2010/7/30

千葉法務大臣の死刑執行−批判に関して  憲法・社会・官僚・人権

なんともまあ。下記のような批判。
それも、死刑維持派、廃止派の両方の一部から。

いわく
1−落選し民間からの法務大臣なのに。
2−法務大臣でいることへの批判を避けるために、死刑囚とはいえ命を利用した。

何を言っているのか、と。

1−法務大臣は、なっていることそれ自体で、もう「民間」ではありません。
国家として刑の執行を代表する立場です。

そもそも、「民間人」だとしても、なんら死刑執行を命令することに矛盾はないです。国家の刑罰権の独占は、国民から刑罰権を奪った代償であり、もともとは国民の権利に由来するのだから。

2−これが、落選したのに法務大臣でいることの批判を避ける材料になるはずがないではないですか。

実際、そんな材料になどなっていないのだし、なるはずがない。
そんな1―2か月法務大臣でいることの批判なぞより、死刑を自ら執行することの重さの方がはるかに重いのが当り前ではないか。


死刑維持派からそんな批判もありえることも覚悟で、執行したのでしょう。まして、親しかった死刑廃止論の方々から「裏切り者」にされることも覚悟で執行したのでしょう。文字どおり身を切られる想いだった筈です。
いわば、自ら泥水を飲んで、死刑制度を国民に問うた、のです。凄い覚悟だな、と私は敬服するのです。

重要なポイントは、
1−死刑廃止の立場に立っている自分だが、法務大臣であるが故に執行するということの重さ。
2−死刑の重さを、自分として、国民にも知ってもらうべく(まして、偶々国会議員ではなくなる)執行に立ち会うこと
にあるのです。


法務大臣になった直後から、死刑執行の案件について何件かは法務省刑事局から来ているはず。大量の資料とともに。そして時々進捗状況や意向を法務官僚から問われる。

中には、改めて確かに死刑しかない、執行する他ないと感じる酷い事案がある。

改めて自分の死刑廃止という思想と、違憲とはされていない現行法での法務大臣の職責を問いなおさざるを得ない。

前回の死刑執行から1年がたとうとしている。

このまま自分が法務大臣から離れれば、また死刑執行が始まる可能性がそれなりにある情勢となってきた。

後々の法務大臣で、慣例でもないのに、死刑執行に立ち会う人はいないだろう。

であるならば、自らが命じ、それも死刑執行に立ち会う以外の選択肢はない、と判断したのだろう、と思う。

(追加−直接には「法務大臣は、死刑執行に立ち会う覚悟がなければサイン・印をしてはならない。」とルール化させるため)

今、実に多くの意見が表立って出ているだけでなく、ご本人に直接にも、匿名ででも、実に多くの嫌がらせや攻撃が届いているでしょう。

私は、千葉さんの畏ろしいまでの苦悩と判断を理解しようとしないで批判するのは、間違っていると思います。

千葉さんは、ひどく真面目な人であり、心配します。
私は、退任された後、心から「お疲れさま」と言いたいです。
死刑求刑事案の刑事弁護はもうできないだろうけれど、でも、普通の弁護士に戻りましょう!、と。

(追加−こんな資料がありました。
「求刑した検事、判決を出した裁判官、それに法務大臣らが自ら執行すべきだ。それが責任だ」。28日に死刑を執行された尾形英紀死刑囚(33)は、死刑廃止団体「フォーラム90」が2008年に死刑囚77人から集めたアンケートの回答で、そうつづっていた。アンケートをまとめた本は千葉法相にも手渡されていた。
 尾形死刑囚は「ほとんどの死刑囚は反省し、被害者の事(こと)も真剣に考えている」としながら、自分については「死を受け入れるかわりに反省の心をすて、被害者・遺族や自分の家族のことを考えるのをやめた」と、自ら控訴を取り下げた心境を明かしていた。
 また、同じく28日に執行された篠沢一男死刑囚(59)も「いつ死刑になるのか、きもちのせいりがつきません。死刑はざんこくなものです。まい年、確定の日などはねむれません」と答えていた。 (asahi.com))
11



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ