2006/8/30

絵のレンタル料金 外  カルト・宗教・犯罪

以前、何度か書いたつもりだったが、意外に知られていないみたいだったので。

オウム真理教、アーレフから公式な形で松本家にいっているお金は、月40万円です。

名目は、松本知子さんが描いた、タンカのレンタル料金です。
一枚ではなく、いくつかの道場のものということみたいですが。

Y2PCは、このところどうなっているのか、よく分からない。
そして、大切なことは、お付の人はどうなっているかしら。このところのこと。
いろいろと聞いて回る時間がない。

誰か、裏付けをもってご存知でしょうか。

ああ、埼玉弁護士会の吉岡毅弁護士からは、
名誉毀損云々の内容証明も、訴訟も来ないままです。

ふっー。草々
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ