2020/8/3

日曜政府広報  メディア・ネット

ツイッターで見つけた。

昔、オウム問題で出たことがあり、政府高官あてには首脳が出て深々と頭を下げていたなあ。
今、こんなことになっているのか。なんなんだ。

ホント受信料をまた払いたくなくなる。

HOM55 @HON5437
8月2日のNHK日曜討論。新型コロナの感染拡大と、全国の自然災害という重大な問題が取り上げられましたが、なぜか出席者は菅官房長官のみ。各政党からの出席者は一切なく官房長官が政府の主張を述べるばかりで全く「討論」ではありませんでした。これでは「日曜討論」ではなく「日曜政府広報」です。


クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/6/6

山田奈々さんの問題提起  メディア・ネット

https://www.facebook.com/taro.takimoto.94
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2778.html
 下記は、私の上記フェイスブックに、ここの上記6月2日ブログにも書いた「アベノマスク送付運動」について記載したところ、侮辱にあたるしかも内容のない色々な書き込みもがあったが、その中での山田菜々さんの問題提起を整理したものです。これもFBに記載し、山田菜々さんFBの方にもかきこんだがお誘いした。議論が深まっていかないかなあ。

 侮辱や罵倒の一言を書くだけという、「ピンポンダッシュ好き」「それしかできない」人が多い中で、山田奈々さん、偉いと思う。整理して書き込んでくれないことが辛いけれど。
 その類似の考えの人ともども、議論が深まっていけばいいがなあ。


山田奈々さんからの問題提起――20200604そして05に追加

@ 非常事態宣言を憲法に明記するのは、先生は大反対だと思いますが、この官僚の縦割り行政が今回(アベノマスクなどのご趣旨でしょう―滝本)の不策の原因なのは重々お分かりでしょう。非常事態条項があれば、他国のようにスムーズに事が運ばれるでしょうし、マイナンバー制度が拡充していれば、給付金の支払いもあっという間でしょう。先生は大反対だと思いますが。

A 北方領土の件ですが、日ソ不可侵条約を破って参戦し、日本が白旗をあげた後に占守島を奇襲攻撃し、シベリアに57万人も日本人兵士を抑留した国です、北方領土を返還するのがどれほど困難か、先生ならお分かりでしょう。安倍総理はプーチンと懸命に関係を築き、頑張っておられる。


★整理して追加―20200605
山田奈々さんの書き込みが、アベノマスク送付運動のエントリー中のコメントとして埋もれていた。山田さん、300以上もある中で、本題と違うのもをいくつも書かれても気づかずましてレスで仕切れないですよ。もとより、これが仕事ではないし。それも整理されずに記載されていた。
 そこで、ご自身の書込みは、課題で分けると7つあり、@、Aに続けてFまで番号をつけてここにアップしておきます。このようにしないと議論なんてできないです。印象や感覚でできることではないのですから。
 論議を続けて欲しいです。山田さんは、最後の記載のごとく下記の通り記載しましたが、それで終えることなく―で一方で自分の所
https://www.facebook.com/yamada.nana.1
は他の方ともども私を罵倒しつづけグチャグチャ書くのでなく―、ここにもひき続き書き込んでくださいませ。山田さんや類似の考えの方なども歓迎にて。

B 総理がマスクは俺が考えたんじゃないんだって公言してますか?佐伯事務官が進言した、これは一般的に言われている常識的な話ですが。フランスでも全国民向けに、マスクの配布が始まったようです。ただ、スピード感はあるでしょうね、いい意味で国民が管理統制されているので。何かを見つけては安倍批判、マスクのような些細な話でしか批判が出来ない現実が気の毒ですね。マスクに感謝してる方がいる。
これからまた第二波、第三波が予測される。あっても良いではないですか。チャイナが隠し持っていたマスクが市中に出回り、値崩れを起こし、マスク不足が解消されたという副産物がありましたね。

C 森友―籠池泰典氏は目を覚まし、菅野保、辻本、小池、福島等に騙されたと公言してる。安倍総理に責任はないと、ハッキリ言っている。全くメディア報道はありませんが、ご自身の口でYouTubeチャンネルで語っておられます。全部論破されてますね。

D 加計―カケは、52年間出来なかった獣医学部を国家戦略特区を利用して新設しようとしたら、利権を崩されると踏んだ獣医師会に反対された、そして大学の理事長が、たまたま安倍総理の友人であったので、「何かあったに違いない」の得意の論法で攻めたが、何もなかった。

E 桜―官邸のやり過ぎが問題になった。それはそうだと思います。ただ、ホテルの宴会の料金の件などは、立民の先生方も普通に値引きさせてます。全部論破されてますね。

F 検察…―黒川検事長の件は、検察からの依頼と、検察人事抗争である。全部論破されてますね。
―安倍憎しで、正常な判断もできなくなっていますね。誰が責任転嫁してますか?
1

2020/2/9

テロ事件に対する報道の役目について。  メディア・ネット

テロ事件に対する報道の役目について。

「相模原障害者多数虐殺テロ事件」について。

 私は、世に誤解されてはいけないから「尊厳死」「安楽死」の定義も、彼にしっかり確認させ、自分は安楽死させたのではないと、あたり前のことだが公に認めさせた。そして、彼が国に求める『安楽死』は、議論されてる安楽死―本人の希望をもちろん重要な要件とする―とは異なることも認めさせた。

 どんな事件でも、法廷では遠慮なく聞かれます。猥褻用語も事件で使われていれば当然使われる。遠慮がちな弁護士も居たりするが、いかんことです。

 本件では、尚更きれいごとの議論ではならん、と多くの人が言う。それはこの裁判が、彼の現実に仕事をしてきた彼の、重度知的障害者、そして法廷では「重度認知症の人らも死なせるべきだ」という「コスト削減」「生産性」のみの思想との闘いなのだから―他の弁護士が聞いた「その世界には誰がいるんですか」に象徴される―当たり前だろうと。

 新聞メディアは何を遠慮しているのか、彼の動機にかかるいくつかのエピソードが報道されていない。優先しての傍聴席があるのに。被害者・遺族のためとか言うのだろうが、それこそ「匿名のメリット」として、報道できること。誰か早く書いてくれないかなあ。聞いていた私自身はメモを取れず、なんです。

 小学生時の作文のことも、私が聞かなかったら法廷に出なかった、と。先生からのコメントがなかったと本人は言っている。いつもはコメントをくれる先生が。この話は、本人が捜査段階から今の段階まで言っていて、嘘をあえてついているとは思えない。

 やまゆり園があって、少なくない人の職場でもあり実質共生社会を目指せていた地域です。その小学校で、知的障害児と交流もあった被告人ら。時に嫌なこともトラブルもあるのは当たり前で、その指導に不十分さがあったことが、元々の原因の一つだと思える。友人らには当時から言ったこともあるとも言う。

 被告人は、事件後(やまゆり園の再建は)「共生社会をすすめる」方向になったことにつき、「それもいい」「やはり無理だとなって、重度知的障害者らを政府が、彼の言う『安楽死』させるという政策に、結局はなる」とうそぶいていた。

 福祉国家そして共生社会を目指すという日本外の政策に対する挑戦であり、テロ事件なんだと。
5

2020/2/5

傍聴記録について  メディア・ネット

「相模原障害者虐殺テロ事件」の裁判、

例えば2月5日の被告人質問は、
弁護側の質問、
検察側の質問

の後、私が数えて
裁判員から17の質問、
裁判長代読で補助裁判員から18の質問、
裁判官3名の25の質問、
つまり合計60の質問と回答は、裁判記録にとどめればいいのですかねと。

一つ一つは小さなことでもジクソーパズル

通例の傍聴席の、
3分の1は、被害者参加人であり、遮蔽ばかりが言われるが、訴訟関係人・バーの中扱いです。
3分の1が、一般傍聴席、30余りあるかな。
3分の1が、メディア用、30余りあるかな。それは、傍聴内容を記録し、国民に広く報道していくことが期待されるからこそ、特別扱いとなっているのだが。

まあ、手書きの読めないのを私がアップすればいいことかもしれないが、裁判の全日は出ていない。
2

2020/1/11

事件報道―名前のこと  メディア・ネット

 私、刑事事件につき、被害者氏名等も、加害者氏名等も、報道は当然に出していいものとは思わない。

 被害者側は本人や遺族のまさに自由選択であり、一部のメディア人とだけ信頼関係ができた時、そこだけの取材を受ける。その報道のみを了解する、も自由だと思う。

 ただ、それは本来、警察が決めることではないし、やむなく当初そうしたとしても、当事者らが、後になって気持ちの全部または一部の変われば、公開するにつき、誰へもどこへも、何の遠慮もする必要はない。

 一方、加害者については事件の大小、特質、被告人の立場によると思う。とても小さい事件で、時には後に不起訴や無罪となることさえもあるのに。未だ出ていたりする。
 小さな事件なのに逮捕云々と報道されたから解雇になってしまった。家族が崩壊してしまったなどもあるんです、たとえ有罪事案でもこの事件で家族崩壊までさせていいのか、と思ったり。

 報道はなんでも自由に出していい、というものではないと思う。記者やデスクとかも、「他人事」ではないと実感していれば、分かるはずのことだと思う。
 上記はメディア人と意見が大分違うかとも。一弁護士の感覚です。

 下記は、私が2017年7月22日にフェイスブックで書いたことだった。お父さん、大丈夫かな、今はどうしているのかな。
         ********
https://mainichi.jp/articles/20170722/ddm/041/040/137000c
 急がないでいいが。このお父さん、あの世でまた、妻とこの娘さんに会えることを楽しみにしているんだろうな。近く会えますね。
 メディアスクラムってとても凄いんです。心理的にとてもきついものでしょう。だから昨年、名前など明らかにされなくて、とてもよかったと思う。被害者側ガードの弁護士らも頑張っていた。
 マスメディア人は、名前など出すべきと未だ多くが言うが、どんな事件でも被害者側に「名前など出されることを受忍する義務」はないはずでしょうが。名前とこのように殺されたこともまた、プライバシーなんだから。
 ああっ、昔は、新聞紙上、強姦殺人の女性被害者名まで当然に地域・名前が出てた、自殺者名も出ていた。あれは実に異常だった。「それはおかしい」という感覚は、今の多くの人、メディア人も持っていように。そんなように、変わっていい常識もあるんです。
 私は、どんな事件でも、遺族の了解なき限り、名前など出さないのが原則だと思う。昨年、警察が確認もせずに一律に非公表としたならおかしいが、一人ひとりの遺族なりの意思を確認しているならば、非公表は当たり前だと思う。
 そして、警察発表になどよらず把握できたメディアのうち、誠意ある取材姿勢をとって了解されたところだけが、このように報道する、それでいいではないか、それがまともではないかと思う。
        *********
7

2019/11/30

相模原事件―2019.03.04のラジオ放送  メディア・ネット

来年1月8日から始まる相模原障害者大量殺人事件を考える際には、神戸金史記者の「SCRATCH 差別と平成」は、ほんと必須だと考えます。

知らなかった。実にお勧め。TBSラジオがRKB毎日放送と共同制作した、ラジオの1時間報道ドキュメンタリー番組
「SCRATCH 差別と平成」
−2019.03.04放送「安楽死」語った植松被告


https://www.youtube.com/watch?v=85bsMQabEX4&feature=youtu.be
4

2019/8/31

フェイスブック、ツイッターの効用  メディア・ネット

私、下記でフェイスブック、ツイッターなどをしているのだけれど、その感想。
―インスタグラムって何なんだ、遅れてきた青年の自分にて。
―うーん、保存性がないのがもったいないかと。時にこちらに転載しているのだけれど。
―気を付けて書くべし、と自戒しつつ、です。


FBはこちら。https://www.facebook.com/taro.takimoto.94

1、いろんな情報、まだメディアに出ていない、又は出ないだろう情報を知ることができる。

2、エントリーへのコメントにより、色んな背景、学識、経験を持っている人の、実に貴重な話も聞いたりできる。

3、顕名での書込みであり、その元々のFBなど見ても偽りを書く人ではないと思われて信頼性が相当にあるものも多い。

4、若い方や知識・一般的な経験の少ない方の書き込みも、そのさまざまな経験、心情、感覚を知ることができる。

5、様々な団体、主義主張の人の傾向など知ることができ、自分との相違点と、これ重要なことには自分と意見を一致する事柄もあることを知ることができる。

6、自らの日々の考えを、それなりの数の人に伝えることができる。

一般の世論を知るにはツイッターの方が良いのだろうと。私のツイッターはこちら。https://twitter.com/takitaro2

1、アラシというか、書もない書き込みも多いが、匿名のことが多く、広く一般的、多分若い人の感覚を知ることができる。ちょうど、あえて読売新聞をこそ読むようにしているのと同じ感じ。

2、「いいね」とかばかりに拘ったり、ブロックしたりして、そこでさえ「蛸壺」「部分社会」になっていく方が少なくなく、また各所の権力者や他国の世論工作に使われていて、人間と人間社会、国家の哀しい性(サガ)ることができる。

3、自らの日々の考えを、相応の数の人に伝えることができる。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ