2006/2/2

選択肢−2 に投票した人に  憲法・社会・官僚・人権

下記のアンケート結果なのですが、

注目すべきは、選択肢2です。

「2−わが国は独立国なのだから、戦後60年を過ぎてなお在日米軍の抑止力をアテにして米軍基地を受け入れている現状は情けない
---したがって、国の安全は自主独立の軍隊で守っていくことを9条に明記すべきだ。」

これは、現在の九条改憲の方向とは全く異なるもの、なんです。
その理解を広めるべきだろう、と思う。

だって、

1−今回の改憲の契機は、米国からの強い要請−イラクには「戦後」、援助の為として自衛隊を「派遣」するしかなかったことがきっかけであり、日本国を守るではなく、米国によりベッタリするためのもの。

2−米軍基地の受け入れは、今回草案の「国際協調」の一環として維持するのを前提としており、米軍基地の受け入れから脱却するための「自主独立」なんてのとは、まったく反対方向だもの。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ