オウム事件―真相等を知るには  カルト・宗教・犯罪

このブログは一つ下の記事で随時更新しています。

「真相が明らかでない」なぞと大仰に言うならば、まずは認定されていることは何なのか知ってるんでしょうね、と言いたくなる。

1、2018年6月成立、8月解散の「真相究明の会」については、深笛義也氏が、下記に読みやすくまとめて下さっています。
https://biz-journal.jp/2018/08/post_24403.html
「2018.08.14ジャーナリズム麻原彰晃の死刑執行を批判する「真相究明の会」森達也氏に、被害対策弁護団・滝本太郎氏が反論」

2、麻原法廷の様子を、興味深い動画アニメで見られます。
「麻原法廷物語1―9話」2018.7-9、ユーチューブにアップ
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2387.html

3、判決例は、私が使っている有料サイトLEX・DB検索にてこんな数あります。
・オウム真理教にて、234件です。
・オウム真理教&刑事にて、88件です。
・オウム真理教&刑事&サリンで、61件です。
・オウム真理教&刑事&薬物で、33件です。
・なおオウム真理教&民事で、146件です。
―裁判所の判断文章のうち判例集に出ているだけでもこんなにあります。日本の司法において、歴史上、最も多くの関係者が長時間関与し、費用もかけたものです。刑事は「厳格な証明」、民事は「証拠の優越」により裁判所の判断が出されました。


4、うち、地裁判決は下記にアップしています。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html
・そのうち、認定された教祖の指示の抜き出しなどはこちら。
http://aum-kazoku.boy.jp/?page_id=228 )
・また、教祖がまとめて話した1997.4.24の意見陳述要旨はこちらにあります。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html

5、買うならば、
・判例タイムズ1151号138頁〜251頁―松本死刑囚の2004.2.27東京地裁確定判決文
・判例タイムズ1232号
134頁〜190頁―確定経緯や訴訟能力に関する東京高裁2006.3.27控訴棄却、同2006.5.29異議審決定、最高裁の2006.9.15決定の3つ
誰でも購入できます。1つ2000円しません
―うち東京高裁の決定文は、松本死刑囚の法廷での不規則発言など裁判経過とその段階までですが本人状態を詳細に記載してあり、実に興味深いです。

6、 「真相究明」を言うならば、まずはこれらを読み込んでいって下さい。少なくとも麻原刑事法廷の地裁判決、高裁各決定、最高裁決定とかは読んでほしいです。
 まともな「文化人」「知識人」であらんとするならば、ほとんど何も見ないで意見を言うなんてないはずと思いたいです。そんなことでは、他の事柄についての発言も、信頼性を失います。

7、また、森達也氏の著作「A3」授賞への2011.9.2抗議書は下記
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20110903/archive
その後の「創」言説を経ての2015年7月文書は下記にあります。
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2052.html
原稿形式では、xb_unv2015.v.docx

 森さんは、「反論」すると言いながらつまりは反論なきまま。まして「弟子の暴走ゆえに無罪」という一審弁護団に賛同とするとしつつ、教祖の指示があったこと書いてあるとし「動機を知りたい」という。頭が割れる。この二律背反の指摘につき、答えないまま。
 そのツイッター内での、悲しいほどの逃げ論法は下記に保存しました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20180905/archive
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2528.html
 森さんは、2018.8あたりから、対外的には「死刑論議」「訴訟能力」問題のみを言っているる、と。今も、アレフ勧誘において、「A3」は「弟子の暴走故に無罪」と書いてあるから、「真相は分からない」として厳然と使われているのにね。


8、 また、三女さんがらみが注目されるのが、原告を三女さん、被告をアレフとする名誉毀損訴訟で、2018.9.14さいたま地裁判決があり、下記ブログに記載したように、三女の教団アレフへの関与が認められるなどし、全面敗訴となっています。東京高裁に上訴中
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20190130/archive
57

2019/6/12

故坂本 鎌倉円覚寺  カルト・宗教・犯罪

6月9日、縁あって円覚寺松嶺院の坂本一家の墓参にいってきました。

神奈川県鎌倉の北鎌倉駅近く、というか北鎌倉駅の先の線路は、円覚寺境内地内です。

このことをめぐっては、ほんと色んなことがあるんだな、と改めて感じました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/5/31

川崎登戸事件、刃物販売について  カルト・宗教・犯罪

下記は、川崎登戸の児童ら殺傷事件についてツイッターした1つ1つです。保存と参考までに。

 川崎登戸の小学生ら殺人事件のこと。犯人が死亡したにしても、仮に精神障害があったとしても、その成育歴、家庭環境、経済状況などなど知りたいな。だが、名前は出す必要なぞなし。拡大自殺したい人が、このように名を残すことができると考えて、類似事件をすることを少しでも防止しないとならない。

 これ。名言です。もんたさん
「死にたいなら一人で死ぬべき」は、無敵の人には届かない、逆効果。「死にたいなら一人で死ぬべき」は、心の中で呟くべし。

 私、家族を突然亡くしたばかり、まして子どもを亡くしたばかりの人に「お悔やみ申し上げます」とか「冥福を祈ります」とか、よう言えないです。というか禁句だとさえ思う。文字通り信じられない状況、「嘘だろう!」「生き返ってくれ」との気持ちの筈。文字は尚更に軽い。ただただ頭を下げるだけ。

 昔、近くの外国人父は、いつも小学校まで子を送迎してた。集団登下校なんて「信じられないっ!」とまあ英語で言っていた。その時代かも。今回、私立学校で学校最寄りのバスまでは送迎する親が多かったのかな。なんとその直後とは。 必ずしも子どもを狙っての事件ではないみたい。いろいろ気になる。

 防衛策: 「いわゆる危なっかしい人」は、警察の地域課や住民相談係には、すでに数件の相談があることが多いのでは。だからその、監視を、少しでも何かあれば早期に逮捕を、という考えもあるが、しかし手間暇と人員体制の問題は勿論「人権の問題」。
 運しかないのか。電車内の小1一人は見なくなったが

 次々すいません。包丁4丁というのがなあ。1本ずつであっても「店は、大小にかかわらず、身分証明書で本人確認、用途も聞き、記録の義務がある」と法令化してもいいのでは。そんないつも買うものではないのだから。

 さらに追加、2017年、サバイバルナイフなどにつき、この警察庁通達があるだがまだ甘いと。私、包丁など全ての刃物につき、本人確認・用途確認してのみ売却できるでいいのでは、と思う。販売店にこの程度求めてもいいだろうと。消費者にも抵抗はないのでは、と。
https://www.npa.go.jp/laws/notification/seian/hoan/hoan20170612.pdf
6

2019/5/22

三女・アレフ訴訟 高裁判決  カルト・宗教・犯罪

以下、備忘録までに。

三女さんが、アレフと長く関係して来なかったとする根拠として「訴訟までもやっている」と各所で言っていた、その訴訟の判決です。

******
松本元死刑囚の三女が敗訴 アレフ投稿訴訟、東京高裁
アレフの情報共有アプリに、団体に影響力があるとの誤った内容の投稿をされたとして、故松本智津夫三女がアレフに1千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決
東京高裁は22日、請求を退けた一審さいたま地裁判決を支持し、原告側の控訴を棄却
原告側は社会的評価が低下し、名誉を傷つけられたと主張。高裁の川神裕裁判長は、松本さんは2014年にアレフとの関与を否定するまで、信者と連絡を取り、運営に関する意向を伝えていたと認定。投稿はおおむね事実に基づいていると判断
*******


原審のさいたま地裁判決は2018.9.14で、私の下記2019.1.30のブログに要旨を記載しました。その他三女さん、妻もいくつか訴訟をしていますが、自らはあまり明らかにしていない。
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20190130/archive

8

2019/5/17

監護者性交等の罪  カルト・宗教・犯罪

2017年7月13日の改正法施行以降は、
・18歳になる前の被害者で
・「現に監護する者」による被害は、
・強制性交の「暴行又は脅迫」も、準強制の「抗拒不能」は成立しなくても、
・「監護者であることによる影響力があることに乗じて」で
刑事事件として成立します。
一部に誤解がある模様なので、お伝えします。


(監護者わいせつ及び監護者性交等)
第百七十九条 十八歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じてわいせつな行為をした者は、第百七十六条(強強制わいせつ猥褻)の例による。
2 十八歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じて性交等をした者は、第百七十七条(強制性交等)の例による。
5

2019/5/12

ひかりの輪で経験したこと、その本質  カルト・宗教・犯罪

昨日、下記の集まりがありました。
 学習会では、元信者さんの話を聞くことの了解が得られ、「ひかりの輪」の脱会者に話してもらえました。

世田谷−烏山地域オウム真理教対策住民協議会
第38回 抗議デモ・学習会 5月11日(土)
・抗議デモ:午後1時50出発
・学習会 :午後2時20分〜4時

−「ひかりの輪」周辺を150人くらいかなあ回り、抗議メッセージを入れてくる。同じくらいの人数での学習会かな。

学習会での、レジュメと参考資料をアップしておきます。
********
ひかりの輪で経験したこと、その本質
− 脱会信者の体験 −

2019.5.11 脱会信者中山尚、聞き手滝本太郎

1 簡単な自己紹介、経緯
  1996年入信、2000年上祐出所、2005年上祐派、2007アレフ集団脱会、2015年非会員扱い、2016出入禁止

2 ひかりの輪の成立経緯、上祐と周辺の心理
  教材破棄についてのエピソード
  幹部らの話のエピソード

3 上祐の宗教的な地位は、何に担保されるのか。
  上祐の扱いについて。

4 詞章、歌について

5 経済について 
―ご自分は、それぞれの段階でいくらぐらい使ったか。

・セミナー代金
・エンパワーメント(イニシエーョン)
弥勒金剛法具エンパワーメント
聖音波動エンパワーメント
・聖地巡礼
・ポスター

6 外部監査委員会について。

7 オウム事件の説明について。
上祐が部屋内にいた吉田英子氏殺人事件について。

8 皆さんに伝えたいこと。 
**************


あくまで参考資料 2019.5.11 滝本太郎
*************
第1期 1995年5月〜1997年1月31日の破防法棄却
― 獄中説法の影響期
第2期 1997年2月〜1999年末まで
― 破防法棄却による誤解とハルマゲドン期待期
第3期 2000年1月〜2003年6月27日まで
― 団体規制法制定と上祐の「麻原隠し期」
第4期 2003年7月〜2006年5月まで
― 上祐派と原理派(妻・三女)の暗闘期
第5期 2006年5月〜2011年末まで
― 大分裂とオウム裁判いったん終結期
第6期 2012年1月〜2013年末まで
― 逃亡犯全員逮捕による再確認期
第7期 2014年1月〜2018年7月6日
― 麻原家分裂確定、「山田らの集団」の確立期
第8期 2018年7月6日〜現在
― 教祖の死刑執行後の(暫定的)混沌期

 高裁の判決書からの抜粋−観察処分の取り消し請求につき、2017.9.25東京地裁ではひかりの輪が勝訴。2019.2.28東京高裁で逆転し、国側が勝訴

対象団体に含まれるか、アレフと1つの団体であるかについて。

 被請求団体は「麻原彰晃こと松本智津夫を教祖・創始者とするオウム真理教の教義を広め、これを実現することを目的とし、同人が主宰し、同人の及び同教義に従う者によって構成される団体」であり(中略)

54頁 両集団を併せて団体規制法4条2項に言う「団体」すなわち「特定の共同目的を達成するための多数人の継続的結合体又はその連合体」にあたるとしても1つの団体と認めることができる場合はもとより、両集団の現状からは直ちに一つの団体と認めることができない場合であっても、各集団について「特定の共同目的を達成するための多数人の結合体又はその連合体」であって、本件観察処分対象団体と同一性がある団体であると認められるときは各集団に対して観察処分の期間を更新する決定は、各集団について団体規制法所定の同期間の更新の要件を充たすものである限り、各集団に対してその効力が及ぶと解するのが相当である。

60頁 本件更新決定当時の状況において、被控訴人とアレフとの間に、その構成単位たる個人を離れ、結合体としての独自の意思を決定し得る組織体としての関係があると認められることはできず、両者が団体規制法4条2項にいう団体として1つのものであるとは認めることができない。

68頁 @複数の団体を組織して役割分担、A松本の意思に添うものとしてアレフ構成員の一部が構成員・役員、B出家全員、他の6割以上が元から構成員、C出家者は管理下に居住、D実質的にはオウム真理教の位階制度を基調、Eもっとも本質的な部分を継承維持、
→本件観察処分対象団体と同一性を有すると認められる。

75頁 68頁内容+@真にオウム真理教の教義を廃止したとは認められない、A検挙などされた13人が構成員、タントラヴァジラヤーナの考えに理解を示す者、両サリン事件を正当化に理解を示す者が少なからずいた→松本の影響力

77頁 @一般社会との間に隔絶性や閉鎖性、A各施設では元データや帳簿データを保管しないよう指示、B賃貸借契約の締結につき報告義務違反→必要性あり       以 上

*********
参考資料に図を入れたものは下記です。
クリックすると元のサイズで表示します
6

2019/5/12

ひかりの輪への脱会通知2011  カルト・宗教・犯罪

改めてブログを見直したら、しっかりとは下記の報告をしていなかったんですね。下記に紹介します。2011.10.28の脱会通知の抄本です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

そのテキストは下記です。
   **********
 当職は、****氏(昭和***日生、オウム真理教でのホーリーネイムは*****師)の代理人として、次のとおり通知する。
 同氏は、2005年頃、オウム真理教からその後継の貴団体に入会し、以後2ヶ月に1回通知人が受給していた年金20万円程のうちの20万円後に10万円程を布施しつつ、出家者らの食事の世話などしてきた。通知人は、矛盾と行き詰まりを感じて何回か脱会しようとしたものの説得され止まってきたものであるが、この**月**日早朝身の廻りのもののみをもって宛名マンションの拠点を離れた。また同日、郵便にて一身上の都合により脱会する意思表示も郵便でなしたものであるところ、当職がその代理人に就いたから、改めて、本年**月**日、貴団体をも完全に脱会したものであることを、確認のため通知する。
 荷物についてであるが、(中略)また、貴団体代表役員上祐史浩氏は「ばらした荷物を私たちの手で再び梱包する義務はない」「ともかく、逃げ盗むという悪業には、大きな苦しみがあり他を尊重するという善行には喜びがあるということを知ってもらいたい。それが貴方の今生の最大の修行の課題だ」などと今回も述べているところ、これらは何ら理がないばかりでなく、脱会が悪業にあたるとしていて恐怖をあおっている者であり、著しく不当である。
 今後一切、通知人に対しては、電話、メール、郵便、訪問などの方法のいかんを問わず、何らの接触なきようにここに警告する。
 上記のとおり通知かつ請求する。誠意ある対応なくば断固たる処分に移行するから留意されたい。
  2011年*月*日 
  〒    ***代理人 弁護士滝本 太郎
〒**  世田谷区南烏山6***
宗教団体 ひかりの輪 代表役員 上祐史浩 殿
  ************
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ