2006/4/16

2006.4.16 神奈川集会の決議  外国・外交

2006.4.16、神奈川で集会で採択されたものです。

うーん、
横田めぐみさんの夫にされた人が韓国からの拉致被害者である可能性が極めて高いことが判明した今日、韓国がどう対応して行くか、大切なんだろう、と思います。

韓国民の感覚としては、朝鮮戦争の悲劇がまだまだ残存しているときに、またつい先日まで実質上戦時体制で韓国もきたときに(シルミドなどの映画でもよく分かる)、工作員への養成させてしまっているかもしれない拉致被害者のことばかり、そう取り上げるな、と言う気持ちなのかなぁと、悲しくなります。

韓国では、日本よりも同民族として北朝鮮に「親しみを感じたい」というのが、その背景にあるのだと思いますが、北朝鮮が破壊的カルト団体の最たるファシズム国家であることを、その若い人たちも自由分認識しないとならないと思うのですが。

--------

■ 北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川県民集会決議

先般、日本政府は横田めぐみさんが北朝鮮で結婚した相手が韓国人拉致被害者、金英男(キムヨンナム)さんである事をDNA鑑定でほぼ結論づけた。韓国の主要マスコミでもDNA鑑定を大きく報道しているようである。

日韓両国が共闘して被害者の送還を強く求めることができれば、被害者を強制的に留め続けている北朝鮮の姿を国際社会に改めてアピールできる。韓国を拉致問題解決のための国際包囲網にしっかりと引き込むことが、日本政府にとってより重要となっている。

私達は今回の県民集会において以下を決議する。

日本政府に強く求める。

国連総会や6カ国協議などの国際会議において日韓両政府が連携協力し拉致問題を提案するように実行して欲しい。

制裁法による送金・貿易停止、船舶入港禁止を行っていただきたい。

北朝鮮最高人民会議(国会)代議員を勤める総連幹部6人への再入国許可を取り消し、北朝鮮・総連への不公正な優遇措置の適正化を行っていただきたい。

さらに拉致実行犯やよど号ハイジャック犯に対する徹底した捜査と拉致被害者追加認定を継続して実行して欲しい。

韓国政府に強く求める。

今、北朝鮮に行っている太陽政策を中止し、韓国人拉致者や国軍捕虜を救出ために6カ国協議で日韓両政府が連携協力し拉致問題を提案するように実行して欲しい。

今回、講演された崔祐英(チェ・ウヨン)さんなどの拉致被害者に盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は早期に面会していただきたい。

金正日に要求する。

いますぐ、日本人拉致被害者を全員返せ。

韓国人拉致被害者、その他の外国人拉致被害者もすべて返せ。核武装と戦争準備を止めて、北朝鮮民衆の生活向上に力を尽くせ。

平成18年4月16日 

北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川県民集会
参加者一同
-----------------
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ