2006/10/17

代理妊娠出産  憲法・社会・官僚・人権

私、向井さん夫婦の事例について詳しく知らなかった。
そもそも双子だったことも知らなかったし、うーんいかんなぁ。

ホロっと検索して、下記があった。
当該の代理した人のインタビュー。うーん、うーん。
http://www.globe-walkers.com/ohno/interview/dairibo.htm

で、これを見て驚きました。
悪いけれど、それはわがままだ、と。

妊娠した彼女自身が減胎を希望したが、向井さん夫婦が反対した。
そして帝王切開。
うーん、危なかったではないかぁ、いかん。

双胎児というだけでハイリスク妊娠出産なんです。
まして、50歳過ぎの生物学的には危なさ過ぎる妊娠出産も、法的トラブルが少ないからとしてしてきた根津医師、おかしいよぉーー。

(アメリカ的に金銭と諸環境の調査でするほうがまだまし、
根津医師は、産科の死亡例を一つも体験していないのかなぁ、
もしそんな感覚を基にしていたら、それも問題)

でも、子どもには何の罪も問題もないから、
遺伝上の父母の子として受理することには賛成です。

今後、同様のことがあれば、医師、関係者を処罰できる法律を作るべし、とは別のこと。

---以下、前記リンク先の抄本とコメント---
週刊女性セブン 2004年2月5日号−独占告白 注目の出産の一部始終を語った!

>4回目の妊娠だが、今回は体外受精で代理母。実は不安の毎日
−何回目でも不安です。

>「双子であることについては、私の体が臨月まで耐えられるかどうか自分の子供の世話や生活もあり、すごくそのときは不安を感じてしまって悩んだ末に減胎を申し出たんです。つまり、双子のうちのひとりを堕胎したいといったのです。しかし、アキの強い意志と希望を聞き、また医師の安全であるという説明をうけて、双子を生むことを決心したんです」
−本人は減胎を申し出たのに、遺伝上の母が反対したんだ。生むことの危険性はどう考えたのだろう、自分が生むのではないのに。

>向井著書『会いたかった 代理母出産という選択』の中で、意を決してシンディさんに自分が子供を堕胎したことを語ったと書いている。《私は、一度、子供を堕胎しました」--もう二度と、赤ちゃんを堕胎することはしたくない
−減胎に反対した理由が、上記とのこと。自分たちの気持ちだけではないか。

>今回シンディさんは、帝王切開を選んだ。それまでの3回の出産すべてが自然分娩
−そりゃ、双生児のとき、帝王切開のほうが安全でしょうから。帝王切開はその後に痛かったりすると聞く。もちろん跡も残る。一人ならば、通例の経膣分娩だったろう。

>出産直前、母体から羊水が流れ出し、病室に緊張が走ったことがあったという。シンディさんは2時間おきの検温を強いられた。このときぱかりは向丼は深く思った
−うわっ、羊水ができってしまうと30分以内に出産しないとまずいはず、だから帝王切開だったのだろうか。

出産は、今でも命がけのこと。
それがすべての議論の前提。
------------

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ