集団の暴走」でしょう。森氏は、一審弁護団のいう教祖無罪の論拠「弟子の暴走論」に同意するとしているが、できようがないでしょうがぁぁ。実にまったく、その自己矛盾には頭が割れました。
 で、私の方で、2015年7月、総括的な文書を用意した。が「創」は反論を載せてくれず。ネットに公開した。で、森氏の反論がない、できないままなのに、反論したと嘘をここでも言い続けている、と。強弁している。総括的な反論文など、下記の中にアップしています。ご参考に。
        ************
8

2019/1/3

「オウム死刑に対する報復」って  カルト・宗教・犯罪

オウム「オウム死刑の報復でやった」 竹下通りの車暴走
2019年1月1日 10時55分 テレ朝news
・住所、職業不詳の男性21歳
・1日午前0時10分ごろ、渋谷区神宮前の竹下通りで軽自動車を運転
・10代から50代の男性8人がはねられて重軽傷
・「殺そうと思い、通行人をはねた。オウムの死刑に対する報復でやった

http://news.livedoor.com/article/detail/15818469/?fbclid=IwAR1lzRpuSxCetaPNBU6xBjQYIzID0JSHd5RG7xu4YW8u753nczwFn-a3h9I

上記被疑者が、オウム集団となにか関係するのかどうか、私はまだ分かりません。
もちろん、このように供述しているならば、昨年の死刑執行と精神的には絡んでいるのでしょうけれど、ネットなどで何か書き込んでいたという情報も得ておらず、具体的には分かりません。

12月31日のブログは、年が改まるタイミングことで不安もある一方、考える機会ともなるので書いたものでしたが。https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2495.html

一般論としては、「麻原彰晃」の破壊願望というものが、いろんな環境・性格傾向・特質のある人に対し、報道や様々な動きの中で、いわば伝染していってても何らおかしくない−誰でも「内なる麻原」を持っているのですから−とは思います。

仮に、「死刑に対する報復」の趣旨が、一部メディアらが書いていた「教祖は何も語らなかった」「真実が分かっていない」とあったことでその趣旨での報復だとすれば、それら関係者にはますます「バカッたれが」と言いたくなります。

 また「弟子の暴走だったのに」「教祖は判断能力がないのに違法に死刑執行された」なんていう趣旨での報復だということであれば、森達也氏ら「オウム事件真相究明の会―2018.6.4成立、2018.8.24解散だとさ―それらの言説を重ねた方々には、ますます「バカッたれが」と言いたくなります。
11

2018/12/28

水俣病説、被差別部落出身説という偽り  カルト・宗教・犯罪

シーハ師の「オウム真理教元幹部の手記」を読んで。

 直接体験したことの記載は貴重なもので、オウム全体のジグソーパズルを完成させる一つになる。「白いイニシエーション」か、それも保存すべきことなのだろう(涙)。

記載は整理されておらず、編集者はいなかったのかな。

それにしても根拠なき記載は困るなあ。90頁の「麻原は同和地区に生まれ、幼少時に水銀入りの魚を食べて左目の視力を失い、右目は弱視になりました。」って、それ間違いです。
一部知識人が嘘八百を流すんだから困ったものです。水俣病云々は、藤原新也氏や森達也氏の「A3」からかな、2人の責任は重い。


 教祖の被差別部落出身説は、偽りです。
これ教祖本人が、その出身で差別に苦しんできた出家者に対して、「自分もその出身だから」なぞと酷い嘘を言って出家させ、やがて罪を犯させたという酷い話だったというのが、法廷証言でも出ていると記憶します。探すのが大変だけれど。

 教祖の水俣病説も偽りです。
森達也氏関係での抗議書や反論として、私のブログ2012.8.20、2016.8.5、に書いてあります。
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20120820/archive
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20160805/archive

2011.9.3の下記の-9のところ「森達也著「A3」への講談社ノンフィクション賞授賞に抗議-9
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20110903/archive?b=7
藤原氏については2009.11.29、の所に書いてあります。
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20061129/archive

(森氏記載の教祖水俣病説の偽り)
 7月号の反論では、教祖の視力障害の原因としての水俣病につき「可能性としては極めて低いと考えている」と書き、むしろ否定しているという。
 しかし、A3では、水俣病にからむ記述が数か所の計約十ページにもわたっている。抗議書で書いたとおり視力症状は水俣病の場合とは全く異なるのに、である。「極めて低い」とある直前には「今のところは証明されていない」とある。思わせぶりである。これによって多くの読者は水俣病の可能性が高いと感じていく。実際、文庫本の解説では斎藤美奈子氏は「彼の視力の衰えが水俣病に起因するかもしれないという、人物像を大きく左右しかねない証言は強い印象を残す」としている。「親が朝鮮半島出身だ」「被差別部落出身」という偽りと同様に、事件の背景・動機を歪める記載だという外ない。十二分な記載をしつつ「可能性は極めて低い」と書くなど、あらかじめ用意した逃口上というべきだろう。
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ