2020/1/11

事件報道―名前のこと  メディア・ネット

 私、刑事事件につき、被害者氏名等も、加害者氏名等も、報道は当然に出していいものとは思わない。

 被害者側は本人や遺族のまさに自由選択であり、一部のメディア人とだけ信頼関係ができた時、そこだけの取材を受ける。その報道のみを了解する、も自由だと思う。

 ただ、それは本来、警察が決めることではないし、やむなく当初そうしたとしても、当事者らが、後になって気持ちの全部または一部の変われば、公開するにつき、誰へもどこへも、何の遠慮もする必要はない。

 一方、加害者については事件の大小、特質、被告人の立場によると思う。とても小さい事件で、時には後に不起訴や無罪となることさえもあるのに。未だ出ていたりする。
 小さな事件なのに逮捕云々と報道されたから解雇になってしまった。家族が崩壊してしまったなどもあるんです、たとえ有罪事案でもこの事件で家族崩壊までさせていいのか、と思ったり。

 報道はなんでも自由に出していい、というものではないと思う。記者やデスクとかも、「他人事」ではないと実感していれば、分かるはずのことだと思う。
 上記はメディア人と意見が大分違うかとも。一弁護士の感覚です。

 下記は、私が2017年7月22日にフェイスブックで書いたことだった。お父さん、大丈夫かな、今はどうしているのかな。
         ********
https://mainichi.jp/articles/20170722/ddm/041/040/137000c
 急がないでいいが。このお父さん、あの世でまた、妻とこの娘さんに会えることを楽しみにしているんだろうな。近く会えますね。
 メディアスクラムってとても凄いんです。心理的にとてもきついものでしょう。だから昨年、名前など明らかにされなくて、とてもよかったと思う。被害者側ガードの弁護士らも頑張っていた。
 マスメディア人は、名前など出すべきと未だ多くが言うが、どんな事件でも被害者側に「名前など出されることを受忍する義務」はないはずでしょうが。名前とこのように殺されたこともまた、プライバシーなんだから。
 ああっ、昔は、新聞紙上、強姦殺人の女性被害者名まで当然に地域・名前が出てた、自殺者名も出ていた。あれは実に異常だった。「それはおかしい」という感覚は、今の多くの人、メディア人も持っていように。そんなように、変わっていい常識もあるんです。
 私は、どんな事件でも、遺族の了解なき限り、名前など出さないのが原則だと思う。昨年、警察が確認もせずに一律に非公表としたならおかしいが、一人ひとりの遺族なりの意思を確認しているならば、非公表は当たり前だと思う。
 そして、警察発表になどよらず把握できたメディアのうち、誠意ある取材姿勢をとって了解されたところだけが、このように報道する、それでいいではないか、それがまともではないかと思う。
        *********
7

2019/11/30

相模原事件―2019.03.04のラジオ放送  メディア・ネット

来年1月8日から始まる相模原障害者大量殺人事件を考える際には、神戸金史記者の「SCRATCH 差別と平成」は、ほんと必須だと考えます。

知らなかった。実にお勧め。TBSラジオがRKB毎日放送と共同制作した、ラジオの1時間報道ドキュメンタリー番組
「SCRATCH 差別と平成」
−2019.03.04放送「安楽死」語った植松被告


https://www.youtube.com/watch?v=85bsMQabEX4&feature=youtu.be
4

2019/8/31

フェイスブック、ツイッターの効用  メディア・ネット

私、下記でフェイスブック、ツイッターなどをしているのだけれど、その感想。
―インスタグラムって何なんだ、遅れてきた青年の自分にて。
―うーん、保存性がないのがもったいないかと。時にこちらに転載しているのだけれど。
―気を付けて書くべし、と自戒しつつ、です。


FBはこちら。https://www.facebook.com/taro.takimoto.94

1、いろんな情報、まだメディアに出ていない、又は出ないだろう情報を知ることができる。

2、エントリーへのコメントにより、色んな背景、学識、経験を持っている人の、実に貴重な話も聞いたりできる。

3、顕名での書込みであり、その元々のFBなど見ても偽りを書く人ではないと思われて信頼性が相当にあるものも多い。

4、若い方や知識・一般的な経験の少ない方の書き込みも、そのさまざまな経験、心情、感覚を知ることができる。

5、様々な団体、主義主張の人の傾向など知ることができ、自分との相違点と、これ重要なことには自分と意見を一致する事柄もあることを知ることができる。

6、自らの日々の考えを、それなりの数の人に伝えることができる。

一般の世論を知るにはツイッターの方が良いのだろうと。私のツイッターはこちら。https://twitter.com/takitaro2

1、アラシというか、書もない書き込みも多いが、匿名のことが多く、広く一般的、多分若い人の感覚を知ることができる。ちょうど、あえて読売新聞をこそ読むようにしているのと同じ感じ。

2、「いいね」とかばかりに拘ったり、ブロックしたりして、そこでさえ「蛸壺」「部分社会」になっていく方が少なくなく、また各所の権力者や他国の世論工作に使われていて、人間と人間社会、国家の哀しい性(サガ)ることができる。

3、自らの日々の考えを、相応の数の人に伝えることができる。
7

2019/2/2

月刊誌「噂の真相」  メディア・ネット

*****
https://www.asahi.com/articles/ASM2254KBM22UCLV004.html
月刊誌「噂の真相」の編集長を務めた岡留安則さん
1月31日、右上葉肺がんのため、那覇市内の病院で死去
71歳
****


評価色々の岡留氏と「噂の真相」だろう。

私がもっとも記憶しているのは1995年3月22日以降のオウム捜査につき、
「微罪、別件逮捕などが多くて問題、あなたは弁護士だろうが」と聞いてきたのは、実に、ここの記者だけだった、ということ。

率直に聞かれて、嬉しかった。

私はたしかこう説明した。その立場を分かってもらえたように思う。
・この件では、告訴告発側の弁護士です
・爆弾どころか、化学兵器まで使われた実質内戦で、やられれば何万人が死ぬか分らない事態
・末端は信仰を固めるだけ、やめてと警察には求めている。
・化学兵器が使われる心配がなくなる迄はご理解を。
8

2019/1/15

メディアの底が抜けた  メディア・ネット

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161960817/
1月13日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)での松本発言。
「そりゃもうお得意の身体を使ってなんかするとか」

 すなわち 山口真帆さん被害事件(NGT48・山口が、昨年12月に自宅に男2人に押し掛けられ被害。「運営が対処するといいつつ動かなかった。悪いことをしてるやつらもそのまま」と告発)につき

 指原莉乃氏の自分が運営側に立っても何もできないという発言に対して、松本人志氏の「そりゃもうお得意の(指原の)身体を使ってなんかするとか」の発言。
*********
松本「現場の人間が若すぎる。もっとハゲを置いたら」
指原「そんなのじゃ解決しません」
古市「引退するんだし運営のトップに立てば」
指原「今回のことがあって余計にメンバーと運営の間に立つ人間が少なすぎるので、そのケアはしたいなって思いました。ただトップに立つのは現状として偉い人が仕切っても何も出来ない状況。私が立ったとしても何も出来ないと思う。人数が少ない運営なので」
松本「でもそれはお得意の体を使ってなんかするとか…」
*********


 これもうだめ。こんなセクハラ発言を公共の電波で流す、それも録画番組なのに削除もしないで流したテレビ局なんて

 でも、他のメディアでも、まだまだ報道されていない。なんなんだ。
 直ちにBPOに連絡すべし、松本氏と同テレビ局への適切な処置を求める、として。
 連絡先は下記ですね。
 https://www.bpo.gr.jp/?page_id=967
6

2018/10/15

オウム問題を知るに必見番組かと  メディア・ネット

20181015追伸―私も同席した2時間番組です。四女さんが教祖らの死刑執行後、唯一出たテレビ番組でした。こちらにアップされてます。
池上ワールド 独占スクープ 池上彰
  vsオウム6人の証言者
  2018年8月26日

http://m.pandora.tv/?c=view&ch_userid=msb0727&prgid=56444258&ref=mview&lot=share&sns=mtw

1−宮前被告(旧姓佐伯、岡崎)につき、起訴段階では14点で無期懲役求刑予定だったとか、
2−一人も自分のサリンでは殺していない横山も含め一律15点とした
あたりカットされてしまっていたが、
3−上祐の白々しさ−Yさん殺人現場にいたことも追及−
4−四女さんの緊張して話す言葉、や「危険性の意味」なども分る放送でした。

14

2018/10/6

オウム“天才”信者VS伝説の刑事  メディア・ネット

https://www.fujitv.co.jp/muscat/20180671.html
10月4日(木)
『直撃!シンソウ坂上SP 独占スクープ!サリン事件極秘資料 ―オウム“天才”信者VS伝説の刑事―』

 故土谷正実を調べた刑事を中心に描いたこの番組、なかなか良かったですね。裁判段階の状況からして、そんな感じの調べをしてきただろうことは想像がついたが、実際こんなことだったんだろうな、と思う。

 何よりも、「ああ言えば上祐」「嘘をつくのがワーク」をしっかり描いていること、それから事件は終わっていない、オウムみたいなのはまた出てくる、「彼は普通の人だったんだ」と描けていた、と。


 一つだけあかんなあ、森達也氏の間違いの影響かなと思ったところは、最後の方で「上九一色村のあの富士ケが嶺地区に後にできてあっという間に崩壊した「カリバー王国」が、オウム施設の跡地と誤解させてしまうだろう映像だったこと。「同じ地区」との表現だが、見る人は跡地だと思うだろうと。

 この点、森達也さんの「A3」は、文字通り下記の批判文章にあるとおり、間違ってて、実に弱ったことなんだが。森氏の「ドキュメンタリーは取材不足でも嘘をつく」さらに「ドキュメンタリーはあえて嘘をつく」というものなんだろうと。


************
 また、文庫本を訂正するならば、これに続く記述は削除すべきだった。跡地の1部がガリバー王国やドッグランになったとの記述である。決してオウム施設の跡地ではない。ネット上に未だ同じ間違いが散見されるが、出所は森氏だったのか。地元や関係者に確認すれば容易にわかること。主要なことではないから抗議書に書かなかったが、書けば卒塔婆と同様に文庫本で口を拭って訂正していたのか。森氏は、間違った記述のうえで「こうして上書きと更新をくりかえし、最終的に残されたのは一面の草原…欠落した何かを想起させる」としている。これも空虚な記述となる。
************

 その全体である2015年7月文章は下記にあります。
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2052.html
10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ