2007/2/23

13回忌  カルト・宗教・犯罪

で、松本被告に対して、最高裁が特別抗告を却下して
死刑判決が確定したのは
2006.9.15

本来、死刑を執行しなければならないと刑事訴訟法が規定している
6ヶ月と5日の期限は、
2007.3.20

これはまだ誰も指摘していないようですね。
私は、最高裁は、実に考えたな、と思ってます。

まさに何人もの人の、13回忌。下記の命日一覧表の通り。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/meibo.html
----------
で、あの、日本国におかれては、刑事裁判を終え、また公安調査庁などによる監視だけしていれば(まだ3人が逃亡していますけれど)、事件は終わりではないということを認識して欲しい。

日本国は、なんら被害救済をしていない。
国家の指導者の代わりに、死んだのに。

−運動で幾つか法律ができたが、破産の時に賠償を税金よりも優先させるとか、国のオウムへのその他の請求権を賠償に劣後させるとか、現有オウムの財産を破産財団から流出したものと推定するなんていう規定を作った程度。本来、当たり前のこと。−

2001.9.11テロでは、アメリカ合衆国は、あっと言う間に被害者一人当たり1億円ほどが出るような制度を作った。
国家に対するテロのために、市民が死んだのだから。

一連のオウム事件が、国家に向けられた事件であったことは松本被告の一審判決(確定)にても、明確に認められている。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html

ああ、それなのに、それなのに。
日本は、未だ「恥かしい国」です。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ