2021/1/2

共同親権―大晦日のツイッター  憲法・社会・官僚・人権

共同親権―大晦日のツイッター会話から

きたぐにのふわもこ
めんどくさいのでまとめてお返事すると、共同親権にしても、両親の合意によるものでなければどちらかの親に最終的な同意権と単独監護権を付けざるを得ないと思うのですよ。合意の過程も結局は法的紛争として現れると思います。


滝本太郎
先生、考えていくと違うかと。両者が自らの単独親権が良いとし優劣ない事案で、一方が共同親権でもやむなしとするとき、共同親権が可能でないとどうなるか明白かと。今は無理して片方の単独親権にしてる。婚姻中も家裁は関与できるが、即日の家事調停官制度によるスピードアップが必要。


きたぐにのふわもこ
両親の意見が対立している際に、実際に単独監護している親に「共同して行使せよ」というのはやはり不能だと思います。家事調停官制度の活用と家裁機能の充実は大賛成です。


滝本太郎
ほんと、家裁を充実させないと。労働審判に学べと言いたい。更に9割である協議離婚は家裁関与でもほとんど即日できると。
>実際に単独監護している親に「共同して行使せよ」というのはやはり不能
―親権自体ではなく具体的な監護であり可能かと。虐待等の理由も了解もなき連れ去り別居が減りましょう


きたぐにのふわもこ
合理的安定的監護が継続している場合を想定しています。不必要で一方的な単独監護への対応は別途考えるべきでしょうし、共同親権の可能性を開いても無くならないのではないでしょうか。


滝本太郎
ともあれ、共同親権の導入自体には反対ではないご意見のようで良かったです。
私は、問うべき命題は、子のある離婚は全て家裁関与とできるかだろうと考えます。このままですと、今の協議離婚届出に「共同親権欄ができるだけ」になるがそれでいいのか、です。全面反対の人に対してこそ、問いたいです。


きたぐにのふわもこ
共同親権全面反対ではないです。ご指摘のように共同親権でうまくいく事案は相当数あると思っています。懸念は紛争が高まっているのに「共同親権にすれば?」と家裁が押し付けてくる危険性だと思います。


滝本太郎
課題は、もちろん出ると。強く期待する人の全てなぞ満足できようもない。それでも離婚関係での今の「やたら遅い、説得力なし、形式的」から改善方向になろうと。
★子のある離婚は全て家裁、即日解決も、と思うが、反対論者は案を出さず。それは「主たる監護者は連れ去り自由」を維持したいからか。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ