2010/3/31

重大事件―報告書  カルト・宗教・犯罪

警察の報告書は下記ですね。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/nansen/h220330_jiken.pdf
異例ですね、実に。
私が知らなかった内容もあり、可能ならばA〜Hの人に改めて聞いてみたいです。

これ、教団側は、確実に引締めに利用しますね。
「根拠もないままあんな発表をした。すべてが宗教弾圧であり、冤罪である一つの証拠だ」という感じで。

重大事件については、警察は責任者が必ず報告書を作るようです。一般には、内部資料扱いだろうけど。たしか、解決事件の最後には、表彰を与える警察官の氏名、職名、などを書くと。

1―坂本弁護士一家殺人事件―神奈川県警刑事部
2―松本サリン事件―長野県警刑事部
3―假谷さん事件―警視庁刑事部
4―地下鉄サリン事件―警視庁刑事部
の報告書が必ずあるはず。各警察署にはあるだろう。欲しいなあ。

どなたか原本でも、全部写しでも送ってくださると幸いです。
秘密は守りますから。

警察庁長官銃撃事件についても、内部向けの総括報告書もあるはず、ほしいなあ。
苫米地さんに依頼したことは、総括されているのかなあ。彼が催眠手法をとることから、記憶の書き換えもあるのではと思われてしまい、司法の場では信頼性をなくしてしまうもの。依頼すべき相手ではなかった。それが厳しく総括されるべきですが、書かれてあるのかなあ。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ