2017/8/18

首相の言葉―反省文言なしについて  憲法・社会・官僚・人権

 私が、8月15日にFBにアップした下記最初の大文字書き込みにつき、他に紹介されたようで、いろいろ書き込んでくれた人が何人もいて、対話をしました。まあ3日ほど議論して溜まってしまったので、匿名化して備忘録まで。私の書き込みは緑色にしました。 

滝本 8月15日 14:24 ·
8.15、満州事変も真珠湾も、そもそも日本が始めた。多くの人が死んだのに、血と涙が流されたのに、反省を言わない日本国首相って何?


T 大変貴重なご発言です。これはだれが首相になっても同じ。基本の基本。若い人はとくに考え違いをしないように、自分が生まれる前のことに責任があるのです。その事情もぜひ学んでください。
いいね! · 返信 ·  7 · 8月15日 14:33
*********
K  ルーズベルトの罠って説はかなり信憑性あるようですな。北に対してまた仕掛けるかも。
いいね! · 返信 · 3 · 8月15日 14:46

滝本  まあ真珠湾は、とは思いますが、それも日本か始めたことは確かなことにて。北朝鮮が日本の愚を繰り返さないことを願う。いいね! · 返信 · 1 · 8月15日 14:57

S  戦っても不戦でも国を滅ぼされる形にされました 賭けですが勝って講和出来る道を選ぶ事が悪ですか?
そもそも満州事変に至るまでの状況を把握してから言うてますか?...もっと見る
いいね! · 返信 · 2 · 8月15日 23:19

滝本 そもそも、日本がアジア侵略などしなければ、あの結果にはならずです。
また、先制攻撃は、相手方に「自衛戦争だ」という名目を与えるものです。いいね! · 返信 · 8月16日 11:31


S  滝本さんの言うアジア侵略とはどの段階の話でしょう
得た権益を守ることと侵略とは少々意味合いが変わりますのでね  いいね! · 返信 · 8月16日 11:37

滝本 聞いてばかりはいかんですょ。ご自身は「そもそも満州事変に至るまでの状況」をどのような把握していますか。建設的に参りましょう。、いいね! · 返信 · 8月16日 14:22

K  Sさん、まさに勝てば官軍です罠。原爆や東京等都市空襲による非戦闘員虐殺はアウシュビッツ以上の残虐行為。これこそが人道に対する罪。連中の言う人とは白人に限定なのでしょう。
いいね! · 返信 · 8月16日 14:36 · 編集済み

滝本 そうそう、で、原爆やあそこまでの空襲を批判するためにこそ、まともに反省しておかないといかんです。いいね! · 返信 · 8月16日 14:35

*********
C  戦没者の御霊を悼むのは当然として、戦争を起こした日本のあり方、残虐行為の反省がないのかということですよね。日本のトップとして国際社会へ向けての反省のメッセージがあって然るべきですよね。おかしな奴です。
まあ、彼ら日本会議系の連中は戦争を起こしたのが間違いだとも思ってないし、敗戦もしていないと思い込んでるのが厄介ですよね。
いいね! · 返信 · 2 · 8月15日 15:00 · 編集済み

N  敗戦してないなんて誰も思ってないし。
なぜ戦争になったかは勉強したのかな?
いいね! · 返信 · 2 · 8月16日 0:37

滝本 折角ですから、ご自身の考えを披露されたらいかがですか。いいね! · 返信 · 8月16日 11:31

******
T 悲しいかな、これが日本という国の指導者が無責任だという証拠かも。いいね! · 返信 · 1 · 8月15日 16:56

**********
N  反省って、いつまで言えば良いんですかね?
あと、憲法9条って、北朝鮮のミサイルを止めてくれるのかな?いいね! · 返信 · 7 · 8月16日 0:28 · 編集済み

滝本 聞くばかりですね。 
 反省って、真実しているのであれば「してしまうもの」ですね。日本は、アジア侵略、進出??を正当化をする有力政治家が輩出されている限り、反省を述べることが求められ続けましょう。
 9条と精神で、日本向けのミサイル100数十発があるけれど、日本は、そこへの攻撃能力は持っていない状況が、数十年続いているところ、攻撃されていません。もとより、米国の力があるからだが、そのその事実自体は知るべし、だと。...
 同時にそのようにして経済的負担を少なくして、経済発展に尽くしてきたのが、歴代自民党と、アウンの呼吸の反対勢力の、まあ智慧でした。その経緯も知るべし、だろうと。
 そして今、日本の同盟国の米国側から先制攻撃してしまうのかが、課題になっています。論点をしっかり把握されたし、と。いいね! · 返信 · 8月16日 11:40
 

M   我が国は現憲法典がある限り米国の付属物で居続けなければならない、、、、早く完全独立しなければならないと思います。
いいね! · 返信 · 1 · 8月16日 11:53

滝本  現憲法には、日本の自由民権運動で出された憲法案や、日本の学者の案が相当に取り入れられてますね、そして国民に広く受けいられた、私はそう認識しますが、一部なりとも同意されますか。
 一方で、大日本帝国憲法は、自由民権運動での例えば五日市憲法などの国民の声を聴かずに権力者が作ったもので、それこそ権力者の押し付け憲法だと考えますが、いかがですか。
 そしてまた、独立と言うならば、米軍のことまともな地位協定に変えないといけないと思うんですが、それをしようとしない自民党などにつき、どう考えますか。ご自身はどう考えますか。
いいね! · 返信 · 1 · 8月16日 14:27


W  帝国憲法の精神に戻って考えた方が良いと思いますがね〜。
当時の自由民権派も驚いて納得したくらい開明的な憲法ですし、我が国の伝統、文化、習慣を徹底的に調べて無駄なく盛り込んだ立派な憲法典だと思いますよ。いいね! · 返信 ·1 · 8月16日 18:09

N   聞いちゃダメだったの?
だったら、事前にそう言っておいてよね。意見を聞きたいのと、どれだけ正しい知識をお持ちなのか確認したかっただけなんだけど、まさか、聞いてはいけないとは知りませんでした。
で、もう一度聞くよ。いくつかの質問に答えてもらえるかな。
1つ目の質問。
反省はいつまでしなければならないのですか?当事者でも無いのに永遠にするのですか?
そもそも、何に対しての反省なんですか?
アジア進出?侵略が事実なんでしょうか?だとしたら、韓国と中国以外のアジア諸国がそれに対して韓国や中国と同じ様に主張しないのはなぜなのでしょうか?
滝本さんが言うアジア侵略と言う見識が勉強不足と言わざるを得ません。
事実を検証するとアジア解放と言うべきかと存じます。
 それから、9条についてですが、それって、9条が有ったからでは有りませんよね?9条が無くても同じでしょう?
そんな事、よほど戦争がしたいのなら別ですが、そうでなければ当然の事では有りませんか?
滝本さんはこのまま、アメリカの核の傘に護られる日本は独立国として正しいと思っているのですか? いいね! · 返信 · 1 · 8月16日 23:50

滝本 別に聞いてもいいけれど、自分の考えを示されない人にレスするなんて、実に建設的ではない、昔の「掲示板」で言えばアラシ対応でしかなくなってしまうんですょ。
 自分の考えも述べられつつ。一致点と相違点、その理由や情報を交換してこそ、建設でしょう。それはできないですか。いかがでしょう。
 私、折角書き込まれたので、私の考えを相当細かく開陳し、この点はどうかしら、などと聞いているのですが、レスなしはいかんですわ。いいね! · 返信 · 23時間前 管理する


滝本  あっ、Wさん、下記はないわあ。自由民権運動で出された件法典の1つでも読まれたのですか。出典はどのあたりですか。
「帝国憲法の精神に戻って考えた方が良いと思いますがね〜。当時の自由民権派も驚いて納得したくらい開明的な憲法」
いいね! · 返信 · 23時間前 

M  すみません、うら覚えで出典まで上げられません(^^;
ただ終戦まで改憲動議もなくなんの問題もなく運営出来てましたし、衆議院に予算詮議権を与えるなど君民共治の我が国の伝統、文化の精神が簡明に確認出来る良い憲法典だと思います。
いいね! · 返信 · 23時間前

滝本 太郎 レスありがとうございます。大日本帝国憲法の成立前の自由民権運動の中での私擬憲法は、下記ウィキからいろいろリンクしてます。ご参考までに。
 その中の五日市憲法など、皇后陛下が驚かれて和歌だったか話にあったように、凄いもんだなあ、と思います。日本国民の誇りです。いいね! · 返信 · 23時間前


滝本 https://ja.wikipedia.org/.../%E7%A7%81%E6%93%AC%E6%86%B2... です。
私擬憲法 - Wikipedia
私擬憲法(しぎけんぽう)とは、明治時代の大日本帝国憲法発布以前に、民間で検討された憲法の私案のこと。
ja.wikipedia.org  いいね! · 返信 · プレビューを削除 · 1 · 23時間前


M  今ちょっと読んだだけの感想ですが、これは多過ぎですね。やはり皇室典範などで分けて簡明にした大日本帝国憲法の方が分かりやすいです。まだまだ読んでみますが。 いいね! · 返信 · 23時間前

滝本 太郎 ええ、皇室典範と一緒にした憲法ですね。興味深いです。明治の時代、天皇制を、近代国家の中でどう位置付けるか、多くの人が悩んだんでしょうね。いいね! · 返信 · · 22時間前

M  ああ、大日本帝国憲法では英国憲法を参考にして我が国の伝統と合わせたんでしょう。きちんと立憲君主制になってますね。
いいね! · 返信 · 22時間前

N いや、まずはそれぞれの考え方を理解しなければならないでしょ?
だから聞いたの。 いいね! · 返信 · 22時間前

N  で、いつまで、謝れば良いのでしょうか?
いいね! · 返信 · 22時間前 

滝本 太郎 とうに書いてますので、良く読んでくださいませ。そして自分の考えを述べられたらいかがですか。そんな書き方では「教えて教えてちゃん」や「アラシ」に堕してるというべきかと。
いいね! · 返信 · 9時間前

**********

M   結果からは何とでも言えますからね〜、、、、
いいね! · 返信 · 5 · 8月16日 0:32

滝本  結果ではなく、半年で講和に持っていけない場合、負ける結果になるということは、開戦前から分かっていたのではないですか。そういう認識はお持ちではないのですか。それを、精神論にもっていったのが、しょもない話だった。その分析は日本側もしていたものでしたが。いかがですか。いいね! · 返信 · 8月16日 14:29

M   問題は新聞等に煽られて激昂していた国民にどれだけ伝えられたかですね。先帝に名指しされて和平に努力していた東条首相も米国の最後通牒に万策尽きたし、、、、
支那大陸に民間人が乗り出すのを止めて残虐な殺戮を未然に防ぐか、軍縮しないで満洲の租借地を完全防衛して残虐な殺戮を未然に防いでおくか、、、、
どちらも未来が分かるはずもなく、当時は無理でしたでしょうね。
いいね! · 返信 · 1 · 8月16日 19:20 · 編集済み

滝本  ええ、東条英機の単純さはあるとしても、いざ首相になればわかってきた模様だと思います。ただ精神論に逃げてしまったんだなあ、と思います。決して、ヒトラーのような存在ではなかった、と。
 だからこそ、それ以前のどこから間違っていたか、が大切なんだろうと、天皇陛下は、まあ明確な処でという事でしょうが、満州事変からの反省という趣旨を何度か言っていますが、それ以前からだったのでは、と知りたいところです。
 また、その無責任体制というのかなあ、「流れ」に逆らえない日本の権力者、もとより国民性が、今も変わっていないのでは、と心配するものです。 いいね! · 返信 · 1 · 23時間前/span>

M  日露戦以後の弛緩した官僚体制や社会主義の世界的蔓延もコミンテルン策謀に適切な対処が出来なかった理由の一つではないかと思います。いいね! · 返信 · 23時間前

滝本  日本の戦前は、やたら貧富の差があったものでしたもんね。それがロシア革命とかをやたら恐れた事情でもありましょう。
 戦後、現行憲法で社会権が規定され、福祉国家の概念が広がり、実際貧富の差が縮まったのは、その反省でもありましょう。それはすなわち、社会主義、共産主義国家似ることを止めるためでもありました。智慧ですね。
 で、今はまた貧富の差がやたら広がっている、階層の固定が強くなってきている。このまま30年過ぎたらどうなるのか。そんな政治を止めないといかんと思ってます。
 だのに、決して上位1%とか5%階層ではない人が、安倍さんらにうまく載せられてしまっているように思えて、残念なんです。いいね! · 返信 · 22時間


M  戦争がなければ昭和30年には英国を抜くといわれたGDPですが戦後米国に頼った国防により達成出来ました。
問題はこのまま国防を米国に頼ったまま我が国の将来はどうなるか?その不安が圧倒的な安倍政権支持にあるのでしょうね。その対案を出さなければ倒閣は難しいと思います。いいね! · 返信 · 22時間前

滝本 ええ、課題はそのあたりだと思います。たとえ当面、安倍内閣を倒閣できたとしても終わる課題ではないし。
 民進党はあてにならんし、共産党あたりが、その実態に従い「まともな保守主義党」になって欲しいな、と。民主集中制と無謬性の神話を放棄し、共産主義はユートピア思想に過ぎなかったとすればいいのだが、できないのかな。いいね! · 返信 · 1 · 22時間前



無理ですね(*≧∀≦*)
それやったらカルト宗教党の意味が無くなりますから(笑)
いいね! · 返信 · 1 · 22時間前
********
S2  歴史は勝者に都合良く書き換えられる。
先ずはそのことを念頭に置き発言すべきですね。いいね! · 返信 · 8 · 8月16日 0:34

滝本  敗者側が、都合のいい所ばかり信じては、なおさらにいかんですわ。日本国だけにアイテンティティを持ったりするのかなあ。いいね! · 返信 · 8月16日 11:41


S2  返信が遅れました。
ですが御返事の意味がよく分かりません。
私は歴史は勝者に都合良く書き換えられると言った普遍的な事象を申し上げたのですが。
その普遍的な事象について如何お考えでしょうか。 いいね! · 返信 ·   8月16日 19:57

滝本 勝てるわけもない戦争に突き進んだ日本を繰り返してはならん、そもそものどこから間違いだったのか、ですわ。
 結果的に、日本の軍部を含む権力者の判断が間違いだったことは、同意されるんでしょう?違います?
 であれば、どうしてそうなったか、それを知っていくのが、歴史を学ぶ目的でしょうが、と。
いいね! · 返信 · 23時間前


滝本  あっ、すいません。「歴史は勝者に都合よく書き換えられる」は一般論としてそのとおりです。で、だからといって、敗者が、寝言を寝言のままにしていてはならん、と。
 言うべきは言うためには、自らの問題点もしっかり認めないと、何ら説得力がなくなりますと。
 まして、日本のまともな独立のためには、右翼気味た人こそ、日米地位協定を改正させなきゃならん、と。このままでは、日本独立、9条改憲なんて、米国の属国に益々なるだけですもん。それをとんと言わないなんで、日本国の独立を目指す右翼ではないわな、と。
 地元の右翼とやりあったときに「今は北朝鮮、中国があるんだから、アメリカに守られているんだから従うのは仕方がない」なんて、マイク持ったまま、ついに言ってて、唖然としましたわ。聴衆も同様だったかも。 いいね! · 返信 · 23時間前


S2   勝てるわけもない戦争に突き進んだと書いておきながら、その点に触れないのは不思議に思います。
何故大国アメリカに挑んだのか?
そこに言及すべきではないでしょうか。
そしてどうしてそうなったか、とお書きになっておりますが、既に別のスレッドでハルノートのことが書かれています。
既に有名な話ですのでこれについては割愛します。
いいね! · 返信 · 9時間前 

S2   更に敗者の寝言とは一体何のことなのかも書いておりません。
この答えは不完全なので補足が必要だと思います。
第一日本全体を考えるにGHQの草案及び思惑通りになっていると考えられます。
 その象徴こそ滝本様のおっしゃる憲法9条なのです。
アメリカとの同盟強化に対して妨げになる可能性を孕んでいると思います。
いい加減に改憲すべきと考えられますが如何でしょうか。 いいね! · 返信 · 9時間前

W2  中国から無条件に撤退することが、堪えられないという信条なら、日本だけは利権を追及してもかまわないという国家神道の優秀民族論そのままでしょう。 いいね! · 返信 · 4時間前 

S2  W2さんの御指摘は少々的外れのように感じます。
そのようなことをしたらそのアメリカと言う国家は一体何なのでしょう?
もともと侵略して奪った土地ですよ?
時のイギリス、フランスも相次いで太平洋に築いた植民地を手放しますか?
そう言う話になりませんか? いいね! · 返信 · 3時間前 

滝本  遡って考えないといかんでしょう。なんで米国との戦争の前あたりで思考を止めてしまうのですか。
 日本が富国強兵、帝国主義の道でない方法をとることができなかったのか。
 また仮に、帝国主義で行くとしても、満州事変なんてのをなんでしてしまったのか、その前で自制できなかったのか。すなわち、後々米国らとの戦争になっていくことをどうして指導者らは考えなかったのか、または軽視してしまったのか。
 そこには、日本の権力構造のあり方、また指導者層の甘利の無責任、感覚の鈍さがないのか、という疑問です。歴史を学ぶのは、そんなことを考えるためだと思うんです。 いいね! · 返信 · 数秒前


**********

O   反省をというのなら、なぜ原爆で関係ない一般市民を大量虐殺したアメリカは無反省のままなのでしょうか?
戦闘員でなく、しかも原爆実験の為に本来なら命を落とす事はなかったはずの方々を虐殺した事はどのようにお考えか?
いいね! · 返信 · 3 · 8月16日 8:37

S2  プルトニウム型、ウラン型をそれぞれ試したことは正に非道、非常に悪辣な行為です。
そもそも勿論それ以前に空襲により、東京を焼き払ったことも問題です。
非戦闘員を無差別に虐殺することを主眼においてやったと言っても過言ではないでしょう。
秘密基地があった、或いは秘密兵器を作っていた云々などと言う口実は現在も尚、アメリカの常套手段として使われています。
いいね! · 返信 · 3 · 8月16日 9:23

S2  因みにアメリカの対応としましては、私個人は今まで日本の国防を実質的に担ってきたことで溜飲を下げております。
敗戦国に対して勝利を収めた国側が国防を担うなど通常ならナンセンスだからです。
憎しみは捨て去り、普通の同盟国として見ること。
これが我が国の為と考えております。いいね! · 返信 · 3 · 8月16日 9:27

滝本  まったくまったく、です。米国は酷いもんだ、と。で、米国に深い反省を求めるためにこそ、そもそもの初めは日本だったけれど、とエクスキューズしつつ、しないと説得力がないものです。
 日本は重慶市街への重なる空襲などしたことを深く反省する、そもそもの契機が日本だったことを認める。
 だが米国の本土空襲はいくら何でもやり過ぎだよ、と。原爆はいくら何でもやり過ぎだよ、と。2発の必要もなし、実験台にした!戦後の盟主になるために落としたな!と批判しないと。いいね! · 返信 · 1 · 8月16日 11:45


O  S2さんそうですね。許しがたい事ですが、我々日本人はどこぞのお隣の国の様にいつまでも恨みで行動する酷民ではないので、非道を非難こそすれ恨みは抱いてはいません。
先日のオバマ大統領も原爆慰霊式典に参列されましたし、安部総理も真珠湾慰霊に訪れました。アメリカの反省としては、二度と、この地上で原爆を使ってはいけないと言うことでしょう。
滝本さん
日本を開戦の道に走らさざるを得なくしたのは、アメリカ側ですが。守るべき物を守るために戦わなくてはいけなくなれば、戦うしかないでしょう。それとも、侵略されても戦うなと?なすがままにされろと?ごめん被る。
いいね! · 返信 ·1 · 8月16日 12:29

滝本  アメリカか日本に攻撃させようとしていた、という限りではかなりの人が意見一致し、私もそう思いますね。で、なんでそうなったのか、なんで日本が乗ってしまったか。それを考えないといかんで使用ね。
 つまり、それ以前にそもそも明治以来、別の進み方はなかったか。あの進み方だとしても、どこで間違ったのかと考えないといかんでしょう、天皇陛下の言葉にある通り、満州事変以降は、明らかに間違いだと。私は明治の富国強兵政策から問題だろう、と思ってます。坂本龍馬がいたら違っていたかも、とか。まだ勉強中です。いいね! · 返信 · 8月16日 14:33


O  なぜアメリカの仕掛けた戦争に乗ったかを理解するには、ハル・ノートをきちんと見るべきでしょう。
あれだけ、冗談にも程があるような条件を突きつけられれば、嫌でも戦争の道を選ばざるを得ないでしょう。明治維新云々は、この条件なら関係ないでしょう。
http://cosmo-world.seesaa.net/s/article/142255894.html
アメリカの戦争責任とハルノートの真実。: 日本人は知ってはいけない。
アメリカの戦争責任とハルノートの真実。,ないしょの話。
cosmo-world.seesaa.net  いいね! · 返信 · プレビューを削除 · 2 · 8月16日 15:58

N  そもそもの始まりが日本だったって言う見解が既に間違ってるんだよ。
確かに当時のメディアに扇動された事実もあったが、それだけじゃ無い。
石油の問題とかは?いいね! · 返信 · 2 · 8月16日 23:58

N  何故富国強兵策を取らなければならなかったのかはこれから勉強するのかな?
いいね! · 返信 · 2 · 昨日 0:01 管理する

S2  私も滝本様の16日14:33の御返事にはかなり違和感を感じます。
日本国内と言うより、あの時代に世界中に蔓延っていた白人至上主義に対してもお話しが及んでいないと論議のバランスが取れません。
白人至上主義と言えば正に今、非常にタイムリーな話題です。
この件についても是非お考えを伺いたいものです。
いいね! · 返信 · 1 · 昨日 11:16 · 編集済み

滝本  もちろん、白人至上主なぞいかんです。
 で、当時の五族協和とか、東洋平和のため、アジア解放のためということで、国民に対して正当化し、実はアジアに対して侵略、欧米との関係では植民地再分割戦争をしていただけ、というのが本質だったと。いいね! · 返信 · · 23時間前


滝本  もう一つ。うーんOさん「我々日本人はどこぞのお隣の国の様にいつまでも恨みで行動する酷民ではないので」って、そりゃあないさあ。
 原爆を落とした、しかも2つの問題点は、しつこく、しつこく、しつこく言わなきゃなりません。お若いのかなあ、原爆とかは、実にまたったく他人事の感覚なのかなあ。
 言い続け、問い続けるべきは、人類史の中での日本国民の責任でもある。いいね! · 返信 · 23時間前


O  滝本さんそれは違いますね。勿論、恨みは抱いてる人は居るでしょう。だからといって、いつまで経っても恨みばかり抱いていては、先に進めません。
日本は、いつまでもお隣の国の様に賠償、賠償と繰り返しているでしょうか。違いますよね。
原爆使用に対することを非難し、核兵器を使用しない様にと訴え続けることは、唯一の被爆国として訴えていかなければいけないことですが、恨みを抱き続けることとは別で考えなくてはならないでしょう。
若いから〜とすぐ言うのは、老人の悪い癖ですよ。これだから老人は…と言われますよ。
いいね! · 返信 · 23時間前

滝本 すんません。うーん、逆に自分は60歳ですが、それでも7−80歳の人とは感覚の違いを感じるものでしたね。
 で、日本は、日本国政府は、「核兵器を使用しない様にと訴え続けること」は、しているでしょうか。
 実に全く、安倍内閣は、先日の条約に合意しないだけでなく、核先制攻撃さえも、場合によって許される。日本も核爆弾を限定的に持っていいものだ、なんて言っているんです。いいね! · 返信 · 23時間前

O それは、致し方ないです。何せ、すぐ隣で核兵器を現在進行で開発し、日本に向けてミサイルを発射し続けている国がありますから。核には、核でしか対抗出来ないから、多くの国が核兵器を所有してるんです。それが、抑止力と言うものです。
核兵器を使えば、こちらも核で反撃するぞ。だから、攻撃するなよと。更に、核兵器を使用すれば歴史上に永遠に汚名が残る。金正恩の様な気違いでもなければ、まずもって使用しないでしょう。
それがあるから、現在の核の抑止力があるのです。
 どうしても核兵器を無くしたいなら、全て放棄してから開発技術をこの地上から無くすしかないですね。ただし、ISISの様なテロリストや、金正恩のような人間は絶対に頷く事はないでしょう。だから、日本も核武装をしてこちらも核の抑止力を手にいれよう、と総理は言われたのです。
現状を鑑みれば、致し方のないことでしょう。いつ、こちらに核弾頭の矛先が向けられるか分からないのですから。
いいね! · 返信 · 1 · 22時間前

N 滝本さん 色んな考え方、捉え方が有るのは分かりますが、中国と韓国以外の国は何も言ってませんよね?何故でしょうか?
それから、ドイツに対して
未だに補償しろなんて騒いでる国もない。
しかも、そう騒ぎ出したのって、終戦からどれ位経ってからはご存じですか?
そのきっかけとなったのは?  いいね! · 返信 · · 22時間前

N 日本か反核運動したところで、核保有国は聞く耳持ちませんよ。
滝本さんは頭に銃を突き付けられて、銃所持反対運動出来ます?
お互いに銃を突き付けあってなければ、一方的になる。
核兵器を持つと言う事は、それに対する対等な力を持つ事が抑止力になるんです。いいね! · 返信 ·   22時間前

滝本  話が極端ですね。聞く耳を全く持たなかったものではない。だからこそ、朝鮮戦争でも、キューバ危機でも、ベトナム戦争でも、イラク戦争でも、たとえ小さな核兵器も使わさせないで済んできたものではないですか。
 まずは核爆弾が絶対悪だ、という認識が大切だろうと思うんです。それから反核運動は、日本だけではなく世界の各所でされています。だからこそ、先の日本が入らなかった条約が成立したんです。
 核抑止力は、使うことのできない兵器である以上、幻影でしょうね。 いいね! · 返信 · 9時間前。


S2 核兵器をそれらの戦争で使用しなかったのは聞く耳があったからではありません。
戦争に勝つとは、即ち連続する局地戦で多くの勝利を収めること。
これは常識です。
いきなり核兵器などと言う発想こそ極端であると私なら考えます。
それに核爆弾が絶対悪と知らしめたところで果たしてどれだけの効果が期待出来るのでしょうか。
凶悪な兵器だからこそ使いたいと考える者がいるのではないでしょうか。
結局は核の傘と言う手段が有効な限り、核爆弾絶対悪論は無意味です。 いいね! · 返信 · 1 · 8時間前

W2 日本がフィリピン・ベトナム・ミャンマー・インドネシアを支配したのは数年。朝鮮・中国を圧迫したのは数十年。さらに日本はそれらの国に戦時賠償したが冷戦のおかげで朝鮮・中国には賠償していない。4カ国が日本の戦争をアジアの開放と信じるなら賠償請求はしない。そして数十年に及ぶOECD援助。要するに南アジアの親日は金であがなわれたことを隠すのは良くない。
いいね! · 返信 · 1 · 4時間前

滝本  S2さん >核兵器をそれらの戦争で使用しなかったのは聞く耳があったからではありません。いいね! · 返信 · 1時間前  

滝本 S2さん >核兵器をそれらの戦争で使用しなかったのは聞く耳があったからではありません。
―あっもそうですね、「一部は聞かざるを得なかったからです。」朝鮮戦争の際に、どうしてマッカーサーは希望した核兵器を使えなかったか、米国大統領がどう考えたか、などご研究ください。
 ★世界の諸国民の声を聴かざるを得ず、米国が倫理的に永遠に批判されることに耐えられなかったから、というべきでしょう。いいね! · 返信 · 1時間前


******

H 太平洋戦争を議論するとどうしてもこうなるようです。
頑固に「大東亜戦争」と呼称する人達は、侵略戦争とは認めませんし、自存自衛の戦争だったとの主張です。
1、しかしポツダム宣言を受け入れて、無条件降伏した以上は、こんな後付けの主張は通りません。
また極東軍事裁判(=東京裁判)の結果を受け入れて、1957年に国連加盟が認められています。2、ルーズベルトとチャーチルの会談で発表された「大西洋憲章」は、国家間のあり方を規定する国際認識の到達点だったとわかります。
ここでは、民族自決権を認めると書かれています。
3、日本は、アメリカがフィリピンを、英国がインドを植民地にしているのだから、日本が韓国や満州を植民地支配するのは当然だと思っていたのです。
4、確かにアメリカは、ヨーロッパの戦線に参戦すべきでないとの中立論が支配的でした。
英国とフランスがドイツに宣戦布告した時点で、ルーズベルトの参戦決意は明瞭でした。
大量の駆逐艦の供与、武器貸与法を見れば明らかです。
袋小路に追い込まれて、真珠湾攻撃したのは日本です。
5、参考になるのは、「ラテン外交」です。あれほどヒトラーから支援を受けたスペインのフランコは、のらりくらりとはぐらかして、結局参戦しませんでした。
列車でピレネーの山中まで説得に出かけたのに、フランコは「アスタマニャーナ」(=明日のことはわからないの意)を連発して、参戦を避けました。
ヒトラーは怒り狂って「箸にも棒にもかからないラテン野郎!」と側近に怒鳴り散らしたそうです。
6、フランコは、内戦で荒廃した経済を建て直す為に、中立を条件にアメリカから3000万トンの小麦ととうもろこしの食糧援助を受けています。7、イタリアも敗戦国にしては、戦死者は極端に少なく、国際軍事裁判も行われていません。ラテン外交恐るべしです。
いいね! · 返信 · 1 · 8月16日 16:47

************
I どちらにしても終戦の日に慰霊ではなく、disるのは如何なものかと
物事にはタイミングと空気をよむのが大人かと
日本人なら いいね! · 返信 ·8月16日 19:16

滝本 太郎 ?すまんです、ご趣旨が良く分からない。 いいね! · 返信 · 23時間前

I 終戦の日に亡くなった方々に鎮魂や慰霊の気持ちでは無く、反省など述べるなんて、まともな神経じゃないってことです。
そんなことは他の日でも言えること
沖縄戦や広島、長崎で亡くなった方々、それを守ろうとした方々に失礼極まりない いいね! · 返信 · 11時間前

滝本  とすると、ご自身は、反省を言う天皇陛下は、「まともな神経でない」と考えられるんですか。 また、少しでも早く、守る前にミッドウエー開戦の後に戦争終結に進んでいれば、その闘いもなかったことを、認識しないといけないでしょう。そのこと自体は認めてもらえますか。いいね! · 返信 · 10時間前

I 貴方は天皇陛下のご親族なんですか?
当時の天皇陛下や日本国民の心中もおわかりになられると?
戦争も経験していないのに
史実や口分だけで解釈をし、戦争も経験していない日本国民に謝罪しろと?
先の大戦で亡くなった方に追悼するのは祖先崇拝の観点からも当たり前のことですが?
その当時の苦悩はもはや誰にもわからないと思います
重要なのは今ではないのですか?
日本は謝罪もしてきましたよね?
他国も助けてきましたよね?
なのに、まだ謝罪しろと?
貴方は貴方の親や親族が問題を起こしたら未来永劫、子々孫々まで謝罪し続けるんですか?
孫にまで謝らせす続けますか? いいね! · 返信 · 6時間前

滝本 あれ、この8月の天皇陛下の言葉ぐらいは知ってください。ご自身はそれを「まともでない神経」といったんですよ。
ちなみには、私は、とある天皇陛下の子孫でしょう。まあたぶんご自身も、です いいね! · 返信 · 1時間前

I 天皇陛下は先の天皇陛下のご子息ですよね?
そして、日本国の天皇陛下ですよね?
その天皇陛下と同等の立場でコメントをしていい事ではありません
一般国民としての貴方の投稿をまともな日本人ではないと言ったのです
それぐらいも察することが出来ないんですか?  いいね! · 返信 · 2時間前

I 天皇陛下に向かってまともな神経では無いなんて一言も書いてませんよ?
貴方の発言に対して申したのですが? いいね! · 返信 · 1時間前

滝本 あの、2017.8.15の天皇陛下の言葉の締めも知らないんですか。
 「ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対して、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。」です。
 そもそも、新聞紙上でも話題になり、私の本文があるのも、天皇陛下と首相の言葉の比較で書かれたものです。
 そして、ご自身は「終戦の日に亡くなった方々に鎮魂や慰霊の気持ちでは無く、反省など述べるなんて、まともな神経じゃないってことです。」と書いたんです。
 すなわち、天皇陛下に対して「まともな神経じゃない」といっていることになります。それ以上の屁理屈はやめてくださいね。 いいね! · 返信 · 21分前


******
Y 日本は「世界で一番うまくいっている社会主義国だ」とゴルバチョフが言っていましたが、確かに55年体制からベルリンの壁崩壊・ソ連崩壊の頃までは(北欧を別にして)社会福祉は比較的悪くない国でした。(国民皆保険制等)当時の歴代政権は共産主義・社会主義を抑えるのには武力・警察力といった実力行使だけではなく「経済で懐柔しよう」とした事に他ならないわけですが、少なくともそう思わせる程度の影響力を「革新勢力」が持っていたわけで、よく巷に溢れていた「2大政党制ならぬ1.5党制だ」と揶揄されるほどには野党が弱かったわけではないわけです。野党に対する過小評価を左右両サイドがしている事が日本が失速している原因なわけで、一部の硬直した唯我独尊的(懐古主義的?)古参共産党支持者は、「物取り主義は良くない」とか「体制内改良主義は良くない」とか教条的な事をいっていますが、一足飛びに社会変革ができるというのは極楽トンボ過ぎます。現実を認識しない理想主義は虚しいものです。無論、理想なき現実主義も、単なる追認に堕するのですが。 いいね! · 返信 · 1 · 19時間前

Y  私は、広島・長崎の原爆は日本を敗戦に追い込む意図もありつつも、実は対枢軸国=対ファシズム戦争終結後に来るべきアメリカ・ソ連の対立に備えて、原爆と水爆の開発で先行している事を誇示しようという狙いとソ連に日本侵攻をさせない=米英主導の日本占領をするのが狙いだと見ていますが。 いいね! · 返信 · 1 · 3時間前 · 編集済み

Y アングロサクソンがアジア人を蔑視したのが開戦の要因だという人は(事実かもしれませんが)日本人がアジア人が蔑視していなかったといえるのでしょうか? いいね! · 返信 · 1 · 18時間前
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ