2020/1/22

はい、残念でした  カルト・宗教・犯罪

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6348917
1月22日朝、植松聖被告は「1人で裁判を受けたい」「弁護人を解任したいと思っています」と。弁護側は責任能力を争い。植松被告は、「弁護人の考えと私の考えは正反対で、心神喪失という主張ではない」と、解任したいと思った理由を説明

 なるほど、国選6人の弁護団の辛さはこのあたりにもあるのだろうと。

 国選だから、本人からの「解任」という手続きはない。ただ私選弁護士が就けば、国選は解任されることが原則。そうなれば、いくら何でも今の裁判員裁判は続けられない。

 でね、「私選が就けば解任される」のが原則ということは例外もあるということ。オウム事件でも誰だったかな、私選が就いたが国選を解任せずに進めた前例もある。

★何事も例外はあるのですよ、植松聖被告。
はい、残念でした。

8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ