2016/10/26

ナノ銀とかで除染? 組織の自家中毒ではないか。  歴史・定義・知識人の責任

なんか、ナノ銀で、放射性物質の放射能を低減できるようなことを言っている人がいるのですね。それなりに広まっているみたい。

 うーん、放射性物質云々は、元素の問題であり、低減なんぞはないんですが。あるとすれば、砂糖を撒けば全体の中での量は減りますし、一部の放射線は紙一枚でさえぎられるものでもあるから下がりますが、それと放射性物質の放射能が低減されるかどうかとは全く別のこと。類似のものに、なんか重曹を撒けば下がるとかありますね、移動するだけなのに「低減される」なんて考えているみたい。なんかの植物によって吸収して集めて下げる、という方策のとは訳が違うものです。
 モロ文科系の私なんですが、それは分かっているつもりでして。私が吸う空気の中には故マリリンモンローが吐いたC、O、N、Hの元素の数個は入っているのでして


 このナノ銀の効果を言っている一人が元板橋区の職員であり(あわせてホタル飼育を相応に頑張ってこられた方みたいです)、批判している先鋒?が板橋区の区議会議員とののこと、そして批判内容が名誉を棄損しているとして、ナノ銀による女性を主張している元職員が、この区議会議員に800万円かな慰謝料請求訴訟を起こしているんだあ。知らなかった。
http://itall.exblog.jp/
http://tale-of-genji-and-heike.blogspot.jp/2015/09/blog-post.html

訴状と、追加的変更が下記のところ。
http://www.i-foe.org/h26wa29256/suitor/sojou.pdf
http://www.i-foe.org/h26wa29256/suitor/henkou20150409.pdf

 うーん、原告代理人は、難民訴訟などで公益的な仕事を良くされている尊敬できる弁護士らなのだが、なんでこんな訴訟にまでなってしまったのかなあ。この訴訟の前に、懲戒免職されている同職員の処分取り消し訴訟が先行していて、その影響なのかなあ。
 対する被告代理人は誰なんだなあ、被告になった方は自家中毒に陥らず清々粛々と対応すればいいかと。
 
 で、この区議会議員松崎氏は日本共産党所属の議員であり、同党の地区委員会でなんか色々と今、言われているのかな。なんか訳の分からない話です。
 なんかなあ、支援者や組織において実に自家中毒に陥っていないか。冒頭記載のとおり、ナノ銀で放射性物質の能力が低減するなんて、まったくもって物理原則に反しているのだから。なお、訴状記載のうち、ホタル飼育の云々については、私の知らないことです。

 一般論として「バカ」「阿呆」と人に対して言えば名誉棄損なり侮辱なりえるが、「バカ発言、阿呆言説」というなどは、通例は批判の自由の範囲です。それが真に阿呆言説なのか、批判する方が阿呆言説なのかは、科学的なことであれば科学的に、そうでなければどくゃが判断すればいいことです。
 そして「ナノ銀による除染」なぞの言説は徹底して批判すべきことです。なんてったって、ナノ銀の「抗菌作用」があるからと言って、元素の問題である放射性物質の能力の「低減」なんてありようがないんだもの。インチキなんだもの。幾つかのところで「発表」なんていくらしても評価されようがないのだもの。そんなことを言って他からの支援を得るなどしたら、それは本人はそう思っていないとしても、「科学」でもないのに科学を標榜した詐欺的行為なんだもの。


ちなみに、訴状には下記文脈がある。うーん、これが科学者なんですかあ、そして弁護士さあん、と考えます。
   ******
このように,ホタル飼育にナノ銀を使用している中で,平成23年3月の東日本大震災が起きた。 ******そんな中で,ナノ銀担持物質(例えば御影石)をとおして菌が除去できるのであれば拠地物質にも効力があるのではないかという助言があり,ホタノ鳴周辺の高濃度の汚染土や汚染水を使った除染実験に着手してみた。 そうしたところ,搬す性物質のレベルが下がることが確認されたため,原告は この結果が本当ならば,進行する放射性物質による汚染とその被害を少しでも回避することができるのではないかと考えて真剣にこの効能についての検討を重ねていった。
   ******


ここに、訴状に記載の「名誉棄損」文言のうち、分かりやすい幾つかは、私の言葉として、このブログに書いてしまおうと思います。以下の通り。

1―科学は再現実験で実証されるが、ニセ科学・インチキ科学は宣伝と裁判で「証明」しようとする。』、この元職員の主張は「ニセ科学・インチキ科学」です。
2―ニセ科学、インチキ科学を「インチキだ」と警告すると罰せられるとしたら、おかしな世の中だ。
3―ナノ純銀に STAP を噺笑う資格はない
4―放射能が消せるクスリがあったらいいと思いませんか? あったら汚染水の問題などすぐに解決できるのに・1 でもそんなクスリはどこにもありません。どんなに「研究J しても無理です。 Iある」としづ人がいたら無知かペテン師です。
5―「溺れる者は藁をもつかむJ と言うけど、ロープや浮き袋があるのに、溺れている人に藁を差し出すのは、犯罪的だと思う。
6―ニセ科インチキ除染にご注意を! ナノ銀で放射能、放射線は低減できません。
7―放射能は消すことはできません。
8―ファブリーズでも除染できそうですね
9―「ナノ銀担持物質をとおして菌が除去できるのであれば、放射性物質にも効力があるのではなし、か」って、論理の飛躍がすごいですね。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ