2019/11/29

中曽根康弘氏が死去  日常のこと

中曽根康弘元総理大臣が、本日亡くなったとのこと
101歳。それも人生。
私が唯一評価するのは、旧日本軍の会計係将校として、当たり前のこととして日本軍男性のために「慰安所」を作ったと証言し、記録もあること。


 ああ、中曽根氏が1987年の「国鉄の分割・民営化」につき、正直に国鉄労働組合をつぶすためだったと言っていたことは、意外に知られていない。下記です。
http://www.labornetjp.org/news/2005/20051124m1
「国労が総評の中心だった。いずれこれを(国労を)崩壊させなきゃいけない。民 営化で、国労が崩壊し、総評が崩壊し、そして社会党が崩壊した。一連でやったこ とで、意識的にやった」
 国労の「働き・要求し・闘う」の方針は大したものだったな、内部での「学校」と称する主義主張での争いは、いい加減にしてくれと思ったが。
 そうオウムの坂本事件1989年の頃、坂本は、組合員の陳述書を一所懸命読んで整理していたな。その陳述書集、今も残っているかなあ。、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
3

2019/11/28

その後の共同親権論議 5  日常のこと

まあ、その後の共同親権論議 5です。

弁護士、学者らの所を主に出しましたがその他の方の書込みも一部転載しています。どうぞご容赦を、建設的なものとしたく流れてもつまらないので。

******
滝本太郎‏ @takitaro2
なるほど大野さん。だが、重要なのは新制度としてどんなのを作るか、自分の考えを示すべきなんだろうと。主張する人らの一部が。、あり得ない単独親権の廃止とか公民権停止とか主張してても、考える必要もなし。法務省民事局も議員さんらも実は賢いんです。家裁関与の範囲をホント議論すべきなのに。

8:33 - 2019年11月24日 猪野 亨‏ @inotoru
公民権停止はさすがに憲法の問題があり無理でしょうが、共同親権を原則としたら単独廃止も同じです。共同養育支援法を推進する議連はDVを狭義、しかも有罪立証できるものに限定し、それ以外は虚偽DVとして処罰せよ、親権者とするなとまで言っています。何故、こうした意見を批判できないのでしょうか。

滝本太郎‏ @takitaro2
猪野亨先生、私はもともと家裁つまり民事証拠法則でのDV虐待が認められる場合、求めても共同親権も認められないとし、刑事事件ではないのだからそうなる外ないと見ています。
そして、「単独親権の護持」ばかりを言う意見がまだあり、その対応が優先するのは当たり前のこと。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月24日
村上さん、今晩は。極端な一意見を批判しても意味がないかと。制度設計の際に、その気持ちを知るべきではあっても。主たる監護者を定めつつも共同親権の実現可能性を図るには、DV虐待事例の排除と面子交流を促進だと。単独親権護持の殆どが、全体をみず、面会交流にも消極なのは実にアカンとご理解を。


大野リザ(多忙のためリプ遅れます)‏ @ohnolizard · 11月24日
滝本先生 単独親権違憲国賠訴訟を起こしている団体が「単独親権の撤廃」を求める署名を集めていることはご理解頂けたでしょうか。
そして、国連で連れ去り被害者を訴える他の共同親権推進団体が「共同養育を義務付け、違反した場合は公民権停止」と国連へのレポートで主張しているのご存知でしょうか。

foresight1974@悪者見参‏ @foresight1974 · 11月24日
滝本先生もオウム問題に取り組まれたのに、ずいぶんと役人におおらかになりましたね。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月25日
いえ、オウム対応問題と異なり法改正の課題。片親が、刑務所にいたり行方不明の離婚もあり、今は単独親権故に廃止はあり得ない。面会させずや養育費不払で公民権停止も日本法体系上まだまだ無理。★15歳未満いれば家裁関与とするか、協議離婚でも共同親権を可能とするかのこそが大きな違いになるのに。
*****
滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月24日
村上さん、今晩は。極端な一意見を批判しても意味がないかと。制度設計の際に、その気持ちを知るべきではあっても。主たる監護者を定めつつも共同親権の実現可能性を図るには、DV虐待事例の排除と面子交流を促進だと。単独親権護持の殆どが、全体をみず、面会交流にも消極なのは実にアカンとご理解を。


村上さとこ@北九州市議会議員‏ @murakamisatoko
全ての共同親権を否定してる訳ではありません。15年ほど前ですが共同親権を考える親の会で活動する中で実に様々なケースに遭遇、本当にケースバイケースだと実感しました。両親を行き来するような上手くいっているケースもありましたが、第一に考えて欲しいのは親の権利主張ではなく子の育ちと福祉です

4:42 - 2019年11月24日 猪野 亨‏ @inotoru · 11月24日
ケースバイケースという場合には注意が必要で、離婚後の共同親権制度が導入されると家裁の運用は「原則」扱いになり、例外とする場合には共同親権としたら弊害があるとする側に立証責任を課し、客観証拠がない限り共同親権にされてしまいます。DVやモラハラで客観証拠のない事例はいくらでもあります。

村上さとこ@北九州市議会議員‏ @murakamisatoko
あくまで「選択的」共同親権であっても、拒否権は認められにくく、単独親権にはなり難い運用ということでしょうか。半強制共同親権により生活や命に危険が及ぶことはあってはならないですね。7:32 - 2019年11月24日

猪野 亨‏ @inotoru
選択制にしたとしても一方の強い声がまかり通ってしまうのはDV・モラハラ系の事案では容易に想像がつきます。当事者でまとまらなければ家裁が判断するとしても原則運用になれば、客観証拠により弊害を立証できなければ、結局、離婚後の共同親権が強制されることになります。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月25日
そうそう、猪野亨先生とは、共同親権を導入するとき、
1、例えば15歳以下がいれば離婚は家裁関与とするか
2、虐待DVの場合のみ同人の親権を認めないのか、家裁の裁量を広く認めるかを議論したい所なんです。現在、DV虐待でなくても、家裁はエイヤッと裁量しており、条文の書き方1つで変わるものです。

*********
猪野 亨‏ @inotoru
逆です。共同養育支援法の推進は保守派であり、失墜した父権の復活の企みです。こうした逆行に反対する動きに反対することこそ、立憲民主党や共産党のとるべき道です。現状で、離婚後の共同親権など導入したら、DVやモラハラ被害をさらに拡大させます。

千田 有紀‏ @chitaponta · 11月25日
衆院選時、自民党が党の見解として離婚後の親子関係に慎重に考えてくれ、DV防止法も虚偽DV防止のための法改正は不要と断言して回答していたのに、リベラルのなかにやばいところがあったのは確か。そこは錯綜してしまってる。一見リベラルに見えるんだよね、共同親権。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月25日
父の単独親権が多かった昭和2−30年代だったら、猪野亨弁護士の立場であれば、正反対に、共同親権制度を創設・原則とすべし、と言うしかないのだろうと。
すなわち制度・法改正の論議なのに、あまりに説得力がないと。
今の制度のままだと、DV虐待の父こそが子連れ別居を先行し始めると心配です。

千田 有紀‏ @chitaponta · 11月25日
単独親権下でのDV加害者による連れ去りのリスクはもちろんあります。しかし原則面会交流の家庭裁判所の調査や審判はほぼ信用なりませんが、親権者の指定に関しては、割ときちんとやっていると思っています。共同親権で加害者が排除できないリスクの方が怖い。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月25日
>共同親権で加害者が排除できないリスク
そのためには、木村草太氏が言う「両者の真摯な合意がある場合のみ」ではなく家裁関与を前提とする、一方ずつにしっかり聞くなどの制度的保障が必要で、それを議論すべき。
★問題なく共同親権で良い場合の、片親と子の疎外感・隔絶を放置してはイカンのですから

**********
中川聡子‏ @nakagawas1 · 11月22日
ここがポイント👉《単独親権については、別の訴訟で東京高裁が18年9月、「親権は、子の福祉が考慮されるべきであるから、単純に共同親権ではないという理由で憲法に反するとは言えない」と判断、確定した》
「単独親権制度は違憲」子と別居中の父母12人が国家賠償求め提訴
https://mainichi.jp/articles/20191122/k00/00m/040/318000c

村上さとこ@北九州市議会議員‏ @murakamisatoko
私自身 DVで子を連れて避難、離婚した経験から、すべてのケースに共同親権が馴染むとは思えません。一方で非がないものの子どもに会わせてもらえす苦しんでいる親も身近に知っています。本当にケースバイケース。

猪野 亨‏ @inotoru · 11月24日
問題なく子に会えない案件でも、離婚後の共同親権によって解決することはあり得ません。推進する人たちは当然に子の監護もできると思い込んでいるようですが、危険この上ありません。子に会えないというのであればその原因を考える必要があります。親権の問題ではありません。

村上さとこ@北九州市議会議員‏ @murakamisatoko
この間、共同親権推進男性の「面接交流をしない親を禁固刑に」という意見を見て驚きました。同居親が禁固されれば子はどうなるのか。子の育ちや福祉を無視し自己欲求を満たそうとする過激で幼稚な思想です。このような場合、共同親権=面接を含む子の監護、にならないのはおっしゃる通りだと思います。 4:03 - 2019年11月24日


猪野 亨‏ @inotoru
面会できない別居親は、「離婚後の共同親権」という耳辺りのいいキャッチフレーズで理念ばかりを先行させ、子の人権などと称して、自ら自由に面会、監護を求めているのが実態です。この怖ろしい企みを暴露していく必要があります。


村上さとこ@北九州市議会議員‏ @murakamisatoko · 11月24日
はい、その組織的な動きは私の周囲でも共有されています。体罰容認する団体も入っており大変に危惧しております。
知人が行なっている署名ひとつです↓

滝本太郎‏ @takitaro2
村上さん、色んな事がありますが、制度は制度自体として考えて下さいませ。そも立憲民主党や共産党こそが、色んな離婚の実態を踏まえて、ハーグ条約・子供の人権条約、憲法24条2項を踏まえて提起すべきところ、色んな離婚があることを無視した一部の大きな声により、改正阻害されてる課題なんですから

5:10 - 2019年11月24日 猪野 亨‏ @inotoru · 11月24日
逆です。共同養育支援法の推進は保守派であり、失墜した父権の復活の企みです。こうした逆行に反対する動きに反対することこそ、立憲民主党や共産党のとるべき道です。現状で、離婚後の共同親権など導入したら、DVやモラハラ被害をさらに拡大させます。

hasiru‏ @hasiru13
そこは 串田議員が維新だからでしょうが
賛同してる人のなかには 共産党支持者もいますよ。
保守派と決めつけないほうがいいと思います。維新は
北方領土の丸山発言もあり、支持者離れがあり集めることに必死でしたし。

8:58 - 2019年11月24日
猪野 亨‏ @inotoru
支持層の中には色々ありますが、企んでいる勢力が何なのか、さらにはそうした企みに本来的に反対すべきはどこなのか、という問題です。離婚後の共同親権のもつ意味と危険性を明らかにし、反対の声を大きくする必要があります。特にリベラルと称する人たちの中に理念だけで賛成という人さえいます。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月25日
実父の虐待DVという一部の解決を、家制度の残滓である単独親権の護持を使ってしていこう、とするのは本末転倒に過ぎようと。父が親権者となることの多かった昭和20−30年代なら正反対を言うのかしら。今の連れ去り片親が単独親権者になる、を続ければ、それこそDV虐待実父が始めてしまう。


hasiru‏ @hasiru13 · 11月25日
単独親権になるをつづければ、それこそDV虐待実父がはじめてしまう?
DV虐待するのは被害者が
単独親権だから 連れ去ったから?
それこそ本末転倒
石巻の事件 覚えてますか⁉️
https://matome.naver.jp/m/odai/2139126425983459201
逃げるしかないんです!

滝本太郎‏ @takitaro2
違うんです。子連れ別居先にした方が単独親権をとれるという今日の実態では、虐待DV実父が、妻が連れて行く前に、子を連れて行くようになると。
ああ、私、酷い父が子を連れて行った例は経験してないが、ケガさせられて追い出された妻の例を経験したな。結果どうなったかしっかりと覚えていない、昔

**********
作花知志‏ @sakkacom · 11月25日
離婚後単独親権制度のために,片親のみの監護を受けて,他方親とほとんど会うことができなかったお子様が原告になり,憲法13条の幸福追求権や人格権,さらには両親から引き離されないことを保障した児童の権利条約に違反している,という憲法訴訟が考えられますね。

滝本太郎‏ @takitaro2
長年、この仕事をしているとその事例には遇いますね。養育費が送られてきていたことも知らなかった、とか。比較的若く死んだ父の相続事件で言われたり。だが原告になって、とはそれは言えない。7:12 - 2019年11月25日

*******
弁護士杉山程彦5東慶應三丁目‏ @r34CXRsvHnOj2GB · 11月26日
最近、弁護士先生で、共同親権反対とか、DVガー、連れ去られる夫ガーとかいうツイートするやつ減ったなあ。
集団リンチできるときは威勢よくて、情勢が不利になるとだまるなんて最低だ。
それを思えば、猪野はたとえデタラメでも、自分の意見貫いてるから立派だよを

滝本太郎‏ @takitaro2
まあ、過ちを改めるにはばかることなかれで、明言しようとしまいと変更する人がマトモだと。だからまあ揶揄しない方がいいと。いろんな離婚を経験しているのが普通の弁護士で、制度論を語る以上自ずから決まると。
★課題は、@15歳未満がいれば全て家裁関与等とするか、A家裁の裁量範囲だろうと。
7:48 - 2019年11月26日

******
猪野 亨‏ @inotoru
私は、この「懲役20年」とみたとき、成人年齢はこれからは18歳にこそなりますが、「お前は、その子が20歳になるまで、オレから離れられると思うな」という意味に解釈しました。実質離婚が不可能…、こんな結婚して出産などしたら人生後悔してもしきれなくなります。毎日が地獄です。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月27日
極端なのを出して全体を批判するなぞ、制度を作る議論ではなんら説得力を持たないデマゴギーとなります。既に3組に1組が離婚する時代、特異な例・人をもって全体の制度批判をできてるつもりならば大間違いだと。
★それら予防のためにこそ、家裁関与のこと、裁量範囲をこそ議論すべき。

******
MAKOTO Murakami‏ @MAKOTOMurakami7 · 11月26日
『親権』…親の子に対する権利が強く感じられてしまう。
『親責』(親責任)…責任だけが強調され過ぎてしまい、実態にそぐわない。
とすれば、
『親格』(シンカク)
はどうだろうか。この「格」は「資格」や「人格」の格で、地位や身分の意。
「親格停止」「親格剥奪」にもよく馴染む。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月27日
2文字にする必然性はないから「親責権(シンセキケン)」がいいのでは、と。
―ああ仕事、仕事をせなゃ、いかん。

********
弁護士篠田奈保子 🐸(立憲・道7区支部長)‏ @yorisoibengoshi
家裁は、別居前の主たる監護者がどちらだったかを主な基準として判断していますから、連れ去り勝ちにはなってはいません。家裁は、連れ去り勝ちと評価されないように相当に意識した判断している印象です。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月27日
こんにちは。そうかな、言葉ではそういっても連れ去りがちだな、とつくづく思ってますが。また「別居前の主たる監護者」ですが、すべての子がある夫婦に概念出来ると考えるんですか、それは実におかしいと。先生の所は? 木村先生も、猪野先生も答えてくれない。


弁護士篠田奈保子 🐸(立憲・道7区支部長)‏ @yorisoibengoshi
主たる監護者が子連れ別居するケースが大半ですから、家裁の判断としてそれを非難する結論にはならないことがまた大半です。その事実から、連れ去り勝ちになっているとの評価を導くのは間違いだと私は思います。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月27日
篠田奈保子先生は、DV虐待モラハラなし、給料は妻が管理し、夫は小遣い貰っているが、なぜか妻が浮気。突如幼子を連れて行ってった事例とか遇ったことはないですか。私どちらでも経験、酷い話。でそれ、「主たる監護者」はどちらとされますか。幼児だから母とされ。父の親権が失われます。適正ですか。


滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月27日
つまりその、この例の母側だったこともあると。父の方々申し訳ないです。当時、母が一番と思ってましてね。後にその母と同居男が再婚して、しかし何年の後だったか、また離婚したと。たしかその後には、減額要求もせずに養育費を払い続けていた実父と面会交流を再開したと記憶します。


************
4:35 - 2019年11月27日
THE 虎舞竜 高橋ジョージ‏ @THETRABRYU1
誘拐で逮捕って実の父親だよね?この子、住んでいたアパートに父親といて楽しくて帰りたくないと言ったかも知れない。帰りたくない理由を父親に教えたかのかも。父親と報道しない事が単独親権の闇そのものなんだよ!
元妻の子を連れ去った疑いで逮捕|NHK 香川県のニュース

夏の月‏ @ZwXwWgz9nqagp0b
感想だけ。
ある方が『調停の面会交流条件を破って連れ去ったら共同親権制度だって逮捕される』と、逮捕に疑問を呈するジョージ氏を非難してるけど、共同親権制度で『面会交流』とか『条件』って言ってること自体がナンセンス。子は自由に往来可能だからこその共同親権。それでは単独親権じゃない。

滝本太郎‏ @takitaro2
うーん、子の住所は共同親権とて定めるものであり、両者の合意または審判て、子とのかかわり方が決まるのだから、それに違反した場合、どちら側も処罰されることはあり得る―誘拐罪はそぐわないが―と考えてもそれはおかしくない。と。共同親権だからとて、勿論すべてが自由ではないと。


田村恵子‏ @u0wfngoSkX6TjsK
調停で決めた面会交流条件を破って子どもを連れ去ったら、離婚後共同親権制度でも逮捕されるんじゃない?
高橋ジョージ氏が繰り返し非難している「不当な連れ去り」そのものの事件なのに、調停での取り決めすら守らないような父親を擁護?
こういうダブスタが離婚後共同親権推進派のヤバさだよ

滝本太郎‏ @takitaro2
この点は、田村さんの言う通り。共同親権が導入されても、決められた条件を守らない以上、検挙されても仕方ない。
★一方、単独親権者の方は、決められた面会交流につき、違反しても間接強制のみ、勿論逮捕はされず、延々と違反している例が実際ある、と。それまた大問題でしょう、と理解されたし。


TNF‏ @Yosemite_np
離婚後の面会交流で非親権者が子を留め置きして逮捕するのであれば、裁判所で面会交流の合意・判決でたのに面会拒否は刑法改正して犯罪化・逮捕するべき。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月27日
うー、むむ。私は「離婚前の子連れ別居」は、DV虐待モラハラからの避難と言う場合もあるから、誘拐だぁと主張する気がしないが、裁判所での合意や審判内容の違反につき処罰規定を設けることは、確かに立法的にはあり得る。誘拐罪はそぐわない。警告の上で、どちらにも同様の処罰があり得るという形かな


滝本太郎‏ @takitaro2 · 23時間23時間前
まあ、6つの類型ですね
1、皆が同居していたが、一方的に子連れ別居
2、それを見つけて、連れ去る、又は連れ戻す
3、家裁審理中に、当面決めた面会交流を守らない
4、それを実施したが、子を返さない
5、離婚し、面会交流を決めたのに親権者側が守らない
6、非親権者側が面会交流後、返さず

********
仙猫カリン‏ @Bibendum65
面会交流の基本的な約束事を守れない別居親のせいで、同居親に面会拒否の口実を与えかねないので、害悪でしかない。

4:44 - 2019年11月27日 弁護士篠田奈保子 🐸(立憲・道7区支部長)‏ @yorisoibengoshi
面会交流の際に殺人とか誘拐とかありますよね!先生は試し面会と言われますが、実際にあったら責任とってくれるんですか!!というやり取り、実務の現場であるんですよね。同居親の不安や危険取り除き、子どもの為になるようにという立場ですが、ルール違反な事件あると、本当に、、、厳しいですよ。

まゆこ‏ @mayukotaniguchi · 23 時間23 時間前
「子どもが殺されたら誰が責任とってくれるんですか」って何回も言われた。
「誰も責任とれませんから、あなたの決断ができるようできるだけの情報を提供しあなたをサポートします」としか言えない。

滝本太郎‏ @takitaro2 22時間前
横からどもっ。これその通りにて。不安を強く感じる場合、審判に違反しても会わせない決意の人がいる。その後の不利益は説明しつつも、真実は確かに分からない。★しかしその事態を弁護士が正当化するかどうかは別。傷害事件や窃盗事件で自首を勧めても応じないとき、チクってはいないのと同じ感覚か。


MAKOTO Murakami‏ @MAKOTOMurakami7 · 23 時間
DV虐待の事案では「試し面会」なんて、勧めたりはしないでしょ?
とすれば、それは相手方(別居親)にとっては、まさに「連れ去り」以外のなにものでもなく。
民法にはっきりと『主たる監護親は子連れ別居🆗』と書いてくれればいい。そしたら、家事も半分、生活費も半分って取り決めにできるし。

滝本太郎‏ @takitaro2 22時間前
>DV虐待の事案では「試し面会」なんて、勧めたりはしないでしょ?
もとより、それにつき争いがある事案又は面会禁止をする程のものではないと家裁が考える事案の場合は、試し面会したら、とあるかと。最初は弁護士事務所だったり、ああ家裁のあの子ども遊び室で15分からとか。

********
木村草太‏ @SotaKimura
離婚後に同居親・別居親が子どもの養育にどうかかわっていくかは、民法766条により父母の合意次第です。「親権」の有無とは、何の関係もありません。
「共同親権」になったところで、父母の話し合いがスムーズになるわけでもありません。「親権がないから子どもに会えない」は、完全な誤解です。  22:26 - 2019年11月25日

ted-dora‏ @teddora555
言ってることは間違ってないけど全く中身が無いツイートなのが面白い。
「子供を手元に置いている」という実効支配が「話合いの主導権」を握るための核心的要素。
持てる者と持たざる者の間の合意が「不平等」になるのは世の常。
そこが問題だと分かってるはずなのにね。

木村草太‏ @SotaKimura · 11月26日
このアカウント「親権者」=「子どもを実効支配している人」だと思っているようだ。
親権者の定義が怪しいのはもちろん、ここで「実効支配」という言葉を使ってしまうあたり、「自称」弁護士なだけで、法律の体系的学習をしているように思われない。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 22時間22時間前
親権は実質、実効支配の意味となってますが何か。先生が知らないだけ又知らない振りを続けていると。
憲法24条2項に言及せず、一弁護士にすぎないが当職が何度も自己矛盾を指摘しているが答えないまま、強制単独親権を護持すべしとする憲法学者の木村草太先生、このことにつきもう書く資格はないです

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月27日
木村草太先生は、憲法24条2項に言及もしない「憲法学者」、また「書籍では共同親権では無理な面会交流の可能性があるから反対とするが、問われれば親権制度と面会交流・監護は別の問題と言う」と自己矛盾を指摘しても答えないまま。
でナニカ? ブログの右外をご参照に

https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2628.html

木村草太‏ @SotaKimura · 11月26日
このアカウント「親権者」=「子どもを実効支配している人」だと思っているようだ。
親権者の定義が怪しいのはもちろん、ここで「実効支配」という言葉を使ってしまうあたり、「自称」弁護士なだけで、法律の体系的学習をしているように思われない。

滝本太郎‏ @takitaro2
加えると、単独親権者の代諾のみで、家裁の許可も、非親権者片親への連絡さえもしないままに、新たな配偶者と子の間の養子縁組ができるのは、凄いことです。40年以上前に家族法を学んだ時から驚いてきた。この制度は日本ぐらいではないかあ

*******
滝本太郎‏ @takitaro2 · 21 時間21 時間前
そんな右左、ゼロか100か、白黒で言わないでくださいなぁ。
・単独親権を維持しようとする人の中でも
・共同親権を導入しようとする人の中でも
それぞれ、発言のニュアンスもイメージも違うことが明白です。
だからこそ、具体的に@協議離婚でも入れるのか、A家裁の裁量の範囲は、と聞いてる。


アヒルおうじ@私の前で足を揚げないでください。‏ @ahiruouji · 21 時間21 時間前
村上さんが実際のところ、DVで苦労されたということを述べられた上でのツイートですよ?
滝本さん、おねむなんですか?
それとも、基本的に「被害者」をバカにするスタンスなんですか?

アヒルおうじ@私の前で足を揚げないでください。‏ @ahiruouji · 21 時間21 時間前
滝本さん、もしかしたら、被害者だということを認めてないってことですか?

滝本太郎‏ @takitaro2
違うでしょう、ご自身を含め、何人かの人、まあ一部憲法学者も一部弁護士も、「共同親権導入賛成者が言うところの」と直ちに一緒くたにしたり、逆に「単独親権護論者は皆」とか一緒くた、レッテル付けしていることを、批判しています。 2019年11月27日


*****
滝本太郎‏ @takitaro2 · 20時間前
家族法の各条文は実に興味深く。離婚後の強制単独親権は勿論、夫婦同姓の強制等のほか、婚姻の制限で血のつながりある近親者の婚姻を防止するためだけでない様子とかが見えて―婚姻は憲法上は両性の合意のみ―、40年以上前から驚いてきた。憲法訴訟は起きにくいが事案はある。感覚は人それぞれだろうと

***********
MAKOTO Murakami‏ @MAKOTOMurakami7 · 8時間8時間前
離婚後の全ての父親が元ツイートにあるような人間なら、絶対的単独親権制度もやむを得ないと思います。
しかし、実際はこんな父親が多数派ということはあり得ない。
むしろ、親権に関する認識議論が高まってきているので、知能の高いDV父もどうやったら単独親権が取れるか、学習して実行しそうで怖い

猪野 亨‏ @inotoru
離婚後の共同親権推進論者たちにとってはまさに「魔法の杖」。今まで面会できなかったものが自由化されるという発想、共同監護までも当然。とある弁護士はこの「魔法の杖」で離婚夫婦がみな仲良く共同監護できるという妄想まで行き着きます。そこに強制という概念は存在していないという恐ろしさです。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 3時間
猪野亨先生、だから、危うい虐待DV実父らにつき共同親権の親権も取れない制度を作るんです。そも面会も認められない父につき、裁判所が共同親権を認めるはずがないが、それがより確実な制度をね。で、★一部の、認められようがないのに言う人をあげて煽ってる先生、いったい何をしているんですか。

********
滝本太郎‏ @takitaro2
そう、DV虐待実父でないごく普通の離婚の場合、むしろ母の単独親権であるが故に、子と交流し合意以上に援助して欲しいのに
「★共同親権でないから父たる責任が無くなった気持ちになり、まあ疎外感もあり、面会交流も支払その他も減っていく」事案が多い。「親責権」を残すべき事案こそが多いと。
4

2019/11/27

死刑制度・個別事件  カルト・宗教・犯罪

死刑廃止の立場だと言いつつ、大規模なテロ事件は別とする人がいた。「それは死刑廃止論ではないんです」という外なかった。そも何人以上なら大規模なの、と。

死刑存置論者の私だが、無罪主張事件や、個別事件で死刑にすべきではないとの各運動は勿論否定せず、同意する例もある。
時に誤解されてしまっている。
3

2019/11/25

共同親権を導入するため 論議4に。  歴史・定義・知識人の責任

共同親権を導入したいとする方においては、下記のことを希望します。

※ 一方で単独親権の護持の勢力があり、一方で共同親権・共同養育を言っているだけでは、法制化なぞできません。
※ いざ立法の段階で最も重要なのは、家裁関与の範囲と方法なのに、それをまともに論じないの実にイカンです。

@ 単独親権は廃止するなぞと、間違っても考えないで下さい。当事者において単独親権で良いとしたり、また実際、DV虐待事案もあるのだから。

A DV虐待が民事証拠上で認定される場合は、親権無しを了解す。事情変動での再判断求めはありとも。

B そも15歳未満子がいれば、協議離婚ではなく、家裁が関与での、執行力ある養育費、主たる監護者、面会交流の具体的な内容。そして親権(共同親権化、片方の単独親権)を定める制度を、と。
−もともと9割は協議離婚で多くは1回審理で調停合意とできましょうから、桁違いに予算がかかるものではなく、意義は大いにある−

(以下、2019.11.27追加)
C 重要な論点の1つは、両者が親権を求める家裁関与の場合に、片方の単独親権又は共同親権とすのだが、その際、DV虐待だけでなくその他考慮していくかどうかだと。
積極に考えます。今の単独親権も家裁が色々考慮して決めており、変更する理由はないから。
3

2019/11/24

死刑の意味について  憲法・社会・官僚・人権

死刑の意味について

死刑は「あなたは生きる価値がない」との宣告になる、それはいけないことだと批判する人がいる。

違うんです。

死刑は「生きる価値がない」と宣告するのではない。

死刑は「あなたには生きる価値がある、この世に産まれ生きてるだけで大きな価値です。だからこそ、あなたには、刑罰として、その価値を失ってもらう」と宣告するんです。
6

2019/11/23

向谷地生良氏  カルト・宗教・犯罪

https://note.mu/otsukishoten/n/n42e8fab718e6 大月書店 2019/11/14 16:26
色んな事件のことなど考えるに、この向谷地生良氏(浦河べてるの家SW)の話は、とても貴重だなと思いました。

たとえば
「統合失調症の人たちの抱える幻聴や幻覚、妄想は社会に蔓延している言説を反映したもの」
は正にその通りと思う。一時期は周り中オウム信者が住んでて監視しているが多かったのでは。

来年1月から裁判の相模原事件の被告については
「彼は、生きる価値のない人を親や社会に代わって“始末”したんだから本当は感謝されているはず、という趣旨のことを話しているようですけど、実に私たちが生きる社会の“痛いところ”を突いてくる、それは「生きる価値」をめぐる彼自身の根本的なジレンマ、恐怖の裏返しでもあるわけです。彼はその恐怖を乗り越える手立てとして、あの事件を起こして「ヒーロー」になろうとした。そこにしか彼は自分の存在意義を見出すことができなくなってしまった。だから、彼はこのロジックから降りられないし、降りようとしないと思いますね。」
と言及
4

2019/11/21

沢木君について  カルト・宗教・犯罪

沢木君について

ツイッター https://twitter.com/a_sawaki
とかで書いている沢木君につき、未だ「ひかりの輪」にいた人だとか、誤解している人がいるんだ、決めつけてる人もいるのかな。

問合せがあって知った。幾らなんでもその誤解が未だ流布されてた影響が残っているとは思わなかった。

彼は、20年以上前から脱会者の集まり「カナリヤの会」の会員であり、末尾の手記の体験をした人。とても長い付き合い。

で、オウム真理教、アレフ、その分流のひかりの輪につき、何人もの知り合いにつき、なんとかならないかと努力してきた人、敬服しています。

その過程では、虎穴にいらずんばとして危ういこともあったみたい、また決して少なくない自らオウム集団に近づく不安定な人などから、親しまれたり恨まれたり、色々とかな。

まして、近時はまずはネットで知り合ったりし、オウム集団側も私の経験した限りでさえ2000年頃からは様々な工作をしてきており、色々とありました。

もちろん、「アレフ」にも「ひかりの輪」にも入ったことなぞ、ありません。

オウム問題とかカルト問題に取り組めば、トラブルは当たり前のようにあるが、ネット社会になって、無用な誤解による紛議も増えたのではないかな。

彼と、彼も入っていて、私が窓口をしている「カナリヤの会」の名誉のために、上記のとおり書いておきます。

ともあれ、初めて知った方は、下記の手記あたりから読んでみてくださいませ。

http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/shuki/3-2.html#990217-2

追伸−沢木君、私が偶々書いたからとて、色々と書かない方が良いと思います。多くの人には分かることなのだから。

(11.23追加 恐縮ですが、どなたさまもこの記事についてのコメントは無しにて、とさせてください)
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ