2016/9/24


 末尾の記事内容は、もちろん賛同できる対応ですが、そもそも中国共産党の位置づけと自らにつき、もっと考えてほしいな、と希望しています。すなわち

 中国共産党は、中国の権力者層の集まりであり、国民との権力・所得分配の関係で言って、日本に例えれば自由民主党に近いと思います。日本共産党の、いまだこの程度の認識はいかんなあ、と考えます。

 日本共産党には、共産主義というユートピア思想で幻惑し、民主集中制という言語矛盾の組織原則をもったままでは、政権をとらせることはできない、と考えます。
同時に、一人ひとりは真面目な、弱者を心に留める方がとても多く、実に残念、早く率直に「事実を見る眼、見つめ続ける気力と勇気」をもってほしい、と私は考えています。

 それでも、安倍政権が、改憲志向で分かるように、米国に日本を売り渡す「売国」、公の秩序の名目で人権を制約せんとする「反動」、権力者の好き勝手できるようにしたい「独裁」、つまり「売国反動独裁主義」を強めている今、まずは日本国憲法を守ろうとする「まともな保守主義」の一員として、ともに闘う組織・方々だろうと考えます。


********
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-21/2016092101_03_1.html
 志位氏は、「日本共産党は、中国に対して、東シナ海、南シナ海における力による現状変更の動きを中止すること、南シナ海問題での仲裁裁判所の裁定を受け入れることを強く求めます」と強調。「日本共産党は、半世紀以上にわたって堅持してきた自主独立の精神を発揮し、世界の平和と進歩のために、どんな大国に対しても、事実と道理にたって言うべきことは正面から言うという姿勢を貫く」と表明しました。
********
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ