オウム事件―真相等を知るには  カルト・宗教・犯罪

このブログは一つ下の記事で随時更新しています。

「真相が明らかでない」なぞと大仰に言う以上、「厳格な証明」により認定されている多くの事柄は知ってるんですよねぇ、と言いたくなる。

1、2018年6月成立、8月解散の「真相究明の会」については、深笛義也氏が、下記に読みやすくまとめて下さっています。
https://biz-journal.jp/2018/08/post_24403.html
「2018.08.14ジャーナリズム麻原彰晃の死刑執行を批判する「真相究明の会」森達也氏に、被害対策弁護団・滝本太郎氏が反論」

2、麻原法廷の様子を、興味深い動画アニメで見られます。
「麻原法廷物語1―9話」2018.7-9、ユーチューブにアップ
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2387.html

3、判決例は、私が使っている有料サイトLEX・DB検索にてこんな数あります。
・オウム真理教にて、234件です。
・オウム真理教&刑事にて、88件です。
・オウム真理教&刑事&サリンで、61件です。
・オウム真理教&刑事&薬物で、33件です。
・なおオウム真理教&民事で、146件です。
―裁判所の判断文章のうち判例集に出ているだけでもこんなにあります。日本の司法において、歴史上、最も多くの関係者が長時間関与し、費用もかけたものです。刑事は「厳格な証明」、民事は「証拠の優越」により裁判所の判断が出されました。


4、うち、教祖へのそのまま確定した地裁判決は下記にアップしています。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html
・そのうち、認定された「教祖指示の抜き出し」などはこちらです。
http://aum-kazoku.boy.jp/?page_id=228 )
・また、教祖がまとめて話した1997.4.24の意見陳述要旨はこちらにあります。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html

5、買うならば、
・判例タイムズ1151号138頁〜251頁―松本死刑囚の2004.2.27東京地裁確定判決文
・判例タイムズ1232号
134頁〜190頁―確定経緯や訴訟能力に関する東京高裁2006.3.27控訴棄却、同2006.5.29異議審決定、最高裁の2006.9.15決定の3つ
誰でも購入できます。税込2,057円と税込1,965円です。
―うち東京高裁の決定文は、松本死刑囚の法廷での不規則発言など裁判経過とその段階までですが本人状態を詳細に記載してあり、実に興味深いです。

6、 「真相究明」を言うならば、まずはこれらを読み込んでいって下さい。少なくとも麻原刑事法廷の地裁判決、高裁各決定、最高裁決定とかは読んでほしいです。
 まともな「文化人」「知識人」であらんとするならば、ほとんど何も見ないで意見を言うなんてないはずと思いたいです。そんなことでは、他の事柄についての発言も、信頼性を失います。

7、また、森達也氏の著作「A3」授賞への2011.9.2抗議書は下記
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20110903/archive
その後の「創」言説を経ての2015年7月文書は下記にあります。
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2052.html
原稿形式では、xb_unv2015.v.docx

 森さんは、「反論」すると言いながらつまりは反論なきまま。まして「弟子の暴走ゆえに無罪」という一審弁護団に賛同とするとしつつ、教祖の指示があったこと書いてあるとし「動機を知りたい」という。頭が割れる。この二律背反の指摘につき、答えないまま。
 そのツイッター内での、悲しいほどの逃げ論法は下記に保存しました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20180905/archive
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2528.html
 森さんは、2018.8あたりから、対外的には「死刑論議」「訴訟能力」問題のみを言っているる、と。今も、アレフ勧誘において、「A3」は「弟子の暴走故に無罪」と書いてあるから、「真相は分からない」として厳然と使われているのにね。
61

2019/12/5

NHK「19の命」−相模原障害者殺人事件  カルト・宗教・犯罪

https://www.nhk.or.jp/d-navi/19inochi/

NHK、たいしたものではないか。

「19の命」として、相模原障害者殺人事件につき、こんなサイトを作っていたんだ。

放送自体は、なかなか見れないからなあ、知らなかった。

一人ひとりの人生を思う、家族を思う。

で、被告人のいう「生きる価値」とは。

少なくない刑事裁判は、思想闘争でもある。

オウム事件もそうだった、だが麻原は「自分は指示していない」なぞと。まあ教祖の本質を知るには良い裁判経過だったが

だが、思想自体が問題とはされた。

「我が内なる麻原彰晃」=外に向けた破壊願望タナトスは、誰でも一定もつものではあろうし。

一方、この相模原障害者殺人事件

本人は事件を認めている、なぜあんなことができたのか、したのか。

文字通りの思想闘争なんだろう、と



4

2019/11/27

死刑制度・個別事件  カルト・宗教・犯罪

死刑廃止の立場だと言いつつ、大規模なテロ事件は別とする人がいた。「それは死刑廃止論ではないんです」という外なかった。そも何人以上なら大規模なの、と。

死刑存置論者の私だが、無罪主張事件や、個別事件で死刑にすべきではないとの各運動は勿論否定せず、同意する例もある。
時に誤解されてしまっている。
3

2019/11/23

向谷地生良氏  カルト・宗教・犯罪

https://note.mu/otsukishoten/n/n42e8fab718e6 大月書店 2019/11/14 16:26
色んな事件のことなど考えるに、この向谷地生良氏(浦河べてるの家SW)の話は、とても貴重だなと思いました。

たとえば
「統合失調症の人たちの抱える幻聴や幻覚、妄想は社会に蔓延している言説を反映したもの」
は正にその通りと思う。一時期は周り中オウム信者が住んでて監視しているが多かったのでは。

来年1月から裁判の相模原事件の被告については
「彼は、生きる価値のない人を親や社会に代わって“始末”したんだから本当は感謝されているはず、という趣旨のことを話しているようですけど、実に私たちが生きる社会の“痛いところ”を突いてくる、それは「生きる価値」をめぐる彼自身の根本的なジレンマ、恐怖の裏返しでもあるわけです。彼はその恐怖を乗り越える手立てとして、あの事件を起こして「ヒーロー」になろうとした。そこにしか彼は自分の存在意義を見出すことができなくなってしまった。だから、彼はこのロジックから降りられないし、降りようとしないと思いますね。」
と言及
4

2019/11/21

沢木君について  カルト・宗教・犯罪

沢木君について

ツイッター https://twitter.com/a_sawaki
とかで書いている沢木君につき、未だ「ひかりの輪」にいた人だとか、誤解している人がいるんだ、決めつけてる人もいるのかな。

問合せがあって知った。幾らなんでもその誤解が未だ流布されてた影響が残っているとは思わなかった。

彼は、20年以上前から脱会者の集まり「カナリヤの会」の会員であり、末尾の手記の体験をした人。とても長い付き合い。

で、オウム真理教、アレフ、その分流のひかりの輪につき、何人もの知り合いにつき、なんとかならないかと努力してきた人、敬服しています。

その過程では、虎穴にいらずんばとして危ういこともあったみたい、また決して少なくない自らオウム集団に近づく不安定な人などから、親しまれたり恨まれたり、色々とかな。

まして、近時はまずはネットで知り合ったりし、オウム集団側も私の経験した限りでさえ2000年頃からは様々な工作をしてきており、色々とありました。

もちろん、「アレフ」にも「ひかりの輪」にも入ったことなぞ、ありません。

オウム問題とかカルト問題に取り組めば、トラブルは当たり前のようにあるが、ネット社会になって、無用な誤解による紛議も増えたのではないかな。

彼と、彼も入っていて、私が窓口をしている「カナリヤの会」の名誉のために、上記のとおり書いておきます。

ともあれ、初めて知った方は、下記の手記あたりから読んでみてくださいませ。

http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/shuki/3-2.html#990217-2

追伸−沢木君、私が偶々書いたからとて、色々と書かない方が良いと思います。多くの人には分かることなのだから。

(11.23追加 恐縮ですが、どなたさまもこの記事についてのコメントは無しにて、とさせてください)
7

2019/11/17

横浜市民しっかりして下さい。  カルト・宗教・犯罪

https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/seisaku/2019/1021setsumeikai.files/0004_20191021.pdf

横浜市民にあっては、上記のカジノIRの説明会に行って下さいね。

私どもは行けない、11月22日までの申し込みが必要だと。

中区は12.4、神奈川区は12.9、西区は12.14、金沢は12.19、鶴見は12.21、磯子は12.26

夜7時からだけで酷いもんだ。

職場や学校が横浜にあれば参加できるみたい。

周辺市民らへの説明はしないのか。

ふざけるな。
4

2019/11/9

薬物宗教−オウム集団(アレフ外)  カルト・宗教・犯罪

http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/t-comment1.html#8
オウム真理教は薬物宗教だった。
ー1997年9月22日カナリヤの詩第27号より

意外に知られておらず、オウム集団での薬物のこと、忘れがちな人も多いので、転載までに。


 今も残るオウム集団(アレフ、ひかりの輪ほか)の旧い人は、イニシエーション名目で経験しています。
 これが始まった後の脱会カウンセリングは、やたら難しい感じになりましたね。「真理を知った」なんて思いこんでしまっている背景にあるなあ、と。

 1994年5月ころ始まったキリストのイニシエーション以降は、文字どおり薬浸け。

 麻原さんは過去、LSDなどの薬物を使う宗教や体験は偽者だと、説法で言っていた。オウム真理教の正当性を強調したかったのだろうに。
 1994年7月に最初の知り、9月にキリストのイニシエーションの内容の詳細を知った時(弁護団では「オムツのイニシエーション」と名づけた)、行き着くところまで行き着いたと感じた。

本号では、薬物使用の実態を、証拠に基づく冒頭陳述から紹介した。
LSDが、111.881グラム
覚醒剤159.156グラム、
メスカリン硫酸塩3000.939グラム
が発見され、証拠になっている。

「違法薬物かもしれないけれどいいや」と思って投与されれば、麻薬および向精神薬取締法違反です。やたら人数が多くてとても立件しきれず、処罰されなかっただけです。

薬まで使って体験をさせたオウム真理教に、どんな正当性がありますか。

麻原さんを「信じていたい」現役信者の方は、どう考えていますか。どう感じますか。

「あなたのところ、薬物宗教なんですが」と。

6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ