2007/11/30


林秀信さんからバスタオルが届いた。
うん、「病気腎移植問題」のとき、時にテレビに出て発言していた人。
マラソンを走ってもいた。

弁護士で、私とは研修所の同期でともにある程度活動したりした。
素敵な人で、きっといい仕事をしているのだろう、と思う。

宇和島病院の万波医師らの「病気腎移植」問題がありましたが、その移植された患者さんの一人です。

タオルは、「病気腎移植10周年を迎えて」というマラソンの模様も入った素敵なタオルです。

改めて悩む。
移植腎臓はやはり足りない。
10年前、万波医師が林さんにその移植をしてくれたから、林さんは今も生きている。

生きていてくれて嬉しい。とても嬉しい。

林さんへのドナーは尿管下端に癌のできた方で、尿管癌は周辺臓器に転移しやすく腎臓も含めて摘出するのが標準医療だとされているとのこと。だから、その方(もう一つの腎臓で生きているか人工透析になったのだろうが)の腎臓が、林さんに来たのだろう。

うーん、そんな場合はその「病気腎移植」というか、推進側では「修復腎移植」というのだが、認めたくなる。

改めて悩む本日です。もちろん、死体腎の提供がもっともっと格段に増えればいいのだが、なかなかそうなっていない。(それが不思議すぎるが)

自分はもちろん政策決定者ではない。
が、決定者においては医学的知見と世論とを見据えることとなろうから、率直に悩みを書きました。

ともかくも林さん。10年の記念日おめでとうございます。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2008/3/23  21:55

 

〓大混乱は必至・・・最大の被害者は患者〓
保険医療機関指定取り消し
藤枝病院の惨状
厚生労働省は地域医療をどう考えるのか
加戸守行愛媛県知事は、 2月18日の2月定例記者会見でも、宇和島2病院の保険医療機関指定取消は、例え1ヶ月だったらいいという、タイムのスパ 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ