2009/5/27

Aleph-役員交代  カルト・宗教・犯罪

アレフの役員交代

アレフの広報部ホームーページによれば、
http://info.aleph.to/
役員が交代したのですね。
http://info.aleph.to/aleph/steering-committee.html

上記広報部サイトは、アレフのサイトである下記からは
容易にリンクできない不思議なところです。
http://www.aleph.to/
まあ、過去のことも、役員構成などもあまり知られたくない、というのがアレフなのでしょう。しょもなです。

で、また共同幹事だと、誰が代表者なの ? 
*********
運営委員会 (2009年5月25日現在)
松下孝寿(ヴァジラハーサ師)   共同幹事
田中和利(ダンマサヴァ師)    共同幹事
吉谷明子(インドラーニー師)   副幹事
並木清貴(ソーパーカ師)      副幹事
上田竜也(アヌーパマ師)      委員
松葉裕子(スッカー師)        委員
鈴木一弘(バッタジ師)        委員
*********

除名された野田サイトのコメントによれば、以前の委員から
4人が抜けているとのこと。
たしかに、このブログでも転載した以前の役員から、今回は抜けている。
http://alephnoda.blog85.fc2.com/

利根進一(メッターダッシン師)         
萩原正英(パンニャマジャッティー師)   
杉内伸浩(ビルパ師)              
山田美紗子(ヴィサーカー師)  

この4人の方々、仮に脱会したのならば、かつ「一人オウム」としての脱会でないならば、どうぞご連絡ください。このブログからも名前を消しますから。でもまあ地獄に行きたくない、との話も絡むので急がずに、ボチボチと考えて。

*********
沈みゆく泥船からは、早く逃げるのが正解なのだが。
「最後まで見届ける」とか「毒を食らわば皿まで」と思っていたとしても
それは外から見て、ただの自己満足・エゴでしかないのだがなぁ。
なんの自己犠牲にもなっていないのだから。

それは同時に、被害者を傷付け続けているものだから、言ってます。

1−解散し、
2−松本教祖の妻と未だ脱走していないすべての子らに地方公共団体の力を借りてでも自立してもらい
3−自分として少しは安定したら、支援機構への入金をボチボチと始めるのが

現役メンバーとして、せめてもの罪滅ぼしなのだがなぁ。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ