2019/3/31

故新実智光の帰依について  カルト・宗教・犯罪

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00010017-abema-soci
 上記は、オウム事件で最後まで麻原彰晃に帰依していたと見られた故新実死刑囚の、獄中妻への取材内容です。「松本家を信仰することのバカバカしさ、教祖を崇める生き方より自分を信じることについて書いてあった。最期の最期で夫は原点に帰りました」と説明している。彼女のツイッターや下記ブログにも同様のことが書かれてる。
http://sorairo-sora.cocolog-nifty.com/blog/

 確かに、故新実につき、獄中妻となった彼女と面談を重ねて命に執着心が芽生え、やがて変わって行かないかと期待はしてきた。彼女が執行猶予付き有罪になった男性への脅迫事件の被害者に対し、なんと故新実は、慰藉料請求訴訟を提起した。一人は和解で終了、一人は継続中のままだったか。

 被害者にはとてもひどい話だが、そんな訴訟からすると、故新実が「現実感」と「自らの感覚」を回復し始めてきたのでは、とも思えたり。

 だが、下記にアップしてある本人の2018.6.28付恩赦申請補充書の文章−下記−から見ると、命への執着心はだいぶ出てきたが、いまだ帰依をなくしたようには思えなかった。
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2480.html

 彼女には、故新実の、手書きである筈の文章写真そのものを示してほしいと、つくづく思う。

 故宮前(旧姓は佐伯、岡崎)いわく「話すドーベルマン」と表現した故新実についても、年を重ねるに従い、言うことがどう変わっていくか、知りたかった。

 死刑囚についても、何とか刑務作業とかをさせる制度に変更させて、獄中でヒヤシンスぐらいは栽培できるようにさせて、命と現実感に目覚めて、やがて自らのしたことの「悔悟」を明確に感じるようにしていけないか、と思ってきた。もうできないことですが。

1994年11月、上九のオウム施設前で、Mさんという出家者とやり合っていた時だったか別の時だったか、故新実がそばでニヤニヤしていたのを思い出す。率直、一番怖かった。同年8月あたり、第7サティアンに入る上り坂前で、いかにも元暴力団員の人とやりあった時より怖かった。
12



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ