2019/4/12

弁護士という制度  定義・知識人の責任

2人の発言からみる考えの違い。
−昨年の森達也氏、三女さんら主導の「オウム事件真相究明の会」−2018.6.4設立、8.24解散−に名を連ねた人ですが、アベ政治の評価その他での多くの点では、意見が同じなんだがなあ。

香山リカ
後藤弁護士は水俣病で被害者側に立ち、一株運動を指揮し、チッソ株主総会の議決取り消しを原告として訴えて最高裁で勝訴を勝ち取るなど輝いていた。それがなぜ、いまはチャンネル桜の代理人として法廷に立っているのか。それでもこの『沈黙と爆発』は名著だと思うが。

山口二郎
往年の後藤孝典弁護士の活躍を知るものにとって、なぜ今ネトウヨの弁護をするのか、信じがたい。晩節をけがしたとしか思えない。昔、朝日新聞の書評委員をしていた時、『沈黙と爆発』の書評を書いたことがある。亡くなった原田正純先生が見たら、何と言われることか。

滝本
うわっ、「香山リカ」さんも「山口二郎」さんも、そんなことを言っていては、「弁護士制度」のみならず「人権」や「表現の自由」について語る資格がないことを認めたようなものなんだが、分かってないのかな。「聞いてみたい」は分かるが、晩節を汚した等々の「批判」は当たらないと

滝本
1997年頃だったかな、オウム幹部の弁護をしている弁護士さんの姪とか、親戚から、辞めさせたい、申し訳ないとか連絡が2−3来た。私「それが弁護士です。この件では被害・告発側ですが、私もまず間違いなくひどく悪い人の弁護や代理もします、この状況での弁護を尊敬しているんです」とか説明してた。
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ