2018/12/26

動機でなく効果  カルト・宗教・犯罪

https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2482.html
 上記に書いた「オウム死刑囚Tシャツ」のことで、私が「オウム法廷漫画を賞賛していたこと」との違いが分からない、驚いたというような感想が、FBに書かれたりしてた。

 オウム法廷漫画、つまり麻原法廷物語は、私の下記フログでユーチューブの全10話を紹介しているものです。ホントオススメのもの、広く普及を。
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20181001/archive

 同じ漫画やらイラストでも、法廷漫画は法廷とオウム集団・事件の実態を伝える、それも分かりやすく知らせるという目的通りの役割を果たすだろう一方、

 こちらのTシャツは、動機をどう説明しようとも、単に12人や教祖のイラストです。色んな立場の関係者が不快感・違和感を感じるだけのこと、追悼?の効果なぞ無いと。
オウム真理教の宣伝にも利用されてもおかしくない。いつかまあ5年後ぐらいにオウム集団を放置しておけば、「追悼、尊師の守護者となられた高弟12人」とか言って写真集などとともに作るのかなあ、と思っていた類なんですが。

 この12月末のコミケでしたか、販売されたりしないことを希望します。
12



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ