2021/4/14

採火場所について―相模原市への質問と回答  憲法・社会・官僚・人権

2021年4月13日16時から17時頃の面談では、尾野、滝本そして佐々木教授から、各要請書に基づき、その内容をかみ砕いて説明し、また口頭で要請しました。
下記は、その際に用意して紙で渡した代理人滝本からの質問事項と、それへの回答部分です。文章まとめ責任は滝本。

質問事項メモ と 回答

2021年4月14日
「美帆さん」遺族代理人 弁護士  滝 本 太 郎
相 模 原 市   御中

1 相模原でのパラリンピックでの採火につき、その場所、日時、さまざまな内容を決めるのは相模原市の権限だと伺っていいですか。

―組織委員会の承認をもらうが、実質的な権限が相模原市であるのはその通り。

2 今回の決定につき、報道される処では、昨年10月に相模原市が決めたとのことですが、市長決裁を得て定めたということですか、それは10月の何日ですか。

−2020年2月段階では、調整中とした。同年3月14日に1年延期となり、9月28日の組織委員会から2021年の日程が公表され、選定に入った。相模原市の南区内の施設幾つかなどの話も出たが、やまゆり園のみが議題となり、10月28日の市長がトップの本部会議できまった。時間は他の議題ともで1時間ほど。

3 神奈川県との協議はいつから何回ぐらいして、いつ了解を得たということですか。

−直ちに、神奈川県にこの方向性であると伝えた。

4 かながわ共同会には、どこの機関がいつ連絡して、いつ了解を得たのですか。

−指定管理者であるかながわ共同会には、県を通して2021年1月の面談日程調整にて趣旨を伝え、2月9日のZoom 会議により承認を得た。

5 津久井やまゆり園の家族会の了解を得たと報道されているが、いつ、どこの機関がどのような形で連絡して、いつどのような形で了解を得たと言うのですか。

−相模原市では、家族会に了解を得るべく動いたことも了解を得たこともない。その報道は分からない。

6 遺族や被害者・家族らとの協議・同意を、昨年10月の公開しない決定前はもちろん、その後も何らしないできたのはなぜですか。その考えがなかったとしか思えませんが。

−定めた後にその詳細について意見を伺いたいと思ってきた。お詫びする。

7 本村市長の、この3月29日の記者会見・フェイスブックには「パラリンピックの聖火 つきましては、8月に神奈川県が実施するパラリンピック聖火フェスティバルに本市も参加いたします。」とあります。そして「詳細については、神奈川県や指定管理者であるかながわ共同会のご協力をいただき、ご遺族等のご意向、お考えに真摯に向き合いながら、検討を進めてまいります。」などとしています。

 すなわち、「聖火フェスティバル」だと捉えての参加を決定し、詳細について意見を聞くにとどめるということになりますが、その通りですね。


―書類や発言上、その通りになっている。真摯に受け止めたい。

8 パラリンピックは、その経緯・由来からして、知的障害者が参加できる種目は少なく、まして津久井やまゆり園の利用者のような最重度の知的・重複障害者が参加する余地はまずないのですが、それは分かっておられましたか。

―分かっている。

9 知的障害者の祭典スペシャルオリンピックスが、広島で2022年11月4日から6日まで開催予定ですが、相模原市はこの関係団体にどのような援助なりをしていますか。聴覚障がい者のデフリンピックについてはいかがですか。

―支援していない。

10 最後にとても重要なこと、津久井やまゆり園事件は、人には相応の能力があること、人は生産性に寄与することが大切だという考えを背景とする、被告人の「最重度の知的障害・重複障害者は人ではない、死んでしかるべきだ」という考えにより、国に偽りの一方的な「安楽死」政策を求めたテロとして実行されました。
 そして、あの男は「共にいきる社会」は、無理だと法廷でさえ述べました。試されて
いるのは、この国と社会になります。そのためには、色々な能力がなくても、生きているだけで意味がある、生きる権利がある、拘束された一職員が叫んだように「(話せなくても)伝えたいことがある」ことに気づき、その人とも共に生きるという価値観、感覚を普及させていくことが必要になります。

 一方、パラリンピックは、障害者がそれぞれのハンディキャップある中で、能力の限りを尽くして競争し、金メダルの獲得に重きを置くものになってきています。努力される選手はもちろんまぶしく、涙が出ます。しかし、努力だけでなく、「他の障害者より速い、強い」といった能力を表彰するものではある、という外ありません。

 すなわち、パラリンピックの価値観では、あの男がもつ価値観と正反対のものではないと考えます。能力などなく「人間とは何だろうか」と考えることともなる最重度の知的 障害・重複障害者も「生きる価値がある」ということを、訴える力になりません。

 それにも関わらず、ここで採火すれば、あの男や同調する者は、能力がやはり大切だろうが、と捉えて自己正当化を図りましょうし、社会にも間違ったメッセージを送ることになります。
その可能性が相当程度あるのだというようには、考えませんか。


−事件内容につき、また被告人がどう言って来たかなど、つまびらかに調べることはなかった。被告人らがどう考えるかなども考えなかった。

口頭質問
本日の要請、抗議を受けて、やまゆり園で採火するが真摯に検討するではなく、場所の変更を含めて真摯に検討するということを言えないか。4月20日までに回答がもらえないか。


―私どもの立場では言えない。しっかりと持ち帰って検討する。時間はまだある。

以 上
0

2021/4/13

要請書―津久井やまゆり園での採火について。  憲法・社会・官僚・人権

 「津久井やまゆり園でのパラリンピックの採火」について。

 文書は、下記のとおりです。まあ、昨日にはファックスなどで先に示してはあります。
 これらをもとに本日、午後4時から、美帆さん遺族ら代理人当職と、尾野剛志さん、静岡県立大学の佐々木隆志教授とで、メデイアを前に、相模原市の担当者ら面談してきました。オリパラ担当、福祉部担当の部長以下の4人+αの方です。
「場所移動を含めて検討する」という言葉は、出ませんでした。

★本村市長様、ほんと考えて下さい。場所を変えて下さい。


   要 請 書    2021年4月13日

相模原市長  本村賢太郎 殿
神奈川県知事 黒岩 祐治 殿

「美帆さん」遺族代理人 弁護士  滝 本 太 郎
利用者尾野一矢     家 族   尾 野 剛 志

拝啓、ますますご清祥のことと存じます。
2016年7月26日発生の、津久井やまゆり園事件に関しては、事件の後、さまざまな調整・ご努力を頂きありがとうございます。

 相模原市と神奈川県におかれては、日本国のものと比較して、より最重度の知的・重複障害者も生きる権利があると読めるメッセージを出していただいていることはありがたく存じます。

 ただ、相模原市と神奈川県にあっても、この事件が福祉国家を目指していた筈の日本の政策に正反対の、為政者による「偽りの安楽死」政策を求めてなされたテロ事件であるということを直視されておらず、その点が残念です。

 また、これらメッセージが、神奈川県が相応に関与して成立した「社会福祉法人かながわ共同会」における職員の育成の過誤・監督不十分による要因が確実にあったと思えるこの事件の後になってのこととなってしまったこと、まして、その他の問題を含めて、事件の背景となった利用者に対する虐待めいた事実が、同法人にあって未だ存在したと聞くにつけ、残念です。


 さて、本書では、今回のパラリンピックの「採火」の場所として、相模原市では神奈川県と協議して再建予定の「津久井やまゆり園」にてなすという計画であるとのことなので、この機会に下記の通り、要請します。

 本書は、遺族また被害者・家族らとして、それぞれにまとまった集まりをもつものではないため、一故人の遺族と一被害者家族の要請に止まりますが、おそらくは多くの遺族また被害者・家族らも同じ気持ちではではないか、と考えます。

 要請者である「美帆さん」遺族は、殺された19人にはそれぞれに人生があったことを現実感をもって社会に示し、法廷で陳述もすることにより、あの刑事裁判を形ばかりの、あの被告人の思うままにさせなかった者であり、要請者である尾野剛志は、あの法廷で、被告人質問まですることによって被告人に対峙し、社会にも伝えてきた者です。

        要請の趣旨

1 「津久井やまゆり園」でのパランピックの採火は、止められたい。

2 日本国に対し「最重度の知的・重複障害者も生きる権利がある、このようなテロ行為は決して繰り返させない。」と、7月26日の機会などに現地で宣言するなどしていただけるよう、強く働きかけられたい。

3 1の要請にも関わらず、ここでの採火を実施しようとする場合は、上記2の日本国の宣言が実現することを大前提とし、遺族や被害者・家族等々とも相談しつつ、採火式の開始前から採火した後まで終始、決してこれは「フェスティバル」ではない、「レクイエム」としての「採火」だと公然と、明白に分かり、その記憶として残るように、式次第、音楽、歌、言葉、鳴り物、衣服、車両、報道、記録等々、万事全般にわたり遺漏なきものとされたい。


            要請の理由
1 要請者らが、この事実を知ったのは、3月23日の報道につき問い合わせがあったことによります。最初、なんのことなのか訳が分からず当惑するばかりでした。

 「美帆さん」遺族は結局、代理人を通じて、3月24日「想像もしていなかったので驚きました。言うことはありません」というコメントを出したに止まりますが、これは正式に連絡などない段階で滅多なことを、まして公には言えず、もとよりオリンピック・パラリンピックとも本当に開催されるのか分からない状況でもあり、定めたコメントです。

  すなわち、同遺族は、これを知った当初から、下記の通りの感想を持ったものです。代理人弁護士への同日朝のメール内の文章から抜き出します。

@ 家族が犠牲になった場所で採火が行われるのは違和感があります。遺族の気持ちがないがしろにされるようで悲しい。残念に思う。
A 丸5年をむかえる今も悲しみは変わらない。歳月は関係ない。どんなに歳月が過ぎても悲しいままです。悲しいまま日々過ごしています。
B パラリンピックの採火を決めた方々には、感覚のズレを感じます。事件で自分の家族が犠牲になったらどんな気持ちになるか考えたことがありますか?どんな気持ちで日々いるのか考えたことがありますか?自分の家族に置き換えて考えて頂きたいです。


2 その後、3月末の正式発表の後の、4月に入ってから、神奈川県からは、下記の一文を含む「3月」付の文書が、全遺族あてとして届きました。

   3 東京2020 パラリンピック聖火リレーにおける採火式
・ 県では、県内の全市町村で生み出された火を一つに集める集火を行い、一つになった神奈川県の火を「ともに生きる社会かながわの火」とし、 パラリンピック聖火リレートーチに点火して東京へと出立させる「集火・出立式」を実施します。
・ 市町村の採火式の具体的な内容については、各市町村において検討しているところですが、相模原市については、共にささえあい生きる社会の実現を願いながら相模原市の火を作ることとし、その採火式を「津久井やまゆり園」で実施することとしています。
・ 上記については、3月31日に記者発表いたしますので、その旨ご承知おきください。

    
さらに、4月7日、「津久井やまゆり園園長」名の4月6日付文書が届き、そこには
「事後報告となり申し訳ありません。別紙を添えておきましたので、お目通りをお願い致します。今後、相模原市からのお知らせ等が整いましたら、ご連絡させていただきますので、何卒よろしくお願い致します。」

とあり、そこには相模原市長の
「本市では、8月15日に津久井やまゆり園において、採火を実施することといたしました。」
なる記載を含む市長コメントの写しが届きました。

 これは、いったいいかなる経過なのでしょうか、まったく理解に苦しみます。ないがしろにされている、と感じます

3 重要なことは、この事件が、43人が65分間の間に殺意をもって元職員に刺された事件であり、うち19人が亡くなったこと、それは一方的な「安楽死」政策をとるよう、男が国に求めたテロ行為の一環であったことです。

一方、パラリンピックはまさに「祭典」です。「フェスティバル」の一環としての採火になってしまいます。これを完全に払しょくして「鎮魂・レクイエムとしての採火」にするのは、ほとんど不可能なことだと思われます。

 この点から遺族や被害者・家族はもちろん、多くの国民が違和感をもつことは、ごく自然のことです。

 上記のことから、ここで「採火」することは許し得ず、要請の趣旨1に記載の通り求めます、

4 もともと、パラリンピックは、その経緯・由来からして、知的障害者が参加できる余地は少なく、まして津久井やまゆり園の利用者のような最重度の知的・重複障害者が参加する余地はありません。

それを、相模原市及び神奈川県は、分かっておられましょうか。

 どう工夫してみても、「フェスティバル」の一環としての採火になってしまう可能性が高いのに、ここで採火されるのでしょうか。43人の利用者が、一方的な「安楽死」政策をとるよう国に求めたテロ行為の一環として刺され、うち19人が亡くなった事件の場所で、採火するのでしょうか。

 あの男や、一部にはいるとみられる同調者は、いったいどう感じ、どう記憶するでしょうか。

5 日本国は、未だ「最重度の知的・重複障害者も生きる権利がある、このようなテロ行為は決して繰り返させない。」という宣言をしてくれていません。

 津久井やまゆり園の前でのみならず、首相や厚生労働大臣が示したどのメッセージにもそれがありません。あの男が要請した一方的な「安楽死政策」を、明白かつ明確に否定する言葉を、未だ示していないのです。

 事件は、障害者わけても自らの意思を明確に示すことなどできない最重度の知的・重複障害者の命という、まさに基本的人権の中核に関することであったことから、国内はもとより、世界に対して衝撃的な、歴史に残る事件であって、日本国と日本社会には、歴史的な課題として突き付けられたものでした。

よって、要請の趣旨の2記載のとおり、求めます。

6 それでも、これを実施しようとされましょうか。
もしするのであれば、せめて要請の趣旨3に記載の通り、するよう求めます。

 すなわち、相模原市、神奈川県においてはもちろん、要請の趣旨2記載のとおり、日本国からも「最重度の知的・重複障害者も生きる権利がある、このようなテロ行為は決して繰り返させない。」との明白かつ明確なメッセージを、機会をとらえて発しさせて下さい。
 これが大前提です。


 そして、その上で、遺族や被害者・家族等々とも相談しつつ、採火式の開始前から採火した後まで終始、決してこれは「フェスティバル」ではない、「レクイエム」としての「採火」だと公然と、明白に分かり、そのとおりの記憶として残るように、式次第、音楽、歌、言葉、鳴り物、衣服、車両、報道、記録等々、万事全般にわたり遺漏なきものとされたい。

 以上の通り、要請します。

                  敬 具
8

2021/4/4

8月15日やまゆり園で採火と  憲法・社会・官僚・人権

やまゆり園で8月15日、パラリンピックの採火式(相模原市分)という予定につき、我慢できずに書いてしまう。

レクイエムとしての採火をなし得るのか。

フェスティバルとしての採火になってしまわないか。

そも、最重度知的障害者はパラリンピックにまず出られないし。

そも、未だ日本国は、あの事件でしっかりしたメッセージを未だ出しておらず、

そも、日本国首相は、やまゆり園に来て「誰でも生きていく権利がある」と述べつつの、献花の一つもしていない。

基本的人権という観点で、国内はもとより、世界に対して衝撃的な事件だったのに。

日本国と日本社会には、歴史的な課題として突き付けらたものなのに。

あの男は、また垣間見る同調者らは、どう感じるだろうか、と。

下記で紹介の歌もご参考に。

https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2931.html

クリックすると元のサイズで表示します
2

2021/3/28


 多くの人が「保守主義者」になってほしい。
 私の基本は保守主義。「保守主義とは、々な伝統を尊重しつつ、科学技術の発達や環境・人口構成の変化によりあらゆる社会の制度は永遠に改正を続けなければならないことを認識し、しかし『正義』の名に下の急激な変化による流れる血と涙を少なくするため、あくまでも漸進をする。」というものでしょう。


 「革新」は「理想を掲げ、亀裂や分断といった犠牲が生じても変革を」であり、「昭和維新」のごときも、前首相安倍氏の「平成維新」も類似のもの。

 ドラスチックな制度の変化は反対者が多いばかりでなく。その後、容易に受け入れられず、時に反動が強くて戻ってしまう。

 革命や敗戦といったことがあれば、権力構造や国民意識が大きく変わるが、それまでにやたら多くの血と涙が流れてしまう。本末転倒です。させてはならない。


 ああ、共産党とかで、長く活動してきた人らが、「革新だぁ」と言いたがるのは困ると

 今の「保守主義」は、すなわち日本国憲法という戦後体制を守ろうとするもの。その「福祉国家」「人権を守る」「個人の尊厳を守る」ことが危機に瀕しているのだと。

 日米安保も直ちに破棄なぞではなく、中国・北朝鮮・ロシアといった非民主主義国がある以上、イタリア・ドイツ程度には日米地位協定を変更していくことから始めなければならない。


その立場から、2019年、共産党候補を応援したのがこちら。
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20190714/archive
2

2021/3/26

津久井やまゆり園で採火予定−パラリンピック  憲法・社会・官僚・人権

https://www.asahi.com/articles/ASP3R3PXTP3RULOB006.html
2021.3.23
 今夏の東京パラリンピックの聖火をめぐり、相模原市は、2016年に障害者ら45人が殺傷される事件が起きた同市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で採火する方針を固めた。大会組織委員会と調整し、最終決定する。
 相模原市などによると、8月初旬に園の建て替え工事が完了するのを踏まえ、現地で同月15日前後に採火する予定。大会組織委にもすでに報告しており、最終調整中
 園を運営する社会福祉法人かながわ共同会と神奈川県、市が年明けから協議を重ねて合意した。共生社会の実現に向けた強い決意を国内外に示すため、園で採火することにしたと


 幾つかのメディアに聞かれたので、相談して3月24日午後、聞かれれば答えている美帆さんの母コメントです。報道されていないのかな。
 「想像もしていなかったので驚きました。言うことはありません。」

 なお、その了解を得て作り、2021.3.16、ユーチューブにアップした下記で紹介の歌「やまゆり咲く里」があります。ご参考までに。
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2931.html
2

2021/3/19

多様性・人権を考えるならば  憲法・社会・官僚・人権

https://www.bbc.com/japanese/56424717
同性婚を認めないのは憲法14条に反する。−札幌地裁が初の判断 2021年3月17日

 「人には多様性あり、他の法益を侵害しない限り認めるべし、人権問題」です、ということなのだろうと。

 で、論者の中には、「選択的夫婦別姓」ましてや「同性婚」も改正に賛成しながら、「離婚後共同親権も可能」との改正に反対するなんて人がいる。

 あり得んのになあ。他国と異なり、毎年約20万人の子の片親への庇護請求権が一律に喪失こそ異常でしょうに。


 家裁関係にいた人やDV虐待事件で頑張ってきた弁護士さんは、全体を見ない傾向にあるかな。協議離婚が9割、弁護士への相談もないのが多いのに。家裁関係者は知る由もない。離婚後も共に子育てが増え、共同親権でないから厄介、元夫は逃げてしまえてズルいとの相談もあるのに。

 既に3組に1組は離婚、DVなどない離婚こそ多い。大きな子が選ばされ、両親同意でも共同親権にできずは異常。親子交流も全体をみるべし。
4

2021/3/18


自公政権は腐りきり横暴の極み。

何度「会食自体」を聞かれても答えず、ばれた後はビール3本だ?払った?と。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6388030

あげく確かに国会の場で、総務省の鈴木電波局長に「記憶がないと言え」と指導、

2021.3.16国会の侮辱。野党のみならず自民党・公明党議員ももちろん怒るんでしょうね?


2021.3.16−武田大臣が大臣席から鈴木電波部長に『記憶がないと言え』と指示し、鈴木部長が『記憶がない』の部分を声を大きくして強調答弁。

− 立憲民主党の山花郁夫氏は18日の衆院総務委員会で、武田良太総務相が国会審議中に総務省の鈴木信也電波部長に「記憶がないと言え」と指示した疑いがあるとして、武田氏に事実関係をただした。武田氏は「口に出たかもしれない」としつつ「答弁を指示する意図は全くない」と釈明した−

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031800681&g=pol

★何とか確実に、辞任に追い込むべし。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ